これまでの流れ

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

医学教育・臨床研修に関する最近の動き


2008年6月18日

安心と希望の医療確保ビジョン 発表

 医学部定員増、総合医の育成、医師養成環境の整備などが謳われました。
 http://www.mhlw.go.jp/shingi/2008/06/dl/s0618-8a.pdf

2008年9月22日

「安心と希望の医療確保ビジョン」の具体化に関する検討会中間とりまとめ

「より質の高い医師を効果的に養成する観点から、医師の卒前・卒後教育の連携をはじめとした臨床研修制度のあり方について、文部科学省と厚生労働省との合同の検討会を早急に立ち上げ、対策の具体化を図るべきである。」とされました。
 http://www.mhlw.go.jp/shingi/2008/09/dl/s0922-6a.pdf


2008年6月27日

医学部定員増「過去最大水準に」 骨太の方針08、閣議決定



2008年9月8日 

第1回臨床研修制度のあり方等に関する検討会開催

 卒前・卒後の医師養成を一体化するために検討会が開かれました。平成21年2月までに結論を得るようです。
 http://www.mhlw.go.jp/shingi/2008/09/txt/s0908-1.txt



「全国有志医学生の会」の活動の一部を紹介します


●第2回「臨床研修制度のあり方等に関する検討会」に
「医学科5年終了時での国家試験受験資格および6年生のインターン化」に関して要望を提出。
 検討会資料として配付されました。
 http://www.mhlw.go.jp/shingi/2008/10/dl/s1016-2c.pdf
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。