※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

部品構造


  • 大部品: 銀 倖斗 RD:109 評価値:11
    • 大部品: 銀 倖斗の趣味 RD:6 評価値:4
      • 大部品: 毎朝のクッキー作り RD:6 評価値:4
        • 大部品: 手作りクッキー RD:3 評価値:2
          • 部品: クッキー
          • 部品: 食べる人の笑顔を思う
          • 部品: ご家庭レシピ
        • 部品: 朝食と一緒に作るクッキー
        • 部品: 創作実験クッキー
        • 部品: 個別包装用の袋
    • 大部品: 南国人 RD:8 評価値:5
      • 大部品: 南国人の身体的特徴 RD:3 評価値:2
        • 部品: 金色の髪
        • 部品: 小麦色の肌
        • 部品: 健康的な肉体
      • 部品: 布地の少ない服装
      • 部品: 基本の職業適正
      • 部品: 封魔の民
      • 部品: 南国の狩猟採集生活
      • 部品: 南国人の習慣
    • 大部品: 炎の料理人 RD:27 評価値:8
      • 大部品: 炎の料理人の特徴 RD:7 評価値:4
        • 部品: 火力を活かした調理技術
        • 部品: 炎を使った魅せる調理
        • 部品: 同時作成による時短調理術
        • 部品: 食材の調達へのこだわり
        • 部品: 自然への敬意と畏れ
        • 部品: 大衆料理から宮廷料理まで
        • 部品: 炎の料理人同士の切磋琢磨
      • 大部品: 炎の料理人の修行 RD:4 評価値:3
        • 部品: 火の持つ性質の理解
        • 部品: 炎との格闘の日々
        • 部品: 炎の料理人たちの元での武者修行
        • 部品: ニッポリテスト
      • 大部品: 炎の料理人の専門道具 RD:3 評価値:2
        • 部品: 使い込まれた中華鍋
        • 部品: 手入れの行き届いた中華包丁
        • 部品: 防炎性能の高いコック服
      • 大部品: 料理人 RD:13 評価値:6
        • 大部品: 料理人の仕事 RD:5 評価値:3
          • 部品: メニューの考案
          • 部品: 食材の仕入れ
          • 部品: 下準備・仕込み
          • 部品: 料理の作成
          • 部品: 衛生管理と安全管理
        • 大部品: 料理人の6年の修行 RD:6 評価値:4
          • 部品: 師匠となる料理人への弟子入り
          • 部品: 皿洗い・雑用などの下積み
          • 部品: 調理技術の修得
          • 部品: 食材についての勉強と理解
          • 部品: 料理の実践
          • 部品: 調理器具のメンテナンススキルの修得
        • 大部品: 料理人の基本道具 RD:2 評価値:1
          • 部品: 料理人愛用の包丁セット
          • 部品: 料理人御用達のフライパン や鍋などの調理器具
    • 大部品: 緊急展開軍 RD:27 評価値:8
      • 大部品: 緊急展開軍の特徴 RD:5 評価値:3
        • 部品: 緊急展開軍の部隊概要
        • 部品: 航空機による緊急展開のメリット
        • 部品: 緊急展開軍の選抜基準(リワマヒ国版)
        • 部品: シフト制による常時准警戒体勢の確立
        • 部品: 後方支援及び災害派遣や民生協力について
      • 大部品: 緊急展開軍の戦闘技能について RD:15 評価値:6
        • 部品: 緊急展開軍の日常訓練及び戦闘マニュアルについて
        • 大部品: 歩兵(リワマヒ国版) RD:14 評価値:6
          • 大部品: リワマヒ国の歩兵事情 RD:4 評価値:3
            • 部品: 初期の歩兵養成事情
            • 部品: 第一次歩兵強化策
            • 部品: 現在の歩兵養成について
            • 部品: 特色
          • 部品: 服装
          • 大部品: 白兵戦技術 RD:6 評価値:4
            • 部品: バッドさん流筋肉トレーニング
            • 大部品: 白兵戦防御技術 RD:2 評価値:1
              • 部品: 入り身術
              • 部品: 打撃防御技術
            • 大部品: 白兵戦攻撃技術 RD:2 評価値:1
              • 部品: 受け流し格闘
              • 部品: 一般近接格闘術
            • 部品: 観察と実践
          • 大部品: 射撃戦技術 RD:3 評価値:2
            • 部品: 通常射撃技術
            • 部品: 遮蔽物の利用
            • 部品: 射撃武器の状況に合わせた切り替え
      • 大部品: 緊急展開軍における装備選択理念 RD:7 評価値:4
        • 部品: B世界での歩兵装備運用について
        • 大部品: リワマヒ国軍歩兵標準装備 RD:4 評価値:3
          • 部品: 歩兵銃
          • 部品: 短機関銃
          • 部品: 狙撃銃
          • 部品: 軍刀・その他装備
        • 部品: 緊急展開用各種コンテナパックについて
        • 部品: 緊急展開軍における歩兵個人戦闘装備の選択理念
    • 大部品: 猫好き RD:12 評価値:6
      • 部品: 猫好きとは
      • 大部品: 猫好きの宿命 RD:7 評価値:4
        • 部品: 猫に話しかけると赤ちゃん言葉になる
        • 部品: 猫の肉球にふまれるのが幸せ
        • 部品: 猫と添い寝
        • 部品: 猫写真フォルダー
        • 部品: つい自分のうちの猫の話をしてしまう
        • 部品: 猫の声に敏感
        • 部品: 猫グッズ収集
      • 大部品: 猫にご挨拶(技術) RD:1 評価値:0
        • 部品: 猫にご挨拶の効果
      • 大部品: 猫なでテクニック(技術) RD:1 評価値:0
        • 部品: 猫なでテクニックの効果
      • 大部品: 猫ブラッシング(技術) RD:1 評価値:0
        • 部品: 猫ブラッシングの効果
      • 大部品: 猫の爪切り(技術) RD:1 評価値:0
        • 部品: 猫の爪切りの効果
    • 大部品: 長距離走の訓練 RD:29 評価値:8
      • 大部品: 筋力トレーニング RD:5 評価値:3
        • 部品: 筋トレの重要性
        • 部品: 怪我の予防
        • 部品: フロントランジ
        • 部品: 腹筋・背筋
        • 部品: 腕立て伏せ
      • 大部品: トレーニング前の準備 RD:2 評価値:1
        • 部品: 準備運動の効果と重要性
        • 部品: 良好なコンディションを保つ
      • 大部品: トレーニング方法 RD:5 評価値:3
        • 部品: インターバル走
        • 部品: レペティション
        • 部品: ペース走
        • 部品: ジョグ
        • 部品: ビルドアップ走
      • 大部品: フォーム RD:6 評価値:4
        • 部品: 正しいフォームの重要性について
        • 部品: 正しい姿勢を保つ練習
        • 部品: 足の出し方
        • 部品: 使う筋肉
        • 部品: 腕の振り方
        • 部品: 呼吸の仕方
      • 大部品: 走る際気を付けること RD:3 評価値:2
        • 部品: ペース配分
        • 部品: ランナーズハイ
        • 部品: クールダウン
      • 大部品: 道具 RD:5 評価値:3
        • 部品: 靴
        • 部品: 帽子
        • 部品: ワセリン
        • 部品: 動きやすい服
        • 大部品: 女性用 RD:1 評価値:0
          • 部品: スポーツブラ
      • 大部品: 食事 RD:3 評価値:2
        • 部品: 走る前の食事
        • 部品: 水分の取り方
        • 部品: エイド



部品定義


部品: クッキー

小麦粉などの粉類に、油分を加えてこね、砂糖や卵、牛乳といった風味を加え固めに焼き上げたお菓子。小麦粉、バター、砂糖を使った甘いものが王道。伝統的に軽食やおやつとしてご家庭で作られ、それぞれの家や民族、国によって多様なバリエーションがある。
また、小さなものの代名詞として使われることもある。

部品: 食べる人の笑顔を思う

手作りの料理には、食べる人への愛情がこもっている。
忙しい日常で手抜きなこともあるが、美味しいの一言が聞きたい、その笑顔を思い浮かべながら、腕を振るって作られることもある。

部品: ご家庭レシピ

手作り料理のレシピは、それぞれの家庭にそれぞれの特徴がある。
代々家に伝わる伝統の手順や材料もあれば、その時々の流行りなレシピがあったりもする。

部品: 朝食と一緒に作るクッキー

毎晩寝る前に生地を作り、冷蔵庫で寝かせておいたものを毎朝の朝食作りの傍らで焼き上げる。オーブンを専有するので朝食の選択肢が狭まるのがたまにキズ。

部品: 創作実験クッキー

毎日のクッキー作りの中で、変わった材料を用いたクッキーを色々試作している。例えばクッキーに使用する材料をハチミツなどに置換したものだ。思いつきで色々入れるため、時にはとんでもない味のものが誕生することもある。

部品: 個別包装用の袋

クッキーを毎日のおやつとしてポケットに入れて持ち歩くための個別包装が可能な袋。南国気候で多湿なリワマヒ国でも湿気らないように密封出来るタイプのものを使っている。

部品: 金色の髪

南国人の髪は金色をしていて、さんさんと降り注ぐ日光を浴びて美しく輝く。
髪型にこれといった傾向はなく、皆思い思いのヘアスタイルをしている。

部品: 小麦色の肌

降り注ぐ陽光で焼けたのか、南国人の肌は健康的な小麦色をしている。
これは布地の少ない服を好むせいもあるだろう。

部品: 健康的な肉体

陽気な風土で育まれたためか、
南国人は他国よりも健康的な肉体をしていることが多い。
豊かな自然環境の中、元気いっぱいに暮らしている。

部品: 布地の少ない服装

南国人は布地の少ない服装を好む。
他国人からすると目のやり場に困るという意見もあるが、暑いのだから仕方がない。
また、密林で動きやすい服装という一面もある。

部品: 基本の職業適正

南国人は科学技術に強く、
そのためパイロットを目指すもの、
学生として知識を学ぶもの、医師をめざすもの、
あるいは薬品にとらわれてドラッガーになるものが多く、
また健康的な肉体を活かして歩兵になるものもいた。

部品: 封魔の民

南国人は封印の民、あるいは封魔の民と自称し、古代遺跡のある土地に住んで封印が解けるのを防いでいる。
南国が密林なのも、魔を封じるための樹が生い茂っているからである。
南国人は先天的に魔法遺伝子が欠損しており、これによって変異を防いでいた。

部品: 南国の狩猟採集生活

南国人はその豊かな動植物相から食料を得る技術に長けている。
生物資源を使って仕掛けを作り、野生動物を捕らえたりするのだ。
南国人には食べることで浄化し、その存在を受け継ぐという信仰が根付いていることが多い。

部品: 南国人の習慣

南国人は森国人同様に自然の中に住み、親近感を持っている事が多い。
また、河などの水場が近い地域に住むため、その家は洪水対策されている。

部品: 火力を活かした調理技術

火のもつ性質を習熟した炎の料理人は、炎を相棒として様々な料理を作る。鍋を振って空中で直火に当ててぱらっとした食感を実現したり、逆に絶妙な弱火で食材をベストな状態で煮込み続けるなど、高温も低温も使い分ける。

部品: 炎を使った魅せる調理

アルコール度数の高い酒を振りかけて一気にアルコール分を飛ばすフランベは見た目も派手なため、炎の料理人の十八番のように人々から思われている。「子どもたちが喜ぶから」という理由でフランベを多用する料理人も多い。

部品: 同時作成による時短調理術

炎の料理人は、もともと国軍という巨大な胃袋を支える兵站部門から生まれたため、「大量に素早くおいしいものを」というニーズがあった。そのため、いくつもの料理を同時に作成することが当たり前であった。複数のコンロを使って同時にいくつの料理を作れるかが、炎の料理人の習熟度を測るバロメータになっている。

部品: 食材の調達へのこだわり

人に喜んでもらえる食事を作るため、安全安心な食材を調達することには並々ならぬこだわりがある。必要ならば土地の人々の許可を得たうえで山や海に自ら入り、食材を手に入れる。

部品: 自然への敬意と畏れ

炎の料理人たちは、時に山や海に潜って食材をとることから、自然には勝てないということ、自然を敬うことが体に染みついている。必要以上に収奪することで生態系を壊さないように細心の注意を払う。

部品: 大衆料理から宮廷料理まで

「うまい、はやい、やすい!」を目指すものや、「至高の一皿を作り上げる」ことに全力を注ぐものなど、料理人は自分の求めるもののために、日々試行錯誤を続ける。炎の料理人は、火という料理の基本に習熟することによって、それらの料理バリエーションをさらに広げている。

部品: 炎の料理人同士の切磋琢磨

炎の料理人たちは、自らの技術を高めることに余念がない。そのためには、自分ひとりで技術を磨くのではなく、相互に切磋琢磨して、時に教えあい、時に競い合うことで、よりおいしい料理を目指している。


部品: 火の持つ性質の理解

炎の料理人を目指すものは、まず炎の性質を理解しなければならない。炎は内側のほうが温度が低いのでいたずらに火を大きくすればよいのではないこと、コンロや炭火など熱源によっても熱の伝わり方や水分が違うということなどを修行中に学びとっていく。

部品: 炎との格闘の日々

料理の基本である火を自在に操るためには、座学だけではなく実践が重要視されている。先輩料理人に教わりながら、何度も鍋をふるい、失敗し、それを教訓に再挑戦していく。炎との日々の格闘を通じて、炎を相棒と呼べるようになるほど習熟していく。


部品: 炎の料理人たちの元での武者修行

炎の料理人と一口でいっても、一人ひとりの料理人によって調理スタイルは様々である。修行中のものは最後の一年間に最低でも3人の炎の料理人のところに武者修行に行く。このことにより、一つの師匠の元では得られない視点や技術を学び取る。

部品: ニッポリテスト

炎の料理人として認められるためには、炎の料理人認定試験を受ける必要がある。この試験では、ニッポリという料理を作成する。ニッポリとはドロドロした生地を鉄板に流し入れて薄く延ばし、裏返したら具材を乗せてくるくると巻いていくというシンプルなものだが、具材は何を入れても自由なため、仕入れや仕込み、メニューの考案力が試される。また、具材を強火で炒めながら、弱火で繊細に生地を仕上げる必要もあり炎の使い方の習熟度が試されることになる。

部品: 使い込まれた中華鍋

修行中から何度も使っている鉄製の中華鍋。炒める、焼くだけでなく、煮る・揚げる・蒸すも可能で料理のバリエーションを広げられる。手入れを怠るとすぐに錆が浮いてきてしまうため一目でわかる。手入れ不足の中華鍋は料理人の恥とされる。

部品: 手入れの行き届いた中華包丁

幅広で重みのある包丁。野菜の千切りから豚肉や牛肉を骨ごと断つのにも使える便利さがあるが、大きく重いため熟練の料理人でなければ使いづらい。使用方法によっては刃こぼれもしやすいため、質の良いものを丁寧に手入れして料理人たちは使っている。

部品: 防炎性能の高いコック服

厚手で防炎性能の高い繊維を使ったコック服。露出した肌に跳ねた油や食材が付着するとやけどをしてしまうため、長袖のものを着用する。当然重ね着しても意味はない。

部品: メニューの考案

仕入れられる食材、お客様の要望、自分の得意ジャンルや経験などを勘案して作成する料理の内容を決める。時にはオリジナルのレシピに挑戦することもある。

部品: 食材の仕入れ

料理に必要な肉や魚、野菜などの食材を調達する。調達にあたっては、美味しく新鮮な食材を見分ける目利きだけでなく、仕入れ業者との信頼関係も大切になる。

部品: 下準備・仕込み

その日に作る料理をイメージして食材の切り出しや下味、調味料の配分、調理器具の準備などを行う。料理は同時作業が連続で発生するため、一流の料理人ほど段取りを重視する。

部品: 料理の作成

お客様に一番美味しい状態で料理が届くように、仕込んだ食材に切る、焼く、炒める、煮るなどの調理を施していく。熱いものは熱いうちに、冷たいものは冷たくが基本。味だけでなく見た目も綺麗に盛り付ける。

部品: 衛生管理と安全管理

食中毒などの健康被害が起こらないよう菌をつけない、持ち込まない、増やさないを徹底する。手指の洗浄、調理器具の洗浄、食材の温度管理などが基本。また刃物や火による事故が起こらないよう整理整頓、導線の確保、作業手順の遵守、十分な休息の確保などを徹底する。


部品: 師匠となる料理人への弟子入り

料理人を志すものは、一般的に自分の作りたい料理ジャンルの先輩料理人に弟子入りをする。どの料理人を師と仰ぐかによって、その後の料理人人生も変わるので各自真剣に情報収集をした上で決断する。

部品: 皿洗い・雑用などの下積み

多くの場合、弟子入り後に最初に任されるのは皿洗いやお使い、野菜の皮むきなどの雑用である。この雑用を通して、料理人とそれを取り巻くスタッフ、顧客、仕入れ先などの全体感を掴むことを期待される。

部品: 調理技術の修得

切る、焼く、炒める、煮るなどの食材を料理にするための技術を修得する。師匠や先輩料理人によって手取り足取り教えてもらうだけでなく、やり方を見て盗んで空き時間に練習を続ける。

部品: 食材についての勉強と理解

野菜や肉、魚などの食材の旬や一般的な調理方法、栄養素などを学ぶ。また、食材やそれに関わる生産者への感謝・尊敬の念を自然と身につけていく。

部品: 料理の実践

ある程度の下積みが終わると、料理の作成を許される。ただし、最初にお客様に出すことはできず、まずは賄いを作って師匠や先輩たちに評価してもらうことになる。賄いで一定のレベルを出すことができると、いよいよお客様に出す料理を作れるようになる。

部品: 調理器具のメンテナンススキルの修得

包丁のとぎ方、鍋の磨き方、焼き網の焦げ落としなど、調理器具に合わせたメンテナンスを学び、良好な状態に保つ方法を知る。

部品: 料理人愛用の包丁セット

一人前の料理人にとって、自分の手に馴染む包丁は料理を作る際の相棒のような存在である。作る料理の種類や工程に合わせて、牛刀や柳刃、出刃などを使い分ける。当然ながら食材調理に使うもので、人や知類を傷つけるために使うものはいない。

部品: 料理人御用達のフライパン や鍋などの調理器具

炒める、焼く、煮るなどの基本的な調理のために使われるフライパンや鍋は、各料理人のこだわりが現れやすい部分である。料理人は自分が作りたい料理に合わせた調理器具を用意するのが一般的。



部品: 緊急展開軍の部隊概要

緊急展開軍とは、各地域の方面軍を航空輸送などにより援護を行う部隊の事で、陸軍エリートによって構成される機動部隊を指す。
援軍活動を行うには政府の許可が必要である。

部品: 航空機による緊急展開のメリット

治安維持や物資補給などで戦地へ輸送機を使った航空作戦により高速展開し 、各部隊を支援をするのを前提に訓練を行い、装備が配備された部隊である。
 航空機による機動展開のメリットは移動にかかる時間が地形により影響されない点、水上移動に比べると高速である点などが挙げられる。

部品: 緊急展開軍の選抜基準(リワマヒ国版)

緊急展開軍への配属を志望するものはまず、リワマヒ国の歩兵としての実績が求められる。
さらに緊急展開軍は、個人個人での即応性と幅広い対応が求められるため、
選抜過程においては基礎となる体力や戦闘技術以外にも、判断力・指揮適正・交渉能力、はては調理技術やサバイバル術など多岐にわたる訓練が
長期間に渡って施されようやく一人前とされる。

部品: シフト制による常時准警戒体勢の確立

緊急展開軍所属の兵士は、組織の性格上24時間365日いついかなる時に任務が発生しても対応できるよう、きっちりとシフト制を組んでいる。また同時展開の可能性も考慮されており、対応班分けも細かく設定されている。

部品: 後方支援及び災害派遣や民生協力について

緊急展開軍はその性質から戦闘活動だけでなく、緊急事態における対応能力も求められる。
そのため、応急的な限定医療行為や補助的な工兵活動などの知識・技術も身につけている。また、災害派遣時の炊き出しなどの際は野戦炊飯具などを活用した美味しい食事の調理なども行えるよう訓練を受けている。

部品: 緊急展開軍の日常訓練及び戦闘マニュアルについて

緊急展開軍は歩兵としてありとあらゆる場面に対応が必要であるため、前提として一般的な歩兵としての技能はもちろんのことだが、
それ以上のスキルが求められる。
白兵戦技術や射撃訓練などは日々の日課として行われ、最新の軍事トレンドや他国での活動の情報など、
活用できるものは随時取り入れマニュアルを更新し対応力の更新に努めている。

部品: 初期の歩兵養成事情

小国であるリワマヒは国民が少数で有ることもあり、健康な一定年齢以上の国民は兵役義務が課されている。
徴収した人員に対し、歩兵としての教育を行うのが「リワマヒ陸軍学校」であり、
通常リワマヒで「歩兵」といった場合には実働戦力として認定を受けた学生の事を指す。
入学時期等はある程度個人の自由とされているが義務教育と合わせて基礎的な軍事教練が行われてきた。

部品: 第一次歩兵強化策

根源種族襲来による「銀の街防衛戦」の敗戦及び、
共和国参謀部による歩兵強化提言に基づき、リワマヒ政府は歩兵強化策を実施。
これまで能力を問わず広く徴収した兵による部隊構成を行ってきたが、
選抜を行い経験・能力に優れた人間による学生歩兵部隊を構成する事となった。

部品: 現在の歩兵養成について

現在は徴用制度ではなく、志願者を養成した上で体力・精神・知識等総合的に勘案し、
適正のある者のみが正式にリワマヒ国軍として任官される。

部品: 特色

にゃんにゃん共和国内での共同軍事演習では「正直まったく強くない」と酷評されるリワマヒ軍だが、
ランク付けを行った際には、兵站部門に関してだけはトップクラスの評価を得ている。
これは本来少ない兵員を効率よく戦力化しておくための苦肉の策ではあったが、
現在の時点でここまで力を入れた国が他に無かった為、特に際だった評価を得る事となった
また、夏は酷暑、冬は豪雪と実に極端な気候風土に対応するために
糧食は高いカロリー量に設定されており、また味にうるさい国民が多い為、
品目と味には特に注意が払われ、品質と配布の管理には歴戦の勇士があてがわれ、
常に最高の状態になるよう細心の注意が払われている。
合同演習が行われ他国の兵士と食事を共にする機会では
「演習中にフルコースを食べられるとは思わなかった」と言わしめるほどである

部品: 服装

元々学生+歩兵が主軸であったため、平時は学生服、礼装及び出兵時は各種装備を取り付けた軍服にて活動を行う。
青を基調とした「マトイ」と呼ばれる長いコート状の上着を着用し、額に頭環をつけるのが正式な制服であるが、
これらは南国で高温多湿のリワマヒでは暑いため、内勤の人間だけが着用している。
訓練中の学生の殆どは腹にサラシを巻き、ズボンのみ等の格好が愛好する。
絵ではセーラー服を着た男女が描かれているが、これは小笠原分校の為に技族が制服をデザインした際、
セーラー服が高温多湿のリワマヒの気候では案外過ごしやすいじゃないかと評判になり、
年齢の低めの学生に受けが良く、着用されるようになったためである。
リワマヒは南国であり、国内及びその周辺の殆どが密林に覆われている為
演習で活動するときは緑の迷彩仕様の服装を着用している

部品: バッドさん流筋肉トレーニング

リワマヒ国に逗留しているバッドさんによる筋力トレーニングは、ほがらかに笑いながら重量屋台を曳かされるなど屋台のお手伝いにも見えるトレーニングとなっており、
続けると足腰をはじめとした全身の筋力強化に格闘トレーニングの成績も上昇。おまけにバッドさんのコロッケも食べられるとあって、歩兵たちにとっても大人気である。


部品: 入り身術

相手の構えや技に合わせて体を入れていく事で攻撃を反らす技術。リワマヒ国では低物理域対応訓練の技術を応用した入り身術をベースとして歩兵防御技術の一つとして構築されている。

部品: 打撃防御技術

相手の打撃に合わせるタイミングで打撃を当てることで、相手の力を利用してダメージを増やす技術。
これは学生が多かったため、無理に筋力に頼るよりも相手の筋力を利用すればよいという考えのもと成熟された技術の一つである。

部品: 受け流し格闘

低物理域対応訓練の基礎技術である、受け流す技術は歩兵訓練カリキュラムにも応用されており、
主に相手の打撃を受け流し投げたりいなす技術として白兵戦時の防御策の一端として兵士たちを守っている。

部品: 一般近接格闘術

リワマヒ国の歩兵は養成課程の中で標準的な近接格闘術を学ぶ。
これは学生の健康増進や心身の鍛錬も兼ねており、むやみに格闘術を振るい喧嘩の原因にならぬよう指導員は心構えから教育をしている。

部品: 観察と実践

リワマヒ国流の白兵技術は、相手の動きに合わせて動く技術が多い。
そのため、通常の格闘術以上に相手の動きをしっかりと観察し、それに合わせて身体を動かす。
相手に呼吸を合わせることがポイントだ。

部品: 通常射撃技術

リワマヒ国の歩兵の射撃技術は良く狙い当てることにまず主軸が置かれる。これは標準装備のライフルの装弾数が少ない事にも起因するが、
当たらない射撃練習よりも当たる射撃練習の方が達成感が増える為である。
基礎の射撃が出来た後に射撃戦においての体の動かし方を学ぶ。

部品: 遮蔽物の利用

射撃戦の基本は相手の射撃に身体をさらさないことである。
戦場で棒立ちは危険、歩兵たちは地形や遮蔽物を利用して自分の体を守りながら射撃をする意識をたたき込まれるのだ。

部品: 射撃武器の状況に合わせた切り替え

射撃戦においては相手との相対位置に合わせて的確な武器を選択する事が重要である。
白兵距離に近い間合いにおいてはライフルは取り回しづらく、距離が離れている場合に拳銃はそもそも狙うことが困難だ。
歩兵たちは装備に合わせて的確に武器を切り替えるよう柔軟に考えるのだ。

部品: B世界での歩兵装備運用について

元来のリワマヒ国軍では持ち込み装備以外はリワマヒ国軍標準装備を使用していたが、
B世界では物資不足などが不足することが見られるため、同系統の武器でも問題なく使えるよう、
追加慣熟訓練を行っている。

部品: 歩兵銃

リワマヒ国の歩兵銃については以下の通り。
全長 127.6cm 、銃身長 79.7cm 、重量 3.73kg 。装弾数は5発、 口径 6.5mm のライフル弾を
初速 762m/s で打ち出す。
歩兵銃は遺跡街の西、宮城の北にあるリワマヒ砲兵工廠にて熟練の職工により
一挺ずつ職人芸にて生産されていた。
狩猟用モデルも生産されており、リワマヒ国民にとって「銃」と言えばまずこれを指す。

部品: 短機関銃

全長 94.7cm 銃身長 31.5cm 重量 3.9kg 口径 9mm
装弾数は 10発/20発/40発 から選択
これまで連射機能の無い歩兵銃を愛用してきたリワマヒ陸軍だが、
共和国合同作戦などの増加から、共和国規格に合わせた機関銃を採用する事となった
数種類の候補の中から丈夫で軽く、拳銃と弾薬を共有出来る当モデルが採用となった

部品: 狙撃銃

全長 122.5cm 重量 4.31kg 口径 7.62mm 銃身長 62cm 銃口初速 830m/s 有効射程 500m 装弾数 10発
作動方式 ガス圧利用 軍隊で運用する上で、軽量で運搬性なども考慮に入れられたデザインは合理的である。
市街戦、密林戦におけるスナイパーの有効性を知ったリワマヒ国陸軍工廠がそのために作ったものであるため、
遠距離の狙撃能力よりも、市街(100から400m)での即射性を優先したつくりとなっている。
気温差が激しく湿度の高い環境で長期間使用することを前提とした銃であり、精度より耐久性に特化している。
一部のモデルには着剣装置が付属しており、銃剣を装着できる。
リワマヒ国では参謀本部からの情報により、夜戦を想定した暗視スコープを標準装備しているが、
現時点においてはいまだ単独でのミッションを達成するまでの精度を得るに至ってないのが実情である。
これに対応する為、リワマヒ国では風や目標、着弾点の情報をスナイパーに報告する観測手を補助要員として就けることで、対応している。
観測手はこれら情報をスナイパーに伝え、2人1組で活動することでその能力を遺憾なく発揮している。
これは、リワマヒ国の公立校である軍学校にての活動、冒険などでも必ずバディ制が導入されている事からも証明されているリワマヒ陸軍では、狙撃兵専門の教官を招聘し、今後も更なる訓練を重ねることで学生兵らの高い帰還率を維持する予定である


部品: 軍刀・その他装備

刃渡り70cm前後、ベルトを使用して腰から吊るす。
軍刀といってはいるが、リワマヒにおいては密林の植物を払い通るための装備であり、
使い勝手から各個人の変更が許されており刃渡り30cm程度の鉈に持ち替えている者もいる
その他装備
出撃の際には、ベルト、弾体入れ、手榴弾入れ、肩掛け水筒、雑嚢、携帯シャベルケース等を所持する

部品: 緊急展開用各種コンテナパックについて

きゃりっじを始めとした航空機による緊急展開の際は予め用意された各種コンテナパックを搭載することで素早く発進可能としている。
コンテナパックは任務用途に応じて各種用意されており、人道支援用パックなどは緊急展開と並行して陸路や海路輸送でも用いられるため、共通の規格のものを採用している。

部品: 緊急展開軍における歩兵個人戦闘装備の選択理念

緊急展開軍において個人装備は重要な要素の一つである。
緊急展開先においてどのような戦闘が想定されるのか、どのような地形・環境かの情報を元に最適な装備を選択することはもちろん、それらの装備をいついかなる状況でも問題なく使用出来るよう、日々の訓練を行っている。

部品: 猫好きとは

猫好きとは何か。それはなるものではない、いつのまにか猫の魅力にめろめろになってしまったものがそう呼ばれるのである。

部品: 猫に話しかけると赤ちゃん言葉になる

猫が近くに寄ってきて「にゃーん」と鳴いたら
「どしたの~~?ご飯でしゅか~?(デレデレ)」と返してしまうのが猫好き。
「猫なで声」は、なでられている猫側の声なのでこれとは違う。

部品: 猫の肉球にふまれるのが幸せ

猫の肉球はよいものである。ぷにぷにしてひんやり。
寝ているとき顔を踏まれても 猫の肉球ならそれは猫好きにとってご褒美である。

部品: 猫と添い寝

猫は眠るときくっついて眠るものである。
冬場は暖かいが 夏場は暑い…暑いがそれは仕方がない
猫との添い寝の幸せに比べたらささいな問題である。
そうたとえ布団が毛だらけになろうとも。

部品: 猫写真フォルダー

猫好きの写真フォルダーは猫の写真でいっぱいである。
我が家の猫からご近所で出会った猫、さまざまであるがどんどん増える。

部品: つい自分のうちの猫の話をしてしまう

猫を飼っている猫好き同士が集まるとうちの猫かわいい自慢大会が始まる。
しかしここで喧嘩にはならない。
なぜならお互い「自分のうちの猫が一番可愛いがそっちが可愛いのもわかる…わかる猫かわいい…わかる」
と思っているからである。

部品: 猫の声に敏感

外出先で猫の鳴き声がするとつい目で探してしまう。
子猫の「みーみー」言う声だと必死に探す。
急いでるときは死活問題だが…子猫ならしかたない。

部品: 猫グッズ収集

猫好きになるといつの間にか増えているのが猫グッズである。
ちょっとしたものでも猫柄を選んでしまうことがある。
カレンダーを子猫がいっぱい写ってるやつにしてしまったり…

部品: 猫にご挨拶の効果

ご近所の猫さんへのご挨拶は猫好きのたしなみである。
散歩の途中で見かけた猫に警戒されない位置からそっとまばたきと声かけ。
可能ならば指の匂いを嗅いでいただく。
慣れてくればなでなでも許してもらえるかもしれない。まずは覚えてもらおう。

部品: 猫なでテクニックの効果

猫が喜ぶ箇所を的確になでなでする技。猫によって好みが違うため喜ぶ箇所を見極める力も重要である。
基本的には猫が自分であまり触ることが出来ない 背中や額、アゴの下などが喜ぶポイントだろう。
うまく撫でることができれば猫からの好感度があがるぞ!

部品: 猫ブラッシングの効果

猫をブラッシングすることで抜け毛を取り除き、毛並みをつやつやに保てる。
またスキンシップも兼ね、体調の変化などにも気付きやすくなる。
ブラッシングされて猫はご機嫌になる。

部品: 猫の爪切りの効果

室内で猫と同居している場合必須技術ともいえよう。
猫が嫌がる暇を与えずさっと伸びてとがっている部分の爪を爪切りで切る。
そうすることで家具や壁紙への爪とぎを減らしたり
猫にひっかかれて怪我をすることや、猫の爪が割れて猫自身が痛い思いをすることが減らせる。

部品: 筋トレの重要性

ランナーに太い筋肉は必要ないと考えられがちだが、長時間良いフォームを保つためには筋力トレーニングが必要不可欠である。

部品: 怪我の予防

走るのに適切な姿勢を保つ他、継続的に筋力トレーニングを行うことで基礎体力がつき、怪我の予防にもつながる。

部品: フロントランジ

太腿、ハムストリングス、大殿筋を中心に鍛える。この際上体をまっすぐ保つことで、全身の筋力を強化できる。

部品: 腹筋・背筋

ゆっくりと行うことで体幹の筋肉が鍛えられ、適切な姿勢を保つことができるようになる。大きく息を吸って吐きながら行うこと。

部品: 腕立て伏せ

腕をしっかりと振るために腕・肩の筋力を鍛える。きつくて続かない女性などは最初は膝をついた上状態で行っても良い。

部品: 準備運動の効果と重要性

怪我を防ぐ、体をあたためる等の効果がある。トレーニングの効果にも差が出るため丁寧に行うこと。全身の筋肉を気持ちいいくらいの強度でよく伸ばし、ほぐす。

部品: 良好なコンディションを保つ

疲労を溜めないことがランナーには重要である。すなわち、睡眠時間を十分に取りトレーニング後は整理体操等をかかさず行うこと。

部品: インターバル走

数本の疾走区間の間に小休憩を挟む練習方。非常に効果が高いが疲労もたまるため、終わったらしっかりと休憩をとること。

部品: レペティション

インターバル走より1本1本の強度を高め、休憩を長くとるトレーニング。効果としてはインターバルと同じ。

部品: ペース走

一定のペースで走るトレーニング。トラックなど決まった距離を延々同じペースで刻むことで適切なペースを体に教え込む。

部品: ジョグ

一キロ5分以上のペースでゆっくりと長い距離を走りこむ。もっとも手軽で一般的な練習方法。毎日継続するのが大事。

部品: ビルドアップ走

最初はゆっくり、徐々にペースをあげていき、ラストでラップを刻みゴールするという練習方法。疲労の溜まり方もマイルドで効果が高い。

部品: 正しいフォームの重要性について

長距離を走る際正しいフォームを保つことはスピードを上げるだけでなく怪我の予防にも繋がり、疲労度にも大きく影響する。

部品: 正しい姿勢を保つ練習

走る際は真上から頭を吊られているような感覚で少し顎を引き、背筋を伸ばし、腹筋にやや力をこめるイメージで。視線はまっすぐ前へ。

部品: 足の出し方

走る際の足は一本の線の上を走るような感覚でまっすぐ前に出す。普段から線の上を走って感覚を掴むと良い。

部品: 使う筋肉

小さい筋肉(足首、すねなど)を酷使すると故障の元になる。太腿や尻などのなるべく大きな筋肉を使い、体幹を意識して体を動かすこと。

部品: 腕の振り方

小指と薬指を軽く握り、真後ろに引く。腕をしっかりと振ることで余計なエネルギーの流出を抑えることができる。

部品: 呼吸の仕方

ペースによって呼吸を変える。スローペースで走る時には4回吸って4回吐く。ミドルペースの際には基本の2回吸って2回吐く。更にスピードを上げる場合は2回吸って1回吐くと良い。

部品: ペース配分

走る距離によってペース配分を考えながら走る。長距離を走る場合は10キロ過ぎあたりで気持ち良くなってペースがあがりがちだがぐっと堪えること。

部品: ランナーズハイ

走ることによって脳内物質が出てテンションがあがり、疲労を感じにくくなる。しかし疲労は確実に蓄積するため、惑わされず冷静さとペースを保つことが必要となる。

部品: クールダウン

長距離を走った後は筋肉がダメージを受けているため、ゆっくりと整理体操や軽いジョギングをして筋肉をほぐすこと。

部品: 靴

基本的に紐靴。履き比べて自分の足に合ったものを選ぶこと。また、長距離を走る前に履きならしておくのが望ましい。

部品: 帽子

つばの広いキャップが良い。風で飛ばないようなサイズのものを選ぶこと。太陽光をさえぎる他、汗が目に入るのを防ぐ。小雨の際にも役に立つ。

部品: ワセリン

服と肌が触れる部分などに塗ることで長距離走った際の擦れを予防できる。下着と肌の境目あたりにも塗っておくと良い。

部品: 動きやすい服

気温に適したもの、また、肌に擦れても痛くない素材を選ぶこと。また、男性は下半身にスパッツ状のものをちゃくようすると息子が擦れにくい。

部品: スポーツブラ

女性は必須。ワイヤー入りの下着で長距離を走るのは厳禁である。すこしきつめのものを選ぶと胸の形が崩れにくい。

部品: 走る前の食事

穀物など炭水化物をしっかりととること。極端に炭水化物の量を増やして準備することをカーボローディングと言う。

部品: 水分の取り方

水分は少量をこまめに摂取することで脱水を防ぐことができる。汗で失われるナトリウムを補充できるものが良い。

部品: エイド

30キロ以上の長距離を走ると体内の糖が不足しエネルギー不足に陥るため、水分と同じようにラムネやブドウ糖を途中でかじると良い。



提出書式


 大部品: 銀 倖斗 RD:109 評価値:11
 -大部品: 銀 倖斗の趣味 RD:6 評価値:4
 --大部品: 毎朝のクッキー作り RD:6 評価値:4
 ---大部品: 手作りクッキー RD:3 評価値:2
 ----部品: クッキー
 ----部品: 食べる人の笑顔を思う
 ----部品: ご家庭レシピ
 ---部品: 朝食と一緒に作るクッキー
 ---部品: 創作実験クッキー
 ---部品: 個別包装用の袋
 -大部品: 南国人 RD:8 評価値:5
 --大部品: 南国人の身体的特徴 RD:3 評価値:2
 ---部品: 金色の髪
 ---部品: 小麦色の肌
 ---部品: 健康的な肉体
 --部品: 布地の少ない服装
 --部品: 基本の職業適正
 --部品: 封魔の民
 --部品: 南国の狩猟採集生活
 --部品: 南国人の習慣
 -大部品: 炎の料理人 RD:27 評価値:8
 --大部品: 炎の料理人の特徴 RD:7 評価値:4
 ---部品: 火力を活かした調理技術
 ---部品: 炎を使った魅せる調理
 ---部品: 同時作成による時短調理術
 ---部品: 食材の調達へのこだわり
 ---部品: 自然への敬意と畏れ
 ---部品: 大衆料理から宮廷料理まで
 ---部品: 炎の料理人同士の切磋琢磨
 --大部品: 炎の料理人の修行 RD:4 評価値:3
 ---部品: 火の持つ性質の理解
 ---部品: 炎との格闘の日々
 ---部品: 炎の料理人たちの元での武者修行
 ---部品: ニッポリテスト
 --大部品: 炎の料理人の専門道具 RD:3 評価値:2
 ---部品: 使い込まれた中華鍋
 ---部品: 手入れの行き届いた中華包丁
 ---部品: 防炎性能の高いコック服
 --大部品: 料理人 RD:13 評価値:6
 ---大部品: 料理人の仕事 RD:5 評価値:3
 ----部品: メニューの考案
 ----部品: 食材の仕入れ
 ----部品: 下準備・仕込み
 ----部品: 料理の作成
 ----部品: 衛生管理と安全管理
 ---大部品: 料理人の6年の修行 RD:6 評価値:4
 ----部品: 師匠となる料理人への弟子入り
 ----部品: 皿洗い・雑用などの下積み
 ----部品: 調理技術の修得
 ----部品: 食材についての勉強と理解
 ----部品: 料理の実践
 ----部品: 調理器具のメンテナンススキルの修得
 ---大部品: 料理人の基本道具 RD:2 評価値:1
 ----部品: 料理人愛用の包丁セット
 ----部品: 料理人御用達のフライパン や鍋などの調理器具
 -大部品: 緊急展開軍 RD:27 評価値:8
 --大部品: 緊急展開軍の特徴 RD:5 評価値:3
 ---部品: 緊急展開軍の部隊概要
 ---部品: 航空機による緊急展開のメリット
 ---部品: 緊急展開軍の選抜基準(リワマヒ国版)
 ---部品: シフト制による常時准警戒体勢の確立
 ---部品: 後方支援及び災害派遣や民生協力について
 --大部品: 緊急展開軍の戦闘技能について RD:15 評価値:6
 ---部品: 緊急展開軍の日常訓練及び戦闘マニュアルについて
 ---大部品: 歩兵(リワマヒ国版) RD:14 評価値:6
 ----大部品: リワマヒ国の歩兵事情 RD:4 評価値:3
 -----部品: 初期の歩兵養成事情
 -----部品: 第一次歩兵強化策
 -----部品: 現在の歩兵養成について
 -----部品: 特色
 ----部品: 服装
 ----大部品: 白兵戦技術 RD:6 評価値:4
 -----部品: バッドさん流筋肉トレーニング
 -----大部品: 白兵戦防御技術 RD:2 評価値:1
 ------部品: 入り身術
 ------部品: 打撃防御技術
 -----大部品: 白兵戦攻撃技術 RD:2 評価値:1
 ------部品: 受け流し格闘
 ------部品: 一般近接格闘術
 -----部品: 観察と実践
 ----大部品: 射撃戦技術 RD:3 評価値:2
 -----部品: 通常射撃技術
 -----部品: 遮蔽物の利用
 -----部品: 射撃武器の状況に合わせた切り替え
 --大部品: 緊急展開軍における装備選択理念 RD:7 評価値:4
 ---部品: B世界での歩兵装備運用について
 ---大部品: リワマヒ国軍歩兵標準装備 RD:4 評価値:3
 ----部品: 歩兵銃
 ----部品: 短機関銃
 ----部品: 狙撃銃
 ----部品: 軍刀・その他装備
 ---部品: 緊急展開用各種コンテナパックについて
 ---部品: 緊急展開軍における歩兵個人戦闘装備の選択理念
 -大部品: 猫好き RD:12 評価値:6
 --部品: 猫好きとは
 --大部品: 猫好きの宿命 RD:7 評価値:4
 ---部品: 猫に話しかけると赤ちゃん言葉になる
 ---部品: 猫の肉球にふまれるのが幸せ
 ---部品: 猫と添い寝
 ---部品: 猫写真フォルダー
 ---部品: つい自分のうちの猫の話をしてしまう
 ---部品: 猫の声に敏感
 ---部品: 猫グッズ収集
 --大部品: 猫にご挨拶(技術) RD:1 評価値:0
 ---部品: 猫にご挨拶の効果
 --大部品: 猫なでテクニック(技術) RD:1 評価値:0
 ---部品: 猫なでテクニックの効果
 --大部品: 猫ブラッシング(技術) RD:1 評価値:0
 ---部品: 猫ブラッシングの効果
 --大部品: 猫の爪切り(技術) RD:1 評価値:0
 ---部品: 猫の爪切りの効果
 -大部品: 長距離走の訓練 RD:29 評価値:8
 --大部品: 筋力トレーニング RD:5 評価値:3
 ---部品: 筋トレの重要性
 ---部品: 怪我の予防
 ---部品: フロントランジ
 ---部品: 腹筋・背筋
 ---部品:  腕立て伏せ
 --大部品: トレーニング前の準備 RD:2 評価値:1
 ---部品: 準備運動の効果と重要性
 ---部品: 良好なコンディションを保つ
 --大部品: トレーニング方法 RD:5 評価値:3
 ---部品: インターバル走
 ---部品: レペティション
 ---部品: ペース走
 ---部品:  ジョグ
 ---部品: ビルドアップ走
 --大部品: フォーム RD:6 評価値:4
 ---部品: 正しいフォームの重要性について
 ---部品:  正しい姿勢を保つ練習
 ---部品:  足の出し方
 ---部品: 使う筋肉
 ---部品: 腕の振り方
 ---部品: 呼吸の仕方
 --大部品: 走る際気を付けること RD:3 評価値:2
 ---部品: ペース配分
 ---部品: ランナーズハイ
 ---部品: クールダウン
 --大部品: 道具 RD:5 評価値:3
 ---部品: 靴
 ---部品: 帽子
 ---部品:  ワセリン
 ---部品: 動きやすい服
 ---大部品: 女性用 RD:1 評価値:0
 ----部品:  スポーツブラ
 --大部品: 食事 RD:3 評価値:2
 ---部品: 走る前の食事
 ---部品: 水分の取り方
 ---部品: エイド
 
 
 部品: クッキー
 小麦粉などの粉類に、油分を加えてこね、砂糖や卵、牛乳といった風味を加え固めに焼き上げたお菓子。小麦粉、バター、砂糖を使った甘いものが王道。伝統的に軽食やおやつとしてご家庭で作られ、それぞれの家や民族、国によって多様なバリエーションがある。
 また、小さなものの代名詞として使われることもある。
 
 部品: 食べる人の笑顔を思う
 手作りの料理には、食べる人への愛情がこもっている。
 忙しい日常で手抜きなこともあるが、美味しいの一言が聞きたい、その笑顔を思い浮かべながら、腕を振るって作られることもある。
 
 部品: ご家庭レシピ
 手作り料理のレシピは、それぞれの家庭にそれぞれの特徴がある。
 代々家に伝わる伝統の手順や材料もあれば、その時々の流行りなレシピがあったりもする。
 
 部品: 朝食と一緒に作るクッキー
 毎晩寝る前に生地を作り、冷蔵庫で寝かせておいたものを毎朝の朝食作りの傍らで焼き上げる。オーブンを専有するので朝食の選択肢が狭まるのがたまにキズ。
 
 部品: 創作実験クッキー
 毎日のクッキー作りの中で、変わった材料を用いたクッキーを色々試作している。例えばクッキーに使用する材料をハチミツなどに置換したものだ。思いつきで色々入れるため、時にはとんでもない味のものが誕生することもある。
 
 部品: 個別包装用の袋
 クッキーを毎日のおやつとしてポケットに入れて持ち歩くための個別包装が可能な袋。南国気候で多湿なリワマヒ国でも湿気らないように密封出来るタイプのものを使っている。
 
 部品: 金色の髪
 南国人の髪は金色をしていて、さんさんと降り注ぐ日光を浴びて美しく輝く。
 髪型にこれといった傾向はなく、皆思い思いのヘアスタイルをしている。
 
 部品: 小麦色の肌
 降り注ぐ陽光で焼けたのか、南国人の肌は健康的な小麦色をしている。
 これは布地の少ない服を好むせいもあるだろう。
 
 部品: 健康的な肉体
 陽気な風土で育まれたためか、
 南国人は他国よりも健康的な肉体をしていることが多い。
 豊かな自然環境の中、元気いっぱいに暮らしている。
 
 部品: 布地の少ない服装
 南国人は布地の少ない服装を好む。
 他国人からすると目のやり場に困るという意見もあるが、暑いのだから仕方がない。
 また、密林で動きやすい服装という一面もある。
 
 部品: 基本の職業適正
 南国人は科学技術に強く、
 そのためパイロットを目指すもの、
 学生として知識を学ぶもの、医師をめざすもの、
 あるいは薬品にとらわれてドラッガーになるものが多く、
 また健康的な肉体を活かして歩兵になるものもいた。
 
 部品: 封魔の民
 南国人は封印の民、あるいは封魔の民と自称し、古代遺跡のある土地に住んで封印が解けるのを防いでいる。
 南国が密林なのも、魔を封じるための樹が生い茂っているからである。
 南国人は先天的に魔法遺伝子が欠損しており、これによって変異を防いでいた。
 
 部品: 南国の狩猟採集生活
 南国人はその豊かな動植物相から食料を得る技術に長けている。
 生物資源を使って仕掛けを作り、野生動物を捕らえたりするのだ。
 南国人には食べることで浄化し、その存在を受け継ぐという信仰が根付いていることが多い。
 
 部品: 南国人の習慣
 南国人は森国人同様に自然の中に住み、親近感を持っている事が多い。
 また、河などの水場が近い地域に住むため、その家は洪水対策されている。
 
 部品: 火力を活かした調理技術
 火のもつ性質を習熟した炎の料理人は、炎を相棒として様々な料理を作る。鍋を振って空中で直火に当ててぱらっとした食感を実現したり、逆に絶妙な弱火で食材をベストな状態で煮込み続けるなど、高温も低温も使い分ける。
 
 部品: 炎を使った魅せる調理
 アルコール度数の高い酒を振りかけて一気にアルコール分を飛ばすフランベは見た目も派手なため、炎の料理人の十八番のように人々から思われている。「子どもたちが喜ぶから」という理由でフランベを多用する料理人も多い。
 
 部品: 同時作成による時短調理術
 炎の料理人は、もともと国軍という巨大な胃袋を支える兵站部門から生まれたため、「大量に素早くおいしいものを」というニーズがあった。そのため、いくつもの料理を同時に作成することが当たり前であった。複数のコンロを使って同時にいくつの料理を作れるかが、炎の料理人の習熟度を測るバロメータになっている。
 
 部品: 食材の調達へのこだわり
 人に喜んでもらえる食事を作るため、安全安心な食材を調達することには並々ならぬこだわりがある。必要ならば土地の人々の許可を得たうえで山や海に自ら入り、食材を手に入れる。
 
 部品: 自然への敬意と畏れ
 炎の料理人たちは、時に山や海に潜って食材をとることから、自然には勝てないということ、自然を敬うことが体に染みついている。必要以上に収奪することで生態系を壊さないように細心の注意を払う。
 
 部品: 大衆料理から宮廷料理まで
 「うまい、はやい、やすい!」を目指すものや、「至高の一皿を作り上げる」ことに全力を注ぐものなど、料理人は自分の求めるもののために、日々試行錯誤を続ける。炎の料理人は、火という料理の基本に習熟することによって、それらの料理バリエーションをさらに広げている。
 
 部品: 炎の料理人同士の切磋琢磨
 炎の料理人たちは、自らの技術を高めることに余念がない。そのためには、自分ひとりで技術を磨くのではなく、相互に切磋琢磨して、時に教えあい、時に競い合うことで、よりおいしい料理を目指している。
 
 
 部品: 火の持つ性質の理解
 炎の料理人を目指すものは、まず炎の性質を理解しなければならない。炎は内側のほうが温度が低いのでいたずらに火を大きくすればよいのではないこと、コンロや炭火など熱源によっても熱の伝わり方や水分が違うということなどを修行中に学びとっていく。
 
 部品: 炎との格闘の日々
 料理の基本である火を自在に操るためには、座学だけではなく実践が重要視されている。先輩料理人に教わりながら、何度も鍋をふるい、失敗し、それを教訓に再挑戦していく。炎との日々の格闘を通じて、炎を相棒と呼べるようになるほど習熟していく。
 
 
 部品: 炎の料理人たちの元での武者修行
 炎の料理人と一口でいっても、一人ひとりの料理人によって調理スタイルは様々である。修行中のものは最後の一年間に最低でも3人の炎の料理人のところに武者修行に行く。このことにより、一つの師匠の元では得られない視点や技術を学び取る。
 
 部品: ニッポリテスト
 炎の料理人として認められるためには、炎の料理人認定試験を受ける必要がある。この試験では、ニッポリという料理を作成する。ニッポリとはドロドロした生地を鉄板に流し入れて薄く延ばし、裏返したら具材を乗せてくるくると巻いていくというシンプルなものだが、具材は何を入れても自由なため、仕入れや仕込み、メニューの考案力が試される。また、具材を強火で炒めながら、弱火で繊細に生地を仕上げる必要もあり炎の使い方の習熟度が試されることになる。
 
 部品: 使い込まれた中華鍋
 修行中から何度も使っている鉄製の中華鍋。炒める、焼くだけでなく、煮る・揚げる・蒸すも可能で料理のバリエーションを広げられる。手入れを怠るとすぐに錆が浮いてきてしまうため一目でわかる。手入れ不足の中華鍋は料理人の恥とされる。
 
 部品: 手入れの行き届いた中華包丁
 幅広で重みのある包丁。野菜の千切りから豚肉や牛肉を骨ごと断つのにも使える便利さがあるが、大きく重いため熟練の料理人でなければ使いづらい。使用方法によっては刃こぼれもしやすいため、質の良いものを丁寧に手入れして料理人たちは使っている。
 
 部品: 防炎性能の高いコック服
 厚手で防炎性能の高い繊維を使ったコック服。露出した肌に跳ねた油や食材が付着するとやけどをしてしまうため、長袖のものを着用する。当然重ね着しても意味はない。
 
 部品: メニューの考案
 仕入れられる食材、お客様の要望、自分の得意ジャンルや経験などを勘案して作成する料理の内容を決める。時にはオリジナルのレシピに挑戦することもある。
 
 部品: 食材の仕入れ
 料理に必要な肉や魚、野菜などの食材を調達する。調達にあたっては、美味しく新鮮な食材を見分ける目利きだけでなく、仕入れ業者との信頼関係も大切になる。
 
 部品: 下準備・仕込み
 その日に作る料理をイメージして食材の切り出しや下味、調味料の配分、調理器具の準備などを行う。料理は同時作業が連続で発生するため、一流の料理人ほど段取りを重視する。
 
 部品: 料理の作成
 お客様に一番美味しい状態で料理が届くように、仕込んだ食材に切る、焼く、炒める、煮るなどの調理を施していく。熱いものは熱いうちに、冷たいものは冷たくが基本。味だけでなく見た目も綺麗に盛り付ける。
 
 部品: 衛生管理と安全管理
 食中毒などの健康被害が起こらないよう菌をつけない、持ち込まない、増やさないを徹底する。手指の洗浄、調理器具の洗浄、食材の温度管理などが基本。また刃物や火による事故が起こらないよう整理整頓、導線の確保、作業手順の遵守、十分な休息の確保などを徹底する。
 
 
 部品: 師匠となる料理人への弟子入り
 料理人を志すものは、一般的に自分の作りたい料理ジャンルの先輩料理人に弟子入りをする。どの料理人を師と仰ぐかによって、その後の料理人人生も変わるので各自真剣に情報収集をした上で決断する。
 
 部品: 皿洗い・雑用などの下積み
 多くの場合、弟子入り後に最初に任されるのは皿洗いやお使い、野菜の皮むきなどの雑用である。この雑用を通して、料理人とそれを取り巻くスタッフ、顧客、仕入れ先などの全体感を掴むことを期待される。
 
 部品: 調理技術の修得
 切る、焼く、炒める、煮るなどの食材を料理にするための技術を修得する。師匠や先輩料理人によって手取り足取り教えてもらうだけでなく、やり方を見て盗んで空き時間に練習を続ける。
 
 部品: 食材についての勉強と理解
 野菜や肉、魚などの食材の旬や一般的な調理方法、栄養素などを学ぶ。また、食材やそれに関わる生産者への感謝・尊敬の念を自然と身につけていく。
 
 部品: 料理の実践
 ある程度の下積みが終わると、料理の作成を許される。ただし、最初にお客様に出すことはできず、まずは賄いを作って師匠や先輩たちに評価してもらうことになる。賄いで一定のレベルを出すことができると、いよいよお客様に出す料理を作れるようになる。
 
 部品: 調理器具のメンテナンススキルの修得
 包丁のとぎ方、鍋の磨き方、焼き網の焦げ落としなど、調理器具に合わせたメンテナンスを学び、良好な状態に保つ方法を知る。
 
 部品: 料理人愛用の包丁セット
 一人前の料理人にとって、自分の手に馴染む包丁は料理を作る際の相棒のような存在である。作る料理の種類や工程に合わせて、牛刀や柳刃、出刃などを使い分ける。当然ながら食材調理に使うもので、人や知類を傷つけるために使うものはいない。
 
 部品: 料理人御用達のフライパン や鍋などの調理器具
 炒める、焼く、煮るなどの基本的な調理のために使われるフライパンや鍋は、各料理人のこだわりが現れやすい部分である。料理人は自分が作りたい料理に合わせた調理器具を用意するのが一般的。
 
 
 
 部品: 緊急展開軍の部隊概要
 緊急展開軍とは、各地域の方面軍を航空輸送などにより援護を行う部隊の事で、陸軍エリートによって構成される機動部隊を指す。 
 援軍活動を行うには政府の許可が必要である。
 
 部品: 航空機による緊急展開のメリット
 治安維持や物資補給などで戦地へ輸送機を使った航空作戦により高速展開し 、各部隊を支援をするのを前提に訓練を行い、装備が配備された部隊である。 
  航空機による機動展開のメリットは移動にかかる時間が地形により影響されない点、水上移動に比べると高速である点などが挙げられる。
 
 部品: 緊急展開軍の選抜基準(リワマヒ国版)
 緊急展開軍への配属を志望するものはまず、リワマヒ国の歩兵としての実績が求められる。
 さらに緊急展開軍は、個人個人での即応性と幅広い対応が求められるため、
 選抜過程においては基礎となる体力や戦闘技術以外にも、判断力・指揮適正・交渉能力、はては調理技術やサバイバル術など多岐にわたる訓練が
 長期間に渡って施されようやく一人前とされる。
 
 部品: シフト制による常時准警戒体勢の確立
 緊急展開軍所属の兵士は、組織の性格上24時間365日いついかなる時に任務が発生しても対応できるよう、きっちりとシフト制を組んでいる。また同時展開の可能性も考慮されており、対応班分けも細かく設定されている。
 
 部品: 後方支援及び災害派遣や民生協力について
 緊急展開軍はその性質から戦闘活動だけでなく、緊急事態における対応能力も求められる。
 そのため、応急的な限定医療行為や補助的な工兵活動などの知識・技術も身につけている。また、災害派遣時の炊き出しなどの際は野戦炊飯具などを活用した美味しい食事の調理なども行えるよう訓練を受けている。
 
 部品: 緊急展開軍の日常訓練及び戦闘マニュアルについて
 緊急展開軍は歩兵としてありとあらゆる場面に対応が必要であるため、前提として一般的な歩兵としての技能はもちろんのことだが、
 それ以上のスキルが求められる。
 白兵戦技術や射撃訓練などは日々の日課として行われ、最新の軍事トレンドや他国での活動の情報など、
 活用できるものは随時取り入れマニュアルを更新し対応力の更新に努めている。
 
 部品: 初期の歩兵養成事情
 小国であるリワマヒは国民が少数で有ることもあり、健康な一定年齢以上の国民は兵役義務が課されている。 
 徴収した人員に対し、歩兵としての教育を行うのが「リワマヒ陸軍学校」であり、 
 通常リワマヒで「歩兵」といった場合には実働戦力として認定を受けた学生の事を指す。 
 入学時期等はある程度個人の自由とされているが義務教育と合わせて基礎的な軍事教練が行われてきた。 
 
 部品: 第一次歩兵強化策
 根源種族襲来による「銀の街防衛戦」の敗戦及び、 
 共和国参謀部による歩兵強化提言に基づき、リワマヒ政府は歩兵強化策を実施。 
 これまで能力を問わず広く徴収した兵による部隊構成を行ってきたが、 
 選抜を行い経験・能力に優れた人間による学生歩兵部隊を構成する事となった。
 
 部品: 現在の歩兵養成について
 現在は徴用制度ではなく、志願者を養成した上で体力・精神・知識等総合的に勘案し、
 適正のある者のみが正式にリワマヒ国軍として任官される。
 
 部品: 特色
 にゃんにゃん共和国内での共同軍事演習では「正直まったく強くない」と酷評されるリワマヒ軍だが、 
 ランク付けを行った際には、兵站部門に関してだけはトップクラスの評価を得ている。 
 これは本来少ない兵員を効率よく戦力化しておくための苦肉の策ではあったが、 
 現在の時点でここまで力を入れた国が他に無かった為、特に際だった評価を得る事となった 
 また、夏は酷暑、冬は豪雪と実に極端な気候風土に対応するために 
 糧食は高いカロリー量に設定されており、また味にうるさい国民が多い為、 
 品目と味には特に注意が払われ、品質と配布の管理には歴戦の勇士があてがわれ、 
 常に最高の状態になるよう細心の注意が払われている。 
 合同演習が行われ他国の兵士と食事を共にする機会では 
 「演習中にフルコースを食べられるとは思わなかった」と言わしめるほどである
 
 部品: 服装
 元々学生+歩兵が主軸であったため、平時は学生服、礼装及び出兵時は各種装備を取り付けた軍服にて活動を行う。 
 青を基調とした「マトイ」と呼ばれる長いコート状の上着を着用し、額に頭環をつけるのが正式な制服であるが、 
 これらは南国で高温多湿のリワマヒでは暑いため、内勤の人間だけが着用している。 
 訓練中の学生の殆どは腹にサラシを巻き、ズボンのみ等の格好が愛好する。 
 絵ではセーラー服を着た男女が描かれているが、これは小笠原分校の為に技族が制服をデザインした際、 
 セーラー服が高温多湿のリワマヒの気候では案外過ごしやすいじゃないかと評判になり、 
 年齢の低めの学生に受けが良く、着用されるようになったためである。
 リワマヒは南国であり、国内及びその周辺の殆どが密林に覆われている為 
 演習で活動するときは緑の迷彩仕様の服装を着用している
 
 部品: バッドさん流筋肉トレーニング
 リワマヒ国に逗留しているバッドさんによる筋力トレーニングは、ほがらかに笑いながら重量屋台を曳かされるなど屋台のお手伝いにも見えるトレーニングとなっており、
 続けると足腰をはじめとした全身の筋力強化に格闘トレーニングの成績も上昇。おまけにバッドさんのコロッケも食べられるとあって、歩兵たちにとっても大人気である。
 
 
 部品: 入り身術
 相手の構えや技に合わせて体を入れていく事で攻撃を反らす技術。リワマヒ国では低物理域対応訓練の技術を応用した入り身術をベースとして歩兵防御技術の一つとして構築されている。
 
 部品: 打撃防御技術
 相手の打撃に合わせるタイミングで打撃を当てることで、相手の力を利用してダメージを増やす技術。
 これは学生が多かったため、無理に筋力に頼るよりも相手の筋力を利用すればよいという考えのもと成熟された技術の一つである。
 
 部品: 受け流し格闘
 低物理域対応訓練の基礎技術である、受け流す技術は歩兵訓練カリキュラムにも応用されており、
 主に相手の打撃を受け流し投げたりいなす技術として白兵戦時の防御策の一端として兵士たちを守っている。
 
 部品: 一般近接格闘術
 リワマヒ国の歩兵は養成課程の中で標準的な近接格闘術を学ぶ。
 これは学生の健康増進や心身の鍛錬も兼ねており、むやみに格闘術を振るい喧嘩の原因にならぬよう指導員は心構えから教育をしている。
 
 部品: 観察と実践
 リワマヒ国流の白兵技術は、相手の動きに合わせて動く技術が多い。
 そのため、通常の格闘術以上に相手の動きをしっかりと観察し、それに合わせて身体を動かす。
 相手に呼吸を合わせることがポイントだ。
 
 部品: 通常射撃技術
 リワマヒ国の歩兵の射撃技術は良く狙い当てることにまず主軸が置かれる。これは標準装備のライフルの装弾数が少ない事にも起因するが、
 当たらない射撃練習よりも当たる射撃練習の方が達成感が増える為である。
 基礎の射撃が出来た後に射撃戦においての体の動かし方を学ぶ。
 
 部品: 遮蔽物の利用
 射撃戦の基本は相手の射撃に身体をさらさないことである。
 戦場で棒立ちは危険、歩兵たちは地形や遮蔽物を利用して自分の体を守りながら射撃をする意識をたたき込まれるのだ。
 
 部品: 射撃武器の状況に合わせた切り替え
 射撃戦においては相手との相対位置に合わせて的確な武器を選択する事が重要である。
 白兵距離に近い間合いにおいてはライフルは取り回しづらく、距離が離れている場合に拳銃はそもそも狙うことが困難だ。
 歩兵たちは装備に合わせて的確に武器を切り替えるよう柔軟に考えるのだ。
 
 部品: B世界での歩兵装備運用について
 元来のリワマヒ国軍では持ち込み装備以外はリワマヒ国軍標準装備を使用していたが、
 B世界では物資不足などが不足することが見られるため、同系統の武器でも問題なく使えるよう、
 追加慣熟訓練を行っている。
 
 部品: 歩兵銃
 リワマヒ国の歩兵銃については以下の通り。 
 全長 127.6cm 、銃身長 79.7cm 、重量 3.73kg 。装弾数は5発、 口径 6.5mm のライフル弾を 
 初速 762m/s で打ち出す。 
 歩兵銃は遺跡街の西、宮城の北にあるリワマヒ砲兵工廠にて熟練の職工により 
 一挺ずつ職人芸にて生産されていた。
 狩猟用モデルも生産されており、リワマヒ国民にとって「銃」と言えばまずこれを指す。
 
 部品: 短機関銃
 全長 94.7cm 銃身長 31.5cm 重量 3.9kg 口径 9mm 
 装弾数は 10発/20発/40発 から選択 
 これまで連射機能の無い歩兵銃を愛用してきたリワマヒ陸軍だが、 
 共和国合同作戦などの増加から、共和国規格に合わせた機関銃を採用する事となった 
 数種類の候補の中から丈夫で軽く、拳銃と弾薬を共有出来る当モデルが採用となった
 
 部品: 狙撃銃
 全長 122.5cm 重量 4.31kg 口径 7.62mm 銃身長 62cm 銃口初速 830m/s 有効射程 500m 装弾数 10発 
 作動方式 ガス圧利用 軍隊で運用する上で、軽量で運搬性なども考慮に入れられたデザインは合理的である。 
 市街戦、密林戦におけるスナイパーの有効性を知ったリワマヒ国陸軍工廠がそのために作ったものであるため、 
 遠距離の狙撃能力よりも、市街(100から400m)での即射性を優先したつくりとなっている。 
 気温差が激しく湿度の高い環境で長期間使用することを前提とした銃であり、精度より耐久性に特化している。 
 一部のモデルには着剣装置が付属しており、銃剣を装着できる。 
 リワマヒ国では参謀本部からの情報により、夜戦を想定した暗視スコープを標準装備しているが、 
 現時点においてはいまだ単独でのミッションを達成するまでの精度を得るに至ってないのが実情である。 
 これに対応する為、リワマヒ国では風や目標、着弾点の情報をスナイパーに報告する観測手を補助要員として就けることで、対応している。 
 観測手はこれら情報をスナイパーに伝え、2人1組で活動することでその能力を遺憾なく発揮している。 
 これは、リワマヒ国の公立校である軍学校にての活動、冒険などでも必ずバディ制が導入されている事からも証明されているリワマヒ陸軍では、狙撃兵専門の教官を招聘し、今後も更なる訓練を重ねることで学生兵らの高い帰還率を維持する予定である
 
 
 部品: 軍刀・その他装備
 刃渡り70cm前後、ベルトを使用して腰から吊るす。 
 軍刀といってはいるが、リワマヒにおいては密林の植物を払い通るための装備であり、 
 使い勝手から各個人の変更が許されており刃渡り30cm程度の鉈に持ち替えている者もいる
 その他装備
 出撃の際には、ベルト、弾体入れ、手榴弾入れ、肩掛け水筒、雑嚢、携帯シャベルケース等を所持する
 
 部品: 緊急展開用各種コンテナパックについて
 きゃりっじを始めとした航空機による緊急展開の際は予め用意された各種コンテナパックを搭載することで素早く発進可能としている。
 コンテナパックは任務用途に応じて各種用意されており、人道支援用パックなどは緊急展開と並行して陸路や海路輸送でも用いられるため、共通の規格のものを採用している。
 
 部品: 緊急展開軍における歩兵個人戦闘装備の選択理念
 緊急展開軍において個人装備は重要な要素の一つである。
 緊急展開先においてどのような戦闘が想定されるのか、どのような地形・環境かの情報を元に最適な装備を選択することはもちろん、それらの装備をいついかなる状況でも問題なく使用出来るよう、日々の訓練を行っている。
 
 部品: 猫好きとは
 猫好きとは何か。それはなるものではない、いつのまにか猫の魅力にめろめろになってしまったものがそう呼ばれるのである。
 
 部品: 猫に話しかけると赤ちゃん言葉になる
 猫が近くに寄ってきて「にゃーん」と鳴いたら
 「どしたの~~?ご飯でしゅか~?(デレデレ)」と返してしまうのが猫好き。
 「猫なで声」は、なでられている猫側の声なのでこれとは違う。
 
 部品: 猫の肉球にふまれるのが幸せ
 猫の肉球はよいものである。ぷにぷにしてひんやり。
 寝ているとき顔を踏まれても 猫の肉球ならそれは猫好きにとってご褒美である。
 
 部品: 猫と添い寝
 猫は眠るときくっついて眠るものである。
 冬場は暖かいが 夏場は暑い…暑いがそれは仕方がない
 猫との添い寝の幸せに比べたらささいな問題である。
 そうたとえ布団が毛だらけになろうとも。
 
 部品: 猫写真フォルダー
 猫好きの写真フォルダーは猫の写真でいっぱいである。
 我が家の猫からご近所で出会った猫、さまざまであるがどんどん増える。
 
 部品: つい自分のうちの猫の話をしてしまう
 猫を飼っている猫好き同士が集まるとうちの猫かわいい自慢大会が始まる。
 しかしここで喧嘩にはならない。
 なぜならお互い「自分のうちの猫が一番可愛いがそっちが可愛いのもわかる…わかる猫かわいい…わかる」
 と思っているからである。
 
 部品: 猫の声に敏感
 外出先で猫の鳴き声がするとつい目で探してしまう。
 子猫の「みーみー」言う声だと必死に探す。
 急いでるときは死活問題だが…子猫ならしかたない。
 
 部品: 猫グッズ収集
 猫好きになるといつの間にか増えているのが猫グッズである。
 ちょっとしたものでも猫柄を選んでしまうことがある。
 カレンダーを子猫がいっぱい写ってるやつにしてしまったり…
 
 部品: 猫にご挨拶の効果
 ご近所の猫さんへのご挨拶は猫好きのたしなみである。
 散歩の途中で見かけた猫に警戒されない位置からそっとまばたきと声かけ。
 可能ならば指の匂いを嗅いでいただく。
 慣れてくればなでなでも許してもらえるかもしれない。まずは覚えてもらおう。
 
 部品: 猫なでテクニックの効果
 猫が喜ぶ箇所を的確になでなでする技。猫によって好みが違うため喜ぶ箇所を見極める力も重要である。
 基本的には猫が自分であまり触ることが出来ない 背中や額、アゴの下などが喜ぶポイントだろう。
 うまく撫でることができれば猫からの好感度があがるぞ!
 
 部品: 猫ブラッシングの効果
 猫をブラッシングすることで抜け毛を取り除き、毛並みをつやつやに保てる。
 またスキンシップも兼ね、体調の変化などにも気付きやすくなる。
 ブラッシングされて猫はご機嫌になる。
 
 部品: 猫の爪切りの効果
 室内で猫と同居している場合必須技術ともいえよう。
 猫が嫌がる暇を与えずさっと伸びてとがっている部分の爪を爪切りで切る。
 そうすることで家具や壁紙への爪とぎを減らしたり
 猫にひっかかれて怪我をすることや、猫の爪が割れて猫自身が痛い思いをすることが減らせる。
 
 部品: 筋トレの重要性
 ランナーに太い筋肉は必要ないと考えられがちだが、長時間良いフォームを保つためには筋力トレーニングが必要不可欠である。
 
 部品: 怪我の予防
 走るのに適切な姿勢を保つ他、継続的に筋力トレーニングを行うことで基礎体力がつき、怪我の予防にもつながる。
 
 部品: フロントランジ
 太腿、ハムストリングス、大殿筋を中心に鍛える。この際上体をまっすぐ保つことで、全身の筋力を強化できる。
 
 部品: 腹筋・背筋
 ゆっくりと行うことで体幹の筋肉が鍛えられ、適切な姿勢を保つことができるようになる。大きく息を吸って吐きながら行うこと。
 
 部品:  腕立て伏せ
 腕をしっかりと振るために腕・肩の筋力を鍛える。きつくて続かない女性などは最初は膝をついた上状態で行っても良い。
 
 部品: 準備運動の効果と重要性
 怪我を防ぐ、体をあたためる等の効果がある。トレーニングの効果にも差が出るため丁寧に行うこと。全身の筋肉を気持ちいいくらいの強度でよく伸ばし、ほぐす。
 
 部品: 良好なコンディションを保つ
 疲労を溜めないことがランナーには重要である。すなわち、睡眠時間を十分に取りトレーニング後は整理体操等をかかさず行うこと。
 
 部品: インターバル走
 数本の疾走区間の間に小休憩を挟む練習方。非常に効果が高いが疲労もたまるため、終わったらしっかりと休憩をとること。
 
 部品: レペティション
 インターバル走より1本1本の強度を高め、休憩を長くとるトレーニング。効果としてはインターバルと同じ。
 
 部品: ペース走
 一定のペースで走るトレーニング。トラックなど決まった距離を延々同じペースで刻むことで適切なペースを体に教え込む。
 
 部品:  ジョグ
 一キロ5分以上のペースでゆっくりと長い距離を走りこむ。もっとも手軽で一般的な練習方法。毎日継続するのが大事。
 
 部品: ビルドアップ走
 最初はゆっくり、徐々にペースをあげていき、ラストでラップを刻みゴールするという練習方法。疲労の溜まり方もマイルドで効果が高い。
 
 部品: 正しいフォームの重要性について
 長距離を走る際正しいフォームを保つことはスピードを上げるだけでなく怪我の予防にも繋がり、疲労度にも大きく影響する。
 
 部品:  正しい姿勢を保つ練習
 走る際は真上から頭を吊られているような感覚で少し顎を引き、背筋を伸ばし、腹筋にやや力をこめるイメージで。視線はまっすぐ前へ。
 
 部品:  足の出し方
 走る際の足は一本の線の上を走るような感覚でまっすぐ前に出す。普段から線の上を走って感覚を掴むと良い。
 
 部品: 使う筋肉
 小さい筋肉(足首、すねなど)を酷使すると故障の元になる。太腿や尻などのなるべく大きな筋肉を使い、体幹を意識して体を動かすこと。
 
 部品: 腕の振り方
 小指と薬指を軽く握り、真後ろに引く。腕をしっかりと振ることで余計なエネルギーの流出を抑えることができる。
 
 部品: 呼吸の仕方
 ペースによって呼吸を変える。スローペースで走る時には4回吸って4回吐く。ミドルペースの際には基本の2回吸って2回吐く。更にスピードを上げる場合は2回吸って1回吐くと良い。
 
 部品: ペース配分
 走る距離によってペース配分を考えながら走る。長距離を走る場合は10キロ過ぎあたりで気持ち良くなってペースがあがりがちだがぐっと堪えること。
 
 部品: ランナーズハイ
 走ることによって脳内物質が出てテンションがあがり、疲労を感じにくくなる。しかし疲労は確実に蓄積するため、惑わされず冷静さとペースを保つことが必要となる。
 
 部品: クールダウン
 長距離を走った後は筋肉がダメージを受けているため、ゆっくりと整理体操や軽いジョギングをして筋肉をほぐすこと。
 
 部品: 靴
 基本的に紐靴。履き比べて自分の足に合ったものを選ぶこと。また、長距離を走る前に履きならしておくのが望ましい。
 
 部品: 帽子
 つばの広いキャップが良い。風で飛ばないようなサイズのものを選ぶこと。太陽光をさえぎる他、汗が目に入るのを防ぐ。小雨の際にも役に立つ。
 
 部品:  ワセリン
 服と肌が触れる部分などに塗ることで長距離走った際の擦れを予防できる。下着と肌の境目あたりにも塗っておくと良い。
 
 部品: 動きやすい服
 気温に適したもの、また、肌に擦れても痛くない素材を選ぶこと。また、男性は下半身にスパッツ状のものをちゃくようすると息子が擦れにくい。
 
 部品:  スポーツブラ
 女性は必須。ワイヤー入りの下着で長距離を走るのは厳禁である。すこしきつめのものを選ぶと胸の形が崩れにくい。
 
 部品: 走る前の食事
 穀物など炭水化物をしっかりととること。極端に炭水化物の量を増やして準備することをカーボローディングと言う。
 
 部品: 水分の取り方
 水分は少量をこまめに摂取することで脱水を防ぐことができる。汗で失われるナトリウムを補充できるものが良い。
 
 部品: エイド
 30キロ以上の長距離を走ると体内の糖が不足しエネルギー不足に陥るため、水分と同じようにラムネやブドウ糖を途中でかじると良い。
 
 


インポート用定義データ


 [
   {
     "title": "銀 倖斗",
     "part_type": "group",
     "children": [
       {
         "title": "銀 倖斗の趣味",
         "part_type": "group",
         "children": [
           {
             "title": "毎朝のクッキー作り",
             "part_type": "group",
             "children": [
               {
                 "title": "手作りクッキー",
                 "part_type": "group",
                 "children": [
                   {
                     "title": "クッキー",
                     "description": "小麦粉などの粉類に、油分を加えてこね、砂糖や卵、牛乳といった風味を加え固めに焼き上げたお菓子。小麦粉、バター、砂糖を使った甘いものが王道。伝統的に軽食やおやつとしてご家庭で作られ、それぞれの家や民族、国によって多様なバリエーションがある。\nまた、小さなものの代名詞として使われることもある。",
                     "part_type": "part"
                   },
                   {
                     "title": "食べる人の笑顔を思う",
                     "description": "手作りの料理には、食べる人への愛情がこもっている。\n忙しい日常で手抜きなこともあるが、美味しいの一言が聞きたい、その笑顔を思い浮かべながら、腕を振るって作られることもある。",
                     "part_type": "part"
                   },
                   {
                     "title": "ご家庭レシピ",
                     "description": "手作り料理のレシピは、それぞれの家庭にそれぞれの特徴がある。\n代々家に伝わる伝統の手順や材料もあれば、その時々の流行りなレシピがあったりもする。",
                     "part_type": "part"
                   }
                 ],
                 "expanded": true
               },
               {
                 "title": "朝食と一緒に作るクッキー",
                 "description": "毎晩寝る前に生地を作り、冷蔵庫で寝かせておいたものを毎朝の朝食作りの傍らで焼き上げる。オーブンを専有するので朝食の選択肢が狭まるのがたまにキズ。",
                 "part_type": "part"
               },
               {
                 "title": "創作実験クッキー",
                 "description": "毎日のクッキー作りの中で、変わった材料を用いたクッキーを色々試作している。例えばクッキーに使用する材料をハチミツなどに置換したものだ。思いつきで色々入れるため、時にはとんでもない味のものが誕生することもある。",
                 "part_type": "part"
               },
               {
                 "title": "個別包装用の袋",
                 "description": "クッキーを毎日のおやつとしてポケットに入れて持ち歩くための個別包装が可能な袋。南国気候で多湿なリワマヒ国でも湿気らないように密封出来るタイプのものを使っている。",
                 "part_type": "part"
               }
             ],
             "expanded": true
           }
         ],
         "expanded": false
       },
       {
         "id": 294,
         "title": "南国人",
         "description": null,
         "part_type": "group",
         "created_at": "2017-08-19 23:33:23.195025",
         "updated_at": "2017-08-19 23:33:23.195025",
         "character_id": "699",
         "children": [
           {
             "id": 295,
             "title": "南国人の身体的特徴",
             "description": null,
             "part_type": "group",
             "created_at": "2017-08-19 23:33:23.198646",
             "updated_at": "2017-08-19 23:33:23.198646",
             "character_id": "699",
             "children": [
               {
                 "id": 296,
                 "title": "金色の髪",
                 "description": "南国人の髪は金色をしていて、さんさんと降り注ぐ日光を浴びて美しく輝く。\n髪型にこれといった傾向はなく、皆思い思いのヘアスタイルをしている。",
                 "part_type": "part",
                 "created_at": "2017-08-19 23:33:23.199733",
                 "updated_at": "2017-08-19 23:33:23.199733",
                 "character_id": "699",
                 "children": []
               },
               {
                 "id": 297,
                 "title": "小麦色の肌",
                 "description": "降り注ぐ陽光で焼けたのか、南国人の肌は健康的な小麦色をしている。\nこれは布地の少ない服を好むせいもあるだろう。",
                 "part_type": "part",
                 "created_at": "2017-08-19 23:33:23.21168",
                 "updated_at": "2017-08-19 23:33:23.21168",
                 "character_id": "699",
                 "children": []
               },
               {
                 "id": 298,
                 "title": "健康的な肉体",
                 "description": "陽気な風土で育まれたためか、\n南国人は他国よりも健康的な肉体をしていることが多い。\n豊かな自然環境の中、元気いっぱいに暮らしている。",
                 "part_type": "part",
                 "created_at": "2017-08-19 23:33:23.219397",
                 "updated_at": "2017-08-19 23:33:23.219397",
                 "character_id": "699",
                 "children": []
               }
             ],
             "expanded": true
           },
           {
             "id": 299,
             "title": "布地の少ない服装",
             "description": "南国人は布地の少ない服装を好む。\n他国人からすると目のやり場に困るという意見もあるが、暑いのだから仕方がない。\nまた、密林で動きやすい服装という一面もある。",
             "part_type": "part",
             "created_at": "2017-08-19 23:33:23.236539",
             "updated_at": "2017-08-19 23:33:23.236539",
             "character_id": "699",
             "children": []
           },
           {
             "id": 300,
             "title": "基本の職業適正",
             "description": "南国人は科学技術に強く、\nそのためパイロットを目指すもの、\n学生として知識を学ぶもの、医師をめざすもの、\nあるいは薬品にとらわれてドラッガーになるものが多く、\nまた健康的な肉体を活かして歩兵になるものもいた。",
             "part_type": "part",
             "created_at": "2017-08-19 23:33:23.243695",
             "updated_at": "2017-08-19 23:33:23.243695",
             "character_id": "699",
             "children": []
           },
           {
             "id": 301,
             "title": "封魔の民",
             "description": "南国人は封印の民、あるいは封魔の民と自称し、古代遺跡のある土地に住んで封印が解けるのを防いでいる。\n南国が密林なのも、魔を封じるための樹が生い茂っているからである。\n南国人は先天的に魔法遺伝子が欠損しており、これによって変異を防いでいた。",
             "part_type": "part",
             "created_at": "2017-08-19 23:33:23.250556",
             "updated_at": "2017-08-19 23:33:23.250556",
             "character_id": "699",
             "children": []
           },
           {
             "id": 302,
             "title": "南国の狩猟採集生活",
             "description": "南国人はその豊かな動植物相から食料を得る技術に長けている。\n生物資源を使って仕掛けを作り、野生動物を捕らえたりするのだ。\n南国人には食べることで浄化し、その存在を受け継ぐという信仰が根付いていることが多い。",
             "part_type": "part",
             "created_at": "2017-08-19 23:33:23.257574",
             "updated_at": "2017-08-19 23:33:23.257574",
             "character_id": "699",
             "children": []
           },
           {
             "id": 303,
             "title": "南国人の習慣",
             "description": "南国人は森国人同様に自然の中に住み、親近感を持っている事が多い。\nまた、河などの水場が近い地域に住むため、その家は洪水対策されている。",
             "part_type": "part",
             "created_at": "2017-08-19 23:33:23.265138",
             "updated_at": "2017-08-19 23:33:23.265138",
             "character_id": "699",
             "children": []
           }
         ],
         "expanded": false
       },
       {
         "title": "炎の料理人",
         "children": [
           {
             "title": "炎の料理人の特徴",
             "children": [
               {
                 "title": "火力を活かした調理技術",
                 "description": "火のもつ性質を習熟した炎の料理人は、炎を相棒として様々な料理を作る。鍋を振って空中で直火に当ててぱらっとした食感を実現したり、逆に絶妙な弱火で食材をベストな状態で煮込み続けるなど、高温も低温も使い分ける。",
                 "part_type": "part"
               },
               {
                 "title": "炎を使った魅せる調理",
                 "description": "アルコール度数の高い酒を振りかけて一気にアルコール分を飛ばすフランベは見た目も派手なため、炎の料理人の十八番のように人々から思われている。「子どもたちが喜ぶから」という理由でフランベを多用する料理人も多い。",
                 "part_type": "part"
               },
               {
                 "title": "同時作成による時短調理術",
                 "description": "炎の料理人は、もともと国軍という巨大な胃袋を支える兵站部門から生まれたため、「大量に素早くおいしいものを」というニーズがあった。そのため、いくつもの料理を同時に作成することが当たり前であった。複数のコンロを使って同時にいくつの料理を作れるかが、炎の料理人の習熟度を測るバロメータになっている。",
                 "part_type": "part"
               },
               {
                 "title": "食材の調達へのこだわり",
                 "description": "人に喜んでもらえる食事を作るため、安全安心な食材を調達することには並々ならぬこだわりがある。必要ならば土地の人々の許可を得たうえで山や海に自ら入り、食材を手に入れる。",
                 "part_type": "part"
               },
               {
                 "title": "自然への敬意と畏れ",
                 "description": "炎の料理人たちは、時に山や海に潜って食材をとることから、自然には勝てないということ、自然を敬うことが体に染みついている。必要以上に収奪することで生態系を壊さないように細心の注意を払う。",
                 "part_type": "part"
               },
               {
                 "title": "大衆料理から宮廷料理まで",
                 "description": "「うまい、はやい、やすい!」を目指すものや、「至高の一皿を作り上げる」ことに全力を注ぐものなど、料理人は自分の求めるもののために、日々試行錯誤を続ける。炎の料理人は、火という料理の基本に習熟することによって、それらの料理バリエーションをさらに広げている。",
                 "part_type": "part"
               },
               {
                 "title": "炎の料理人同士の切磋琢磨",
                 "description": "炎の料理人たちは、自らの技術を高めることに余念がない。そのためには、自分ひとりで技術を磨くのではなく、相互に切磋琢磨して、時に教えあい、時に競い合うことで、よりおいしい料理を目指している。\n",
                 "part_type": "part"
               }
             ],
             "expanded": true,
             "part_type": "group"
           },
           {
             "title": "炎の料理人の修行",
             "children": [
               {
                 "title": "火の持つ性質の理解",
                 "description": "炎の料理人を目指すものは、まず炎の性質を理解しなければならない。炎は内側のほうが温度が低いのでいたずらに火を大きくすればよいのではないこと、コンロや炭火など熱源によっても熱の伝わり方や水分が違うということなどを修行中に学びとっていく。",
                 "part_type": "part"
               },
               {
                 "title": "炎との格闘の日々",
                 "description": "料理の基本である火を自在に操るためには、座学だけではなく実践が重要視されている。先輩料理人に教わりながら、何度も鍋をふるい、失敗し、それを教訓に再挑戦していく。炎との日々の格闘を通じて、炎を相棒と呼べるようになるほど習熟していく。\n",
                 "part_type": "part"
               },
               {
                 "title": "炎の料理人たちの元での武者修行",
                 "description": "炎の料理人と一口でいっても、一人ひとりの料理人によって調理スタイルは様々である。修行中のものは最後の一年間に最低でも3人の炎の料理人のところに武者修行に行く。このことにより、一つの師匠の元では得られない視点や技術を学び取る。",
                 "part_type": "part"
               },
               {
                 "title": "ニッポリテスト",
                 "description": "炎の料理人として認められるためには、炎の料理人認定試験を受ける必要がある。この試験では、ニッポリという料理を作成する。ニッポリとはドロドロした生地を鉄板に流し入れて薄く延ばし、裏返したら具材を乗せてくるくると巻いていくというシンプルなものだが、具材は何を入れても自由なため、仕入れや仕込み、メニューの考案力が試される。また、具材を強火で炒めながら、弱火で繊細に生地を仕上げる必要もあり炎の使い方の習熟度が試されることになる。",
                 "part_type": "part"
               }
             ],
             "expanded": true,
             "part_type": "group"
           },
           {
             "title": "炎の料理人の専門道具",
             "children": [
               {
                 "title": "使い込まれた中華鍋",
                 "description": "修行中から何度も使っている鉄製の中華鍋。炒める、焼くだけでなく、煮る・揚げる・蒸すも可能で料理のバリエーションを広げられる。手入れを怠るとすぐに錆が浮いてきてしまうため一目でわかる。手入れ不足の中華鍋は料理人の恥とされる。",
                 "part_type": "part"
               },
               {
                 "title": "手入れの行き届いた中華包丁",
                 "description": "幅広で重みのある包丁。野菜の千切りから豚肉や牛肉を骨ごと断つのにも使える便利さがあるが、大きく重いため熟練の料理人でなければ使いづらい。使用方法によっては刃こぼれもしやすいため、質の良いものを丁寧に手入れして料理人たちは使っている。",
                 "part_type": "part"
               },
               {
                 "title": "防炎性能の高いコック服",
                 "description": "厚手で防炎性能の高い繊維を使ったコック服。露出した肌に跳ねた油や食材が付着するとやけどをしてしまうため、長袖のものを着用する。当然重ね着しても意味はない。",
                 "part_type": "part"
               }
             ],
             "expanded": true,
             "part_type": "group"
           },
           {
             "title": "料理人",
             "children": [
               {
                 "title": "料理人の仕事",
                 "children": [
                   {
                     "title": "メニューの考案",
                     "description": "仕入れられる食材、お客様の要望、自分の得意ジャンルや経験などを勘案して作成する料理の内容を決める。時にはオリジナルのレシピに挑戦することもある。",
                     "part_type": "part"
                   },
                   {
                     "title": "食材の仕入れ",
                     "description": "料理に必要な肉や魚、野菜などの食材を調達する。調達にあたっては、美味しく新鮮な食材を見分ける目利きだけでなく、仕入れ業者との信頼関係も大切になる。",
                     "part_type": "part"
                   },
                   {
                     "title": "下準備・仕込み",
                     "description": "その日に作る料理をイメージして食材の切り出しや下味、調味料の配分、調理器具の準備などを行う。料理は同時作業が連続で発生するため、一流の料理人ほど段取りを重視する。",
                     "part_type": "part"
                   },
                   {
                     "title": "料理の作成",
                     "description": "お客様に一番美味しい状態で料理が届くように、仕込んだ食材に切る、焼く、炒める、煮るなどの調理を施していく。熱いものは熱いうちに、冷たいものは冷たくが基本。味だけでなく見た目も綺麗に盛り付ける。",
                     "part_type": "part"
                   },
                   {
                     "title": "衛生管理と安全管理",
                     "description": "食中毒などの健康被害が起こらないよう菌をつけない、持ち込まない、増やさないを徹底する。手指の洗浄、調理器具の洗浄、食材の温度管理などが基本。また刃物や火による事故が起こらないよう整理整頓、導線の確保、作業手順の遵守、十分な休息の確保などを徹底する。\n",
                     "part_type": "part"
                   }
                 ],
                 "expanded": true,
                 "part_type": "group"
               },
               {
                 "title": "料理人の6年の修行",
                 "children": [
                   {
                     "title": "師匠となる料理人への弟子入り",
                     "description": "料理人を志すものは、一般的に自分の作りたい料理ジャンルの先輩料理人に弟子入りをする。どの料理人を師と仰ぐかによって、その後の料理人人生も変わるので各自真剣に情報収集をした上で決断する。",
                     "part_type": "part"
                   },
                   {
                     "title": "皿洗い・雑用などの下積み",
                     "description": "多くの場合、弟子入り後に最初に任されるのは皿洗いやお使い、野菜の皮むきなどの雑用である。この雑用を通して、料理人とそれを取り巻くスタッフ、顧客、仕入れ先などの全体感を掴むことを期待される。",
                     "part_type": "part"
                   },
                   {
                     "title": "調理技術の修得",
                     "description": "切る、焼く、炒める、煮るなどの食材を料理にするための技術を修得する。師匠や先輩料理人によって手取り足取り教えてもらうだけでなく、やり方を見て盗んで空き時間に練習を続ける。",
                     "part_type": "part"
                   },
                   {
                     "title": "食材についての勉強と理解",
                     "description": "野菜や肉、魚などの食材の旬や一般的な調理方法、栄養素などを学ぶ。また、食材やそれに関わる生産者への感謝・尊敬の念を自然と身につけていく。",
                     "part_type": "part"
                   },
                   {
                     "title": "料理の実践",
                     "description": "ある程度の下積みが終わると、料理の作成を許される。ただし、最初にお客様に出すことはできず、まずは賄いを作って師匠や先輩たちに評価してもらうことになる。賄いで一定のレベルを出すことができると、いよいよお客様に出す料理を作れるようになる。",
                     "part_type": "part"
                   },
                   {
                     "title": "調理器具のメンテナンススキルの修得",
                     "description": "包丁のとぎ方、鍋の磨き方、焼き網の焦げ落としなど、調理器具に合わせたメンテナンスを学び、良好な状態に保つ方法を知る。",
                     "part_type": "part"
                   }
                 ],
                 "expanded": true,
                 "part_type": "group"
               },
               {
                 "title": "料理人の基本道具",
                 "children": [
                   {
                     "title": "料理人愛用の包丁セット",
                     "description": "一人前の料理人にとって、自分の手に馴染む包丁は料理を作る際の相棒のような存在である。作る料理の種類や工程に合わせて、牛刀や柳刃、出刃などを使い分ける。当然ながら食材調理に使うもので、人や知類を傷つけるために使うものはいない。",
                     "part_type": "part"
                   },
                   {
                     "title": "料理人御用達のフライパン や鍋などの調理器具",
                     "description": "炒める、焼く、煮るなどの基本的な調理のために使われるフライパンや鍋は、各料理人のこだわりが現れやすい部分である。料理人は自分が作りたい料理に合わせた調理器具を用意するのが一般的。\n\n",
                     "part_type": "part"
                   }
                 ],
                 "expanded": true,
                 "part_type": "group"
               }
             ],
             "expanded": true,
             "part_type": "group"
           }
         ],
         "expanded": false,
         "part_type": "group"
       },
       {
         "children": [
           {
             "children": [
               {
                 "children": [],
                 "created_at": "2017-08-15 11:35:57.086745",
                 "description": "緊急展開軍とは、各地域の方面軍を航空輸送などにより援護を行う部隊の事で、陸軍エリートによって構成される機動部隊を指す。 \n援軍活動を行うには政府の許可が必要である。",
                 "part_type": "part",
                 "title": "緊急展開軍の部隊概要",
                 "updated_at": "2017-08-15 11:35:57.086745"
               },
               {
                 "children": [],
                 "created_at": "2017-08-15 11:35:57.09696",
                 "description": "治安維持や物資補給などで戦地へ輸送機を使った航空作戦により高速展開し 、各部隊を支援をするのを前提に訓練を行い、装備が配備された部隊である。 \n 航空機による機動展開のメリットは移動にかかる時間が地形により影響されない点、水上移動に比べると高速である点などが挙げられる。",
                 "part_type": "part",
                 "title": "航空機による緊急展開のメリット",
                 "updated_at": "2017-08-15 11:35:57.09696"
               },
               {
                 "children": [],
                 "created_at": "2017-08-15 11:35:57.105042",
                 "description": "緊急展開軍への配属を志望するものはまず、リワマヒ国の歩兵としての実績が求められる。\nさらに緊急展開軍は、個人個人での即応性と幅広い対応が求められるため、\n選抜過程においては基礎となる体力や戦闘技術以外にも、判断力・指揮適正・交渉能力、はては調理技術やサバイバル術など多岐にわたる訓練が\n長期間に渡って施されようやく一人前とされる。",
                 "part_type": "part",
                 "title": "緊急展開軍の選抜基準(リワマヒ国版)",
                 "updated_at": "2017-08-15 11:35:57.105042"
               },
               {
                 "children": [],
                 "created_at": "2017-08-15 11:35:57.112939",
                 "description": "緊急展開軍所属の兵士は、組織の性格上24時間365日いついかなる時に任務が発生しても対応できるよう、きっちりとシフト制を組んでいる。また同時展開の可能性も考慮されており、対応班分けも細かく設定されている。",
                 "part_type": "part",
                 "title": "シフト制による常時准警戒体勢の確立",
                 "updated_at": "2017-08-15 11:35:57.112939"
               },
               {
                 "children": [],
                 "created_at": "2017-08-15 11:35:57.121337",
                 "description": "緊急展開軍はその性質から戦闘活動だけでなく、緊急事態における対応能力も求められる。\nそのため、応急的な限定医療行為や補助的な工兵活動などの知識・技術も身につけている。また、災害派遣時の炊き出しなどの際は野戦炊飯具などを活用した美味しい食事の調理なども行えるよう訓練を受けている。",
                 "part_type": "part",
                 "title": "後方支援及び災害派遣や民生協力について",
                 "updated_at": "2017-08-15 11:35:57.121337"
               }
             ],
             "created_at": "2017-08-15 11:35:57.085671",
             "description": null,
             "part_type": "group",
             "title": "緊急展開軍の特徴",
             "updated_at": "2017-08-15 11:35:57.085671",
             "expanded": true
           },
           {
             "children": [
               {
                 "children": [],
                 "created_at": "2017-08-15 11:35:57.131286",
                 "description": "緊急展開軍は歩兵としてありとあらゆる場面に対応が必要であるため、前提として一般的な歩兵としての技能はもちろんのことだが、\nそれ以上のスキルが求められる。\n白兵戦技術や射撃訓練などは日々の日課として行われ、最新の軍事トレンドや他国での活動の情報など、\n活用できるものは随時取り入れマニュアルを更新し対応力の更新に努めている。",
                 "part_type": "part",
                 "title": "緊急展開軍の日常訓練及び戦闘マニュアルについて",
                 "updated_at": "2017-08-15 11:35:57.131286"
               },
               {
                 "title": "歩兵(リワマヒ国版)",
                 "part_type": "group",
                 "children": [
                   {
                     "title": "リワマヒ国の歩兵事情",
                     "part_type": "group",
                     "children": [
                       {
                         "title": "初期の歩兵養成事情",
                         "description": "小国であるリワマヒは国民が少数で有ることもあり、健康な一定年齢以上の国民は兵役義務が課されている。 \n徴収した人員に対し、歩兵としての教育を行うのが「リワマヒ陸軍学校」であり、 \n通常リワマヒで「歩兵」といった場合には実働戦力として認定を受けた学生の事を指す。 \n入学時期等はある程度個人の自由とされているが義務教育と合わせて基礎的な軍事教練が行われてきた。 ",
                         "part_type": "part"
                       },
                       {
                         "title": "第一次歩兵強化策",
                         "description": "根源種族襲来による「銀の街防衛戦」の敗戦及び、 \n共和国参謀部による歩兵強化提言に基づき、リワマヒ政府は歩兵強化策を実施。 \nこれまで能力を問わず広く徴収した兵による部隊構成を行ってきたが、 \n選抜を行い経験・能力に優れた人間による学生歩兵部隊を構成する事となった。",
                         "part_type": "part"
                       },
                       {
                         "title": "現在の歩兵養成について",
                         "description": "現在は徴用制度ではなく、志願者を養成した上で体力・精神・知識等総合的に勘案し、\n適正のある者のみが正式にリワマヒ国軍として任官される。",
                         "part_type": "part"
                       },
                       {
                         "title": "特色",
                         "description": "にゃんにゃん共和国内での共同軍事演習では「正直まったく強くない」と酷評されるリワマヒ軍だが、 \nランク付けを行った際には、兵站部門に関してだけはトップクラスの評価を得ている。 \nこれは本来少ない兵員を効率よく戦力化しておくための苦肉の策ではあったが、 \n現在の時点でここまで力を入れた国が他に無かった為、特に際だった評価を得る事となった \nまた、夏は酷暑、冬は豪雪と実に極端な気候風土に対応するために \n糧食は高いカロリー量に設定されており、また味にうるさい国民が多い為、 \n品目と味には特に注意が払われ、品質と配布の管理には歴戦の勇士があてがわれ、 \n常に最高の状態になるよう細心の注意が払われている。 \n合同演習が行われ他国の兵士と食事を共にする機会では \n「演習中にフルコースを食べられるとは思わなかった」と言わしめるほどである",
                         "part_type": "part"
                       }
                     ],
                     "expanded": true
                   },
                   {
                     "title": "服装",
                     "description": "元々学生+歩兵が主軸であったため、平時は学生服、礼装及び出兵時は各種装備を取り付けた軍服にて活動を行う。 \n青を基調とした「マトイ」と呼ばれる長いコート状の上着を着用し、額に頭環をつけるのが正式な制服であるが、 \nこれらは南国で高温多湿のリワマヒでは暑いため、内勤の人間だけが着用している。 \n訓練中の学生の殆どは腹にサラシを巻き、ズボンのみ等の格好が愛好する。 \n絵ではセーラー服を着た男女が描かれているが、これは小笠原分校の為に技族が制服をデザインした際、 \nセーラー服が高温多湿のリワマヒの気候では案外過ごしやすいじゃないかと評判になり、 \n年齢の低めの学生に受けが良く、着用されるようになったためである。\nリワマヒは南国であり、国内及びその周辺の殆どが密林に覆われている為 \n演習で活動するときは緑の迷彩仕様の服装を着用している",
                     "part_type": "part",
                     "expanded": true
                   },
                   {
                     "title": "白兵戦技術",
                     "part_type": "group",
                     "children": [
                       {
                         "title": "バッドさん流筋肉トレーニング",
                         "description": "リワマヒ国に逗留しているバッドさんによる筋力トレーニングは、ほがらかに笑いながら重量屋台を曳かされるなど屋台のお手伝いにも見えるトレーニングとなっており、\n続けると足腰をはじめとした全身の筋力強化に格闘トレーニングの成績も上昇。おまけにバッドさんのコロッケも食べられるとあって、歩兵たちにとっても大人気である。\n",
                         "part_type": "part",
                         "expanded": true
                       },
                       {
                         "title": "白兵戦防御技術",
                         "part_type": "group",
                         "children": [
                           {
                             "title": "入り身術",
                             "description": "相手の構えや技に合わせて体を入れていく事で攻撃を反らす技術。リワマヒ国では低物理域対応訓練の技術を応用した入り身術をベースとして歩兵防御技術の一つとして構築されている。",
                             "part_type": "part"
                           },
                           {
                             "title": "打撃防御技術",
                             "description": "相手の打撃に合わせるタイミングで打撃を当てることで、相手の力を利用してダメージを増やす技術。\nこれは学生が多かったため、無理に筋力に頼るよりも相手の筋力を利用すればよいという考えのもと成熟された技術の一つである。",
                             "part_type": "part"
                           }
                         ],
                         "expanded": true
                       },
                       {
                         "title": "白兵戦攻撃技術",
                         "part_type": "group",
                         "children": [
                           {
                             "title": "受け流し格闘",
                             "description": "低物理域対応訓練の基礎技術である、受け流す技術は歩兵訓練カリキュラムにも応用されており、\n主に相手の打撃を受け流し投げたりいなす技術として白兵戦時の防御策の一端として兵士たちを守っている。",
                             "part_type": "part"
                           },
                           {
                             "title": "一般近接格闘術",
                             "description": "リワマヒ国の歩兵は養成課程の中で標準的な近接格闘術を学ぶ。\nこれは学生の健康増進や心身の鍛錬も兼ねており、むやみに格闘術を振るい喧嘩の原因にならぬよう指導員は心構えから教育をしている。",
                             "part_type": "part",
                             "expanded": true
                           }
                         ],
                         "expanded": true
                       },
                       {
                         "title": "観察と実践",
                         "description": "リワマヒ国流の白兵技術は、相手の動きに合わせて動く技術が多い。\nそのため、通常の格闘術以上に相手の動きをしっかりと観察し、それに合わせて身体を動かす。\n相手に呼吸を合わせることがポイントだ。",
                         "part_type": "part"
                       }
                     ],
                     "expanded": true
                   },
                   {
                     "title": "射撃戦技術",
                     "part_type": "group",
                     "children": [
                       {
                         "title": "通常射撃技術",
                         "description": "リワマヒ国の歩兵の射撃技術は良く狙い当てることにまず主軸が置かれる。これは標準装備のライフルの装弾数が少ない事にも起因するが、\n当たらない射撃練習よりも当たる射撃練習の方が達成感が増える為である。\n基礎の射撃が出来た後に射撃戦においての体の動かし方を学ぶ。",
                         "part_type": "part"
                       },
                       {
                         "title": "遮蔽物の利用",
                         "description": "射撃戦の基本は相手の射撃に身体をさらさないことである。\n戦場で棒立ちは危険、歩兵たちは地形や遮蔽物を利用して自分の体を守りながら射撃をする意識をたたき込まれるのだ。",
                         "part_type": "part"
                       },
                       {
                         "title": "射撃武器の状況に合わせた切り替え",
                         "description": "射撃戦においては相手との相対位置に合わせて的確な武器を選択する事が重要である。\n白兵距離に近い間合いにおいてはライフルは取り回しづらく、距離が離れている場合に拳銃はそもそも狙うことが困難だ。\n歩兵たちは装備に合わせて的確に武器を切り替えるよう柔軟に考えるのだ。",
                         "part_type": "part"
                       }
                     ],
                     "expanded": true
                   }
                 ],
                 "expanded": true
               }
             ],
             "created_at": "2017-08-15 11:35:57.130097",
             "description": null,
             "part_type": "group",
             "title": "緊急展開軍の戦闘技能について",
             "updated_at": "2017-08-15 11:35:57.130097",
             "expanded": true
           },
           {
             "children": [
               {
                 "children": [],
                 "created_at": "2017-08-15 11:14:51.197763",
                 "description": "元来のリワマヒ国軍では持ち込み装備以外はリワマヒ国軍標準装備を使用していたが、\nB世界では物資不足などが不足することが見られるため、同系統の武器でも問題なく使えるよう、\n追加慣熟訓練を行っている。",
                 "part_type": "part",
                 "title": "B世界での歩兵装備運用について",
                 "updated_at": "2017-08-15 11:14:51.197763"
               },
               {
                 "children": [
                   {
                     "children": [],
                     "created_at": "2017-08-15 11:14:51.205654",
                     "description": "リワマヒ国の歩兵銃については以下の通り。 \n全長 127.6cm 、銃身長 79.7cm 、重量 3.73kg 。装弾数は5発、 口径 6.5mm のライフル弾を \n初速 762m/s で打ち出す。 \n歩兵銃は遺跡街の西、宮城の北にあるリワマヒ砲兵工廠にて熟練の職工により \n一挺ずつ職人芸にて生産されていた。\n狩猟用モデルも生産されており、リワマヒ国民にとって「銃」と言えばまずこれを指す。",
                     "part_type": "part",
                     "title": "歩兵銃",
                     "updated_at": "2017-08-15 11:14:51.205654"
                   },
                   {
                     "children": [],
                     "created_at": "2017-08-15 11:14:51.213312",
                     "description": "全長 94.7cm 銃身長 31.5cm 重量 3.9kg 口径 9mm \n装弾数は 10発/20発/40発 から選択 \nこれまで連射機能の無い歩兵銃を愛用してきたリワマヒ陸軍だが、 \n共和国合同作戦などの増加から、共和国規格に合わせた機関銃を採用する事となった \n数種類の候補の中から丈夫で軽く、拳銃と弾薬を共有出来る当モデルが採用となった",
                     "part_type": "part",
                     "title": "短機関銃",
                     "updated_at": "2017-08-15 11:14:51.213312"
                   },
                   {
                     "children": [],
                     "created_at": "2017-08-15 11:14:51.220111",
                     "description": "全長 122.5cm 重量 4.31kg 口径 7.62mm 銃身長 62cm 銃口初速 830m/s 有効射程 500m 装弾数 10発 \n作動方式 ガス圧利用 軍隊で運用する上で、軽量で運搬性なども考慮に入れられたデザインは合理的である。 \n市街戦、密林戦におけるスナイパーの有効性を知ったリワマヒ国陸軍工廠がそのために作ったものであるため、 \n遠距離の狙撃能力よりも、市街(100から400m)での即射性を優先したつくりとなっている。 \n気温差が激しく湿度の高い環境で長期間使用することを前提とした銃であり、精度より耐久性に特化している。 \n一部のモデルには着剣装置が付属しており、銃剣を装着できる。 \nリワマヒ国では参謀本部からの情報により、夜戦を想定した暗視スコープを標準装備しているが、 \n現時点においてはいまだ単独でのミッションを達成するまでの精度を得るに至ってないのが実情である。 \nこれに対応する為、リワマヒ国では風や目標、着弾点の情報をスナイパーに報告する観測手を補助要員として就けることで、対応している。 \n観測手はこれら情報をスナイパーに伝え、2人1組で活動することでその能力を遺憾なく発揮している。 \nこれは、リワマヒ国の公立校である軍学校にての活動、冒険などでも必ずバディ制が導入されている事からも証明されているリワマヒ陸軍では、狙撃兵専門の教官を招聘し、今後も更なる訓練を重ねることで学生兵らの高い帰還率を維持する予定である\n",
                     "part_type": "part",
                     "title": "狙撃銃",
                     "updated_at": "2017-08-15 11:14:51.220111"
                   },
                   {
                     "children": [],
                     "created_at": "2017-08-15 11:14:51.228164",
                     "description": "刃渡り70cm前後、ベルトを使用して腰から吊るす。 \n軍刀といってはいるが、リワマヒにおいては密林の植物を払い通るための装備であり、 \n使い勝手から各個人の変更が許されており刃渡り30cm程度の鉈に持ち替えている者もいる\nその他装備\n出撃の際には、ベルト、弾体入れ、手榴弾入れ、肩掛け水筒、雑嚢、携帯シャベルケース等を所持する",
                     "part_type": "part",
                     "title": "軍刀・その他装備",
                     "updated_at": "2017-08-15 11:14:51.228164"
                   }
                 ],
                 "created_at": "2017-08-15 11:14:51.204811",
                 "description": null,
                 "part_type": "group",
                 "title": "リワマヒ国軍歩兵標準装備",
                 "updated_at": "2017-08-15 11:14:51.204811",
                 "expanded": true
               },
               {
                 "children": [],
                 "created_at": "2017-08-15 11:35:57.208272",
                 "description": "きゃりっじを始めとした航空機による緊急展開の際は予め用意された各種コンテナパックを搭載することで素早く発進可能としている。\nコンテナパックは任務用途に応じて各種用意されており、人道支援用パックなどは緊急展開と並行して陸路や海路輸送でも用いられるため、共通の規格のものを採用している。",
                 "part_type": "part",
                 "title": "緊急展開用各種コンテナパックについて",
                 "updated_at": "2017-08-15 11:35:57.208272"
               },
               {
                 "children": [],
                 "created_at": "2017-08-15 11:35:57.215495",
                 "description": "緊急展開軍において個人装備は重要な要素の一つである。\n緊急展開先においてどのような戦闘が想定されるのか、どのような地形・環境かの情報を元に最適な装備を選択することはもちろん、それらの装備をいついかなる状況でも問題なく使用出来るよう、日々の訓練を行っている。",
                 "part_type": "part",
                 "title": "緊急展開軍における歩兵個人戦闘装備の選択理念",
                 "updated_at": "2017-08-15 11:35:57.215495"
               }
             ],
             "created_at": "2017-08-15 11:35:57.182399",
             "description": null,
             "part_type": "group",
             "title": "緊急展開軍における装備選択理念",
             "updated_at": "2017-08-15 11:35:57.182399",
             "expanded": true
           }
         ],
         "created_at": "2017-08-15 11:35:57.08154",
         "description": null,
         "part_type": "group",
         "title": "緊急展開軍",
         "updated_at": "2017-08-15 11:35:57.08154",
         "expanded": false
       },
       {
         "title": "猫好き",
         "children": [
           {
             "title": "猫好きとは",
             "description": "猫好きとは何か。それはなるものではない、いつのまにか猫の魅力にめろめろになってしまったものがそう呼ばれるのである。",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "猫好きの宿命",
             "children": [
               {
                 "title": "猫に話しかけると赤ちゃん言葉になる",
                 "description": "猫が近くに寄ってきて「にゃーん」と鳴いたら\n「どしたの~~?ご飯でしゅか~?(デレデレ)」と返してしまうのが猫好き。\n「猫なで声」は、なでられている猫側の声なのでこれとは違う。",
                 "expanded": true,
                 "part_type": "part"
               },
               {
                 "title": "猫の肉球にふまれるのが幸せ",
                 "description": "猫の肉球はよいものである。ぷにぷにしてひんやり。\n寝ているとき顔を踏まれても 猫の肉球ならそれは猫好きにとってご褒美である。",
                 "part_type": "part"
               },
               {
                 "title": "猫と添い寝",
                 "description": "猫は眠るときくっついて眠るものである。\n冬場は暖かいが 夏場は暑い…暑いがそれは仕方がない\n猫との添い寝の幸せに比べたらささいな問題である。\nそうたとえ布団が毛だらけになろうとも。",
                 "expanded": true,
                 "part_type": "part"
               },
               {
                 "title": "猫写真フォルダー",
                 "description": "猫好きの写真フォルダーは猫の写真でいっぱいである。\n我が家の猫からご近所で出会った猫、さまざまであるがどんどん増える。",
                 "expanded": true,
                 "part_type": "part"
               },
               {
                 "title": "つい自分のうちの猫の話をしてしまう",
                 "description": "猫を飼っている猫好き同士が集まるとうちの猫かわいい自慢大会が始まる。\nしかしここで喧嘩にはならない。\nなぜならお互い「自分のうちの猫が一番可愛いがそっちが可愛いのもわかる…わかる猫かわいい…わかる」\nと思っているからである。",
                 "expanded": true,
                 "part_type": "part"
               },
               {
                 "title": "猫の声に敏感",
                 "description": "外出先で猫の鳴き声がするとつい目で探してしまう。\n子猫の「みーみー」言う声だと必死に探す。\n急いでるときは死活問題だが…子猫ならしかたない。",
                 "part_type": "part"
               },
               {
                 "title": "猫グッズ収集",
                 "description": "猫好きになるといつの間にか増えているのが猫グッズである。\nちょっとしたものでも猫柄を選んでしまうことがある。\nカレンダーを子猫がいっぱい写ってるやつにしてしまったり…",
                 "part_type": "part"
               }
             ],
             "expanded": true,
             "part_type": "group"
           },
           {
             "title": "猫にご挨拶(技術)",
             "children": [
               {
                 "title": "猫にご挨拶の効果",
                 "description": "ご近所の猫さんへのご挨拶は猫好きのたしなみである。\n散歩の途中で見かけた猫に警戒されない位置からそっとまばたきと声かけ。\n可能ならば指の匂いを嗅いでいただく。\n慣れてくればなでなでも許してもらえるかもしれない。まずは覚えてもらおう。",
                 "expanded": true,
                 "part_type": "part"
               }
             ],
             "expanded": true,
             "part_type": "group"
           },
           {
             "title": "猫なでテクニック(技術)",
             "children": [
               {
                 "title": "猫なでテクニックの効果",
                 "description": "猫が喜ぶ箇所を的確になでなでする技。猫によって好みが違うため喜ぶ箇所を見極める力も重要である。\n基本的には猫が自分であまり触ることが出来ない 背中や額、アゴの下などが喜ぶポイントだろう。\nうまく撫でることができれば猫からの好感度があがるぞ!",
                 "expanded": true,
                 "part_type": "part"
               }
             ],
             "expanded": true,
             "part_type": "group"
           },
           {
             "title": "猫ブラッシング(技術)",
             "children": [
               {
                 "title": "猫ブラッシングの効果",
                 "description": "猫をブラッシングすることで抜け毛を取り除き、毛並みをつやつやに保てる。\nまたスキンシップも兼ね、体調の変化などにも気付きやすくなる。\nブラッシングされて猫はご機嫌になる。",
                 "expanded": true,
                 "part_type": "part"
               }
             ],
             "expanded": true,
             "part_type": "group"
           },
           {
             "title": "猫の爪切り(技術)",
             "children": [
               {
                 "title": "猫の爪切りの効果",
                 "description": "室内で猫と同居している場合必須技術ともいえよう。\n猫が嫌がる暇を与えずさっと伸びてとがっている部分の爪を爪切りで切る。\nそうすることで家具や壁紙への爪とぎを減らしたり\n猫にひっかかれて怪我をすることや、猫の爪が割れて猫自身が痛い思いをすることが減らせる。",
                 "expanded": true,
                 "part_type": "part"
               }
             ],
             "expanded": true,
             "part_type": "group"
           }
         ],
         "expanded": false,
         "part_type": "group"
       },
       {
         "title": "長距離走の訓練",
         "children": [
           {
             "title": "筋力トレーニング",
             "children": [
               {
                 "title": "筋トレの重要性",
                 "description": "ランナーに太い筋肉は必要ないと考えられがちだが、長時間良いフォームを保つためには筋力トレーニングが必要不可欠である。",
                 "part_type": "part",
                 "expanded": true
               },
               {
                 "title": "怪我の予防",
                 "description": "走るのに適切な姿勢を保つ他、継続的に筋力トレーニングを行うことで基礎体力がつき、怪我の予防にもつながる。",
                 "part_type": "part",
                 "expanded": true
               },
               {
                 "title": "フロントランジ",
                 "description": "太腿、ハムストリングス、大殿筋を中心に鍛える。この際上体をまっすぐ保つことで、全身の筋力を強化できる。",
                 "part_type": "part",
                 "expanded": true
               },
               {
                 "title": "腹筋・背筋",
                 "description": "ゆっくりと行うことで体幹の筋肉が鍛えられ、適切な姿勢を保つことができるようになる。大きく息を吸って吐きながら行うこと。",
                 "part_type": "part",
                 "expanded": true
               },
               {
                 "title": " 腕立て伏せ",
                 "description": "腕をしっかりと振るために腕・肩の筋力を鍛える。きつくて続かない女性などは最初は膝をついた上状態で行っても良い。",
                 "part_type": "part",
                 "expanded": true
               }
             ],
             "expanded": true,
             "part_type": "group"
           },
           {
             "title": "トレーニング前の準備",
             "children": [
               {
                 "title": "準備運動の効果と重要性",
                 "description": "怪我を防ぐ、体をあたためる等の効果がある。トレーニングの効果にも差が出るため丁寧に行うこと。全身の筋肉を気持ちいいくらいの強度でよく伸ばし、ほぐす。",
                 "part_type": "part",
                 "expanded": true
               },
               {
                 "title": "良好なコンディションを保つ",
                 "description": "疲労を溜めないことがランナーには重要である。すなわち、睡眠時間を十分に取りトレーニング後は整理体操等をかかさず行うこと。",
                 "part_type": "part",
                 "expanded": true
               }
             ],
             "expanded": true,
             "part_type": "group"
           },
           {
             "title": "トレーニング方法",
             "children": [
               {
                 "title": "インターバル走",
                 "description": "数本の疾走区間の間に小休憩を挟む練習方。非常に効果が高いが疲労もたまるため、終わったらしっかりと休憩をとること。",
                 "part_type": "part",
                 "expanded": true
               },
               {
                 "title": "レペティション",
                 "description": "インターバル走より1本1本の強度を高め、休憩を長くとるトレーニング。効果としてはインターバルと同じ。",
                 "part_type": "part",
                 "expanded": true
               },
               {
                 "title": "ペース走",
                 "description": "一定のペースで走るトレーニング。トラックなど決まった距離を延々同じペースで刻むことで適切なペースを体に教え込む。",
                 "part_type": "part",
                 "expanded": true
               },
               {
                 "title": " ジョグ",
                 "description": "一キロ5分以上のペースでゆっくりと長い距離を走りこむ。もっとも手軽で一般的な練習方法。毎日継続するのが大事。",
                 "part_type": "part",
                 "expanded": true
               },
               {
                 "title": "ビルドアップ走",
                 "description": "最初はゆっくり、徐々にペースをあげていき、ラストでラップを刻みゴールするという練習方法。疲労の溜まり方もマイルドで効果が高い。",
                 "part_type": "part",
                 "expanded": true
               }
             ],
             "expanded": true,
             "part_type": "group"
           },
           {
             "title": "フォーム",
             "children": [
               {
                 "title": "正しいフォームの重要性について",
                 "description": "長距離を走る際正しいフォームを保つことはスピードを上げるだけでなく怪我の予防にも繋がり、疲労度にも大きく影響する。",
                 "part_type": "part",
                 "expanded": true
               },
               {
                 "title": " 正しい姿勢を保つ練習",
                 "description": "走る際は真上から頭を吊られているような感覚で少し顎を引き、背筋を伸ばし、腹筋にやや力をこめるイメージで。視線はまっすぐ前へ。",
                 "part_type": "part",
                 "expanded": true
               },
               {
                 "title": " 足の出し方",
                 "description": "走る際の足は一本の線の上を走るような感覚でまっすぐ前に出す。普段から線の上を走って感覚を掴むと良い。",
                 "part_type": "part",
                 "expanded": true
               },
               {
                 "title": "使う筋肉",
                 "description": "小さい筋肉(足首、すねなど)を酷使すると故障の元になる。太腿や尻などのなるべく大きな筋肉を使い、体幹を意識して体を動かすこと。",
                 "part_type": "part",
                 "expanded": true
               },
               {
                 "title": "腕の振り方",
                 "description": "小指と薬指を軽く握り、真後ろに引く。腕をしっかりと振ることで余計なエネルギーの流出を抑えることができる。",
                 "part_type": "part",
                 "expanded": true
               },
               {
                 "title": "呼吸の仕方",
                 "description": "ペースによって呼吸を変える。スローペースで走る時には4回吸って4回吐く。ミドルペースの際には基本の2回吸って2回吐く。更にスピードを上げる場合は2回吸って1回吐くと良い。",
                 "part_type": "part",
                 "expanded": true
               }
             ],
             "expanded": true,
             "part_type": "group"
           },
           {
             "title": "走る際気を付けること",
             "children": [
               {
                 "title": "ペース配分",
                 "description": "走る距離によってペース配分を考えながら走る。長距離を走る場合は10キロ過ぎあたりで気持ち良くなってペースがあがりがちだがぐっと堪えること。",
                 "part_type": "part",
                 "expanded": true
               },
               {
                 "title": "ランナーズハイ",
                 "description": "走ることによって脳内物質が出てテンションがあがり、疲労を感じにくくなる。しかし疲労は確実に蓄積するため、惑わされず冷静さとペースを保つことが必要となる。",
                 "part_type": "part",
                 "expanded": true
               },
               {
                 "title": "クールダウン",
                 "description": "長距離を走った後は筋肉がダメージを受けているため、ゆっくりと整理体操や軽いジョギングをして筋肉をほぐすこと。",
                 "part_type": "part",
                 "expanded": true
               }
             ],
             "expanded": true,
             "part_type": "group"
           },
           {
             "title": "道具",
             "children": [
               {
                 "title": "靴",
                 "description": "基本的に紐靴。履き比べて自分の足に合ったものを選ぶこと。また、長距離を走る前に履きならしておくのが望ましい。",
                 "part_type": "part",
                 "expanded": true
               },
               {
                 "title": "帽子",
                 "description": "つばの広いキャップが良い。風で飛ばないようなサイズのものを選ぶこと。太陽光をさえぎる他、汗が目に入るのを防ぐ。小雨の際にも役に立つ。",
                 "part_type": "part",
                 "expanded": true
               },
               {
                 "title": " ワセリン",
                 "description": "服と肌が触れる部分などに塗ることで長距離走った際の擦れを予防できる。下着と肌の境目あたりにも塗っておくと良い。",
                 "part_type": "part",
                 "expanded": true
               },
               {
                 "title": "動きやすい服",
                 "description": "気温に適したもの、また、肌に擦れても痛くない素材を選ぶこと。また、男性は下半身にスパッツ状のものをちゃくようすると息子が擦れにくい。",
                 "part_type": "part",
                 "expanded": true
               },
               {
                 "title": "女性用",
                 "part_type": "group",
                 "children": [
                   {
                     "title": " スポーツブラ",
                     "description": "女性は必須。ワイヤー入りの下着で長距離を走るのは厳禁である。すこしきつめのものを選ぶと胸の形が崩れにくい。",
                     "part_type": "part",
                     "expanded": true
                   }
                 ],
                 "expanded": true
               }
             ],
             "expanded": true,
             "part_type": "group"
           },
           {
             "title": "食事",
             "children": [
               {
                 "title": "走る前の食事",
                 "description": "穀物など炭水化物をしっかりととること。極端に炭水化物の量を増やして準備することをカーボローディングと言う。",
                 "part_type": "part",
                 "expanded": true
               },
               {
                 "title": "水分の取り方",
                 "description": "水分は少量をこまめに摂取することで脱水を防ぐことができる。汗で失われるナトリウムを補充できるものが良い。",
                 "part_type": "part",
                 "expanded": true
               },
               {
                 "title": "エイド",
                 "description": "30キロ以上の長距離を走ると体内の糖が不足しエネルギー不足に陥るため、水分と同じようにラムネやブドウ糖を途中でかじると良い。",
                 "part_type": "part",
                 "expanded": true
               }
             ],
             "expanded": true,
             "part_type": "group"
           }
         ],
         "expanded": false,
         "part_type": "group"
       }
     ],
     "expanded": true
   }
 ]