すっごい滑るよ! 秋山と亀田の比較
秋山ヌルヌル事件と亀田事件。
どのような共通点と相違点があるのか。

着目点 秋山ヌルヌル事件 亀田事件
まとめ動画
事件の象徴
http://www.soukai.com/P8032155/p.html FEG公式

http://www.tanteifile.com/newswatch/2007/10/13_01/
認定された反則 全身にクリーム(本当はローション)を塗布 投げ、サミング、頭突き、反則指南など
その他の疑惑 グローブの細工レフリー買収骨折偽装、証拠隠滅など グローブの細工リングを狭くする、マットを柔らかくするなど
当事者 秋山成勲 亀田大毅
関係者 梅木良則(レフリー)、谷川貞治(EP)、前田日明(SV)、セコンド全員など 亀田興毅亀田史郎協栄ジムなど
被害者 桜庭和志 内藤大助
舞台 一年で最も豪華な大会「K-1 PREMIUM 2006 Dynamite!!」のメインカード WBC世界フライ級タイトルマッチ
放送局 TBS TBS
TBSの姿勢 秋山を猛烈にプッシュ 亀田を猛烈にプッシュ
TBS実況 実況が秋山を応援 実況が亀田を応援
反則後の発言 <処分が下る前>
「昔から多汗症なんですよ」

<処分が下った後>
「乾燥肌のため、ルール違反とは知らずクリームを塗ってしまいました」
<セコンドの発言>
「『滑らせろ!』は、滑らせるようにローキックを放てと言う意味。」
「あれは闘争心の表れ」
「ヒジでエエから目に入れろ」は亀田用語。
ヒジを上げてしっかりガードして、目の位置を狙えいう意味。ソース
グローブ細工疑惑 グローブのロゴが存在しない。グローブが異常に膨れ上がり、掌から異常な物体が写真に写っている。メリケンサックなどの凶器が仕込んであったのではないかと疑われている
(詳しくは「異常グローブ問題」を参照)

試合中にグローブのロゴが剥がれた。グローブは正規の物ではなく、細工(金属片など)が施されていたのではないかと疑われている。また、レフリーが3度何らかの物体を拾っている映像が確認されている。
写真1 写真2 写真3 写真4 写真5 本物のメキシコ製レイジェス公式試合用グローブ

買収疑惑 梅木レフェリーを買収した疑惑が出ている。 これまでの試合でたびたびレフェリーや審判団を買収しているという疑惑が取りざたされている。特に亀田興毅VSランダエタは有名である。
また、これまでの対戦相手はかませ犬であったことが明らかとなった。
亀田。ついに明らかになった!対戦相手は雇われたボクサーだった
暴力団 警視庁データ流出事件によって、K-1の元代表である石井館長が暴力団関係者リストに載っていたことが判明。 暴力団との問題写真がフライデーに掲載された。(記事1記事2
前科 柔道時代に胴着に洗剤を染み込ませていた疑惑。
K-1の脱税で石井館長が逮捕され、現在服役中

・亀田兄弟は急所狙い、太もも打ち、レフリー買収などの常習犯の疑惑をもたれている。
場外乱闘
<協栄ジムの前科>
毒入りオレンジ事件
黒い霧事件

業務提携 2007年に協栄ワールドとK-1を主催するFEGが業務提携 2007年に協栄ワールドとK-1を主催するFEGが業務提携
パチンコ 大スポンサーがパチンコ会社のFIELDSである。その他のスポンサーは→こちら 大スポンサーがパチンコ会社の京楽である。その他のスポンサーは→こちら
NIKE NIKEが秋山のスポンサー。出場停止処分後にNIKEのCMにも出演 NIKEが亀田のスポンサー。NIKEのCMにも出演。
スポンサーの撤退
・秋山のスポンサーであった東京ニュース通信社が今後スポンサーをしないことを明言
・K-1 Dynamite!!のスポンサーであった日清食品が撤退
資生堂が秋山のCM起用中止
・現在ではオリンピア東洋ゴム工業などのごく一部を除いて、日本企業の多くがHERO'Sのリング広告スポンサーから撤退した。
10社あったすべての亀田スポンサーが撤退。
運営側の対応
FEGは秋山の反則を過失とした。処分を加えたのはネットで取り返しのつかないほどの大きな抗議が起きてからであった。FEGが過失と認定した論理的根拠は矛盾だらけであると指摘されている。過失と認定する根拠となる証拠VTRを隠し続けている
ボクシング協会は亀田の反則を故意と認定し、即座に制裁を加えた。
出場停止処分 無期限出場停止処分10ヶ月で復帰した。 亀田大毅→1年間
亀田史郎→セコンドライセンス無期限停止
亀田興毅→厳重注意
協栄ジムの金平桂一郎→クラブオーナーライセンスの3カ月停止
事件後のTBS 秋山事件の後、桜庭選手を傷つける捏造掲示板を作った。 亀田事件の後は内藤選手を応援するかのように掌を返した。
黄金のグローブ みのもんたが秋山に黄金のグローブをプレゼントした。 黄金のグローブをつけて試合をした。また、勝利者トロフィーのデザインが黄金のグローブだった。
みのもんた 試合前→秋山を猛烈にバックアップ。
試合後→秋山を支える姿勢を見せ、桜庭選手に対し「それ以上追求しないほうがよい」といった趣旨の発言をした。
セコンドの亀田父に全責任との結論
テレビ局 出場停止処分の会見以外はほとんど報道せず。 各テレビ局がいっせいに取り上げる。
視聴者の声 格闘技ファンが中心にバッシング 視聴者全体がバッシング
悪質性の度合い 「殺人未遂事件ではないか」と言われるほど悪質性が指摘されている。 選手生命に関わる恐れがあるとは言われているものの、殺人未遂事件とまでは言われていない。
犯行の計画性 事前にローションを用意し、グローブに細工を行い、レフェリーを買収し、子供たちを使ってリング下のボディチェックを逃れ、骨折を偽装してグローブの細工の証拠隠滅を行うという一連の計画を練っていたのではないかという疑惑をもたれている。 内藤選手いわく、亀田の反則の技術がすごいとのこと。
セコンドの発言 滑らせろー!滑らせるんだぞー!はい滑ったー! 投げろー!投げろー!
ヒジでええから目に入れろ。
玉打ってもかまへんから
髪の毛 特に変化なし。 頭を丸めた。
試合終了直後の態度 桜庭選手と抱き合うことも握手もせず。マイクパフォーマンスでも桜庭選手について触れず。 内藤選手と抱き合うこともせず握手もせず、無言で退場
被害者への謝罪 目を見て謝りたい」と謳いつつも全く謝罪する気配なし。 10/19に本人の自宅に出向き直接の謝罪。
けじめ 現在も故意であることを認めていない。証拠VTRを公開していない。 亀田興毅が記者会見にて反則を指示したことを認めた。
亀田史郎→トレーナーを辞職
視聴者からの評価 秋山を許す視聴者はほとんどいない。 亀田興毅の謝罪会見を評価する声が全体の約半数を占めた。
懸念 今後もなんの責任も取らず格闘家を続ける模様 亀田史郎→「亀田プロ」にて今後も亀田兄弟に影響力をもち続ける恐れ。
記事1 記事2
内部告発 事件後、内部告発者らしき人物があらわれる。数々の予言が大量に的中した。→内部告発? 内部告発者らしき人物が2ちゃんねるに現れる。真偽は不明→探偵ファイル
擁護者 谷川貞治、前田日明、セコンド全員、みのもんた、高須基一朗、格闘技通信、NIKE、韓国人の大多数SHIHO 高橋ジョージ、谷川貞治、アントニオ猪木、岡村隆史高須基仁、太田光
謝罪会見の様子 どす黒く日焼け 頭を丸める



※※※※※※アンケート※※※※※※

質問1:秋山ヌルヌル事件と亀田事件は似ていると思いますか?
選択肢 投票
非常に良く似ている (377)
結構似ている (363)
あまり似ていない (115)
全然似ていない (48)
質問2:秋山ヌルヌル事件と亀田事件のどちらのほうが悪質だと思いますか?
選択肢 投票
秋山ヌルヌル事件 (938)
亀田事件 (46)
甲乙つけがたい (148)
どちらも悪質ではない (5)

ご協力ありがとうございました。