※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


SHARP PC-1246DB/PC-1248DB(編集中)


関数・命令一覧



各命令の説明

(※・・・プログラムで実行可能/★・・・マニュアル操作で実行可能)

ASC
命令 : ASC ※★
書式 : ASC "文字"
     ASC 文字変数
説明 : ・文字や記号、数字などをキャラクタコードに変換する。
     ・文字が2文字以上指定された場合は、頭の文字だけがキャラクタコードに変換される。

命令 : BEEP ※★
書式 : BEEP 式
     (PC-1248DBのみ)
説明 : ・式の値で示す回数だけピー音を発生する。
      式の値は整数部のみ有効で9.999999999E99以下の整数。

命令 : CHR$ ※★''
書式 : CHR$ 式
説明 : ・ASC関数とは逆の関数で、数値を文字や記号、数字(これらを総称してキャラクタ:Characterという)に変換する。
      キャラクタと、それに対応するコードは「キャラクタ・コード表」を参照。

命令 : CLEAR ※★
書式 : CLEAR
説明 : ・DIM命令で確保していた配列変数をすべて消去(未定義の状態に)し、固定変数の内容もすべて消去する。
     ・電話番号メモや表のデータ(D0$(,)~D9$(,))は消去しない。電話番号メモや表のデータを消去するには、データベースモードで[<削除]キーを使って行う。

命令 : CONT ★
書式 : CONT
     (RUNモードのマニュアル操作で有効)
説明 : ・STOP命令や[BRK]キーによりプログラムが一時停止しているとき、実行を再開させる。

DIM
命令 : DIM ※★
書式 : (1)DIM 配列名(式)[,配列名(式)]
      DIM 配列名(式1,式2)[,配列名(式1,式2)]
     (2)DIM 配列名(式1)*式3[,配列名(式1)*式3]
      DIM 配列名(式1,式2)*式3[,配列名(式1,式2)*式3]
説明 : ・書式(2)は文字配列変数に限って使用できる。
     ・配列変数を使用するときは、事前に配列名と大きさを定義(宣言)し、メモリ(プログラム・データエリア)上に確保する。
     ・式1および式2は添字といわれ、配列の大きさ(配列要素数)と次元を指定する。
      添字が1つのものを一次元配列と呼び、2つのものを二次元配列と呼ぶ。
     ・添字は理論的に0~255までの整数値を使用することができるが、確保できる変数は、計算機のメモリの大きさと使用状況により異なる。
     ・文字配列変数の場合は、配列名の後に$マークをつける。
      文字配列変数は、文字数を1~80文字の範囲で式3により任意に指定できるが、「*式3」を省略したときは自動的に16文字が指定される。
     ・配列変数はCLEAR命令により消去する(未定義の状態にする)ことが出来る。
      RUN命令によりプログラムの実行を開始したときも、配列変数はすべて消去される(CLEAR命令参照)。
     ・一度定義した配列名を再定義することはできない。
      CLEAR命令で消去してから。再定義すること。

END
命令 : END ※
書式 : END
説明 : ・プログラムの実行を終了する。

命令 : FOR~NEXT ※
書式 : (1)FOR 数値変数=初期値 TO 最終値
     (2)FOR 数値変数=初期値 TO 最終値 STEP きざみ値
     NEXT 数値変数
説明 : ・数値変数(制御変数)が初期値から始まって、指定されたきざみ値分ずつ増加(または減少)していき、最終値よりも大きく(または小さく)なるまでFORとNEXTの間を繰り返し実行する(この繰り返し部分をFOR-NEXTループと呼ぶ)
      きざみ値が1のときはSTEP 1を省略することができる。
     ・FORとNEXTは必ず対にして使い、FORの後の数値変数とNEXTの後の数値変数は同一でなければならない。
     ・最終値、きざみ値は次の範囲内で指定することができる。
      -32768~32767(整数部のみ有効、きざみ値≠0)。
     ・FOR-NEXTループの中に、別のFOR-NEXTループを入れることができる。ただし、中に入るループは外のループ内に完全に入っていなければならない。したがって、ループが交差するような使い方はできない。(交差している場合はエラーになる)この条件でループを5段まで重ねて使う(深みをもたせる)ことができる。
     ・GOTO命令などでFOR-NEXTループの外からループ内に飛び込むことはできない。
     ・FOR-NEXTループから外に抜け出すプログラムでは、そのループは終了したことにならないので、深みエラーになることがある。

命令 : GOSUB~RETURN ※
書式 : (1)GOSUB 式
     (2)GOSUB "ラベル"
     RETURN
説明 : ・指定した行から始まるサブルーチンへプログラムの実行を移し、サブルーチン内のRETURN命令の実行でメインルーチンへ復帰する。
      メインルーチンへ復帰したときは、GOSUB命令があった次の命令を引き続き実行する。
     ・一連のプログラムで、繰り返し実行される計算や処理はこの命令を使うことにより、プログラムを短く、また簡略化することができる。
     ・サブルーチンからサブルーチンへ、また次のサブルーチンへ…というように重ねて使用する場合、最高10段まで重ねる(深みをもたせる)ことができる。

命令 : GOTO ※★
書式 : (1)GOTO 式
     (2)GOTO "ラベル"
説明 : ・プログラムの実行を指定した行(ライン)へ無条件に移す。またRUNモードでのマニュアル操作により、指定した行からプログラムの実行を開始させることができる。
      ・ジャンプ先は、GOTO命令に続いて行番号またはラベルを書くことによって指定する。
      ・指定した行番号またはラベルがない場合はエラー4になる。
      ・同じラベルが2個以上書かれているときは、行番号の小さいほうへジャンプする。
      ・GOTO命令によりプログラムの実行が開始されたとき、計算機は次の状態になる。
       (1)表示フォーマット(USING)指定は保持される。
       (2)待ち時間(WAIT)指定は保持される。
       (3)配列変数(DIM)指定は保持される。
       (4)FOR~NEXTスタックおよびGOTOスタックはクリアする。

命令 : IF~THEN ※
書式 : IF 条件式 THEN 実行文
     (IF 条件式 実行文)
説明 : ・条件を判断し、プログラムの流れ(実行の順番)を変える。IFに続く条件式が成立した場合は、THENに続く命令が実行される。条件式が成立しない場合は、THENに続く命令を無視して、次の行へ実行が移される。
      ・THENに続いて行番号またはラベルを書くと、その番号の行またはラベルが書かれている行へジャンプする。
      ・実行分として代入文を書くときは、必ずLET命令が必要。
      ・THEN命令を省略して実行分を書くことができるが、ジャンプを指示する場合はTHENあるいはGOTO命令が必要。
      ・IFに続く「A<5」などに式を条件式という。条件式は通常次のような形で書く。

      |条件式|判断内容|h
      |〇〇=×× |等しいかどうか判断 (〇〇は××に等しいか?) |
      |〇〇>×× |大きいかどうか判断 (〇〇は××より大きいか?)|
      |〇〇>=××|以上かどうか判断 (〇〇は××以上か?) |
      |〇〇<×× |小さいかどうか判断 (〇〇は××より小さいか?)|
      |〇〇<=××|以下かどうか判断 (〇〇は××以下か?) |
      |〇〇<>××|等しくないかどうか判断(〇〇は××等しくないか?)|

      (注)〇〇および××は式、変数を表す。(5*4、A、8など)
      ・【文字列の比較】
       条件式に文字列を用いることにより、文字列の比較・大小判断を行うことができる。
       数字、文字、記号の大小関係は、キャラクターコードの大小で判断する。キャラクタコードについては「キャラクタ・コード表」を参照。
       文字列の結合(加算)や、大小比較などの式の中で用いられる文字列の長さ(文字数)の合計は、80文字以内でなければならない。

命令 : INKEY$ ※
書式 : 文字変数=INKEY$
説明 : ・INKEY$命令が実行されたとき、いずれかのキーが押されていれば、その内容を読み込んで指定された文字変数に代入する。INKEY$命令は、通常、繰り返しループを作って、有効なキーが押されるのを待つ。
      INKEY$命令が実行されたときに、キーが押されていなければ変数にはヌル(空)が代入される。
     ・次に示すキー以外のキーが読み取られた場合、その内容はヌルになる。
      A~Z、スペース、=、0~9、.、+、/、*、-
     ・[BRK]キーはプログラムの一時停止(ブレーク)キーとして働く。
     ・INKEY$命令は[シフト]キーに続いて押したときに働く機能や入力される記号、[機能]キーに続いて押したときに働く機能などを読み込むことはできない。また、カナ文字を読み込むこともできない。

命令 : INPUT ※
書式 : (1)INPUT 変数[,変数]
     (2)INPUT "文字",変数[,"文字",変数]
     (3)INPUT "文字";変数[,"文字";変数]
説明 : ・プログラムの実行を一時停止し、マニュアル操作により数値や文字を変数に代入する。
     ・書式(1)では、計算機はデータ入力待ちのために?を表示してプログラムの実行を停止する。このとき、キーを操作してデータを入れ、[入力]キーを押せばデータが変数に代入されて、実行が再開される。
     ・変数が複数個指定されている場合は、その数だけデータ入力待ちが繰り返される。
     ・書式(2)では、データ入力待ちのとき""で囲まれた文字を入力ガイダンス(入力案内)として表示する。
     ・書式(3)では、書式(2)の場合と同じくデータ入力待ちのとき、入力ガイダンスが表示されますが、データを入力すると、そのデータは入力ガイダンスの後に続けて表示される。
     ・書式(1)、(2)、(3)は混合して用いることができる。
      INPUT命令で指定された文字変数には文字データを、数値変数には数値データを入力すること。


!!以下編集中!!

LEN
命令 : LEN ※★
書式 : LEN 文字列
説明 : ・

LET
命令 : LET ※★
書式 :
      (1)LET 数値変数=式
      (2)LET 文字変数=文字列
説明 : LETはIF文に続く以外は省略可

命令 : LIST ★
書式 :
      (1)LIST
      (2)LIST 式
      (3)LIST "ラベル"
      (PROモードのマニュアル操作で有効)
説明 : ・

MEM
命令 : MEM ※★
書式 : MEM
説明 : プログラム・データエリアの中で空いている部分のバイト数を表示

命令 : MID$ ※★
書式 : MID$(文字変数,式1,式2)
      MID$(”文字”,式1,式2)
説明 : 指定された文字列の中間の文字を取り出す

NEW
命令 : NEW ★
書式 : NEW
説明 : PROモードでプログラムおよび全変数をクリア

命令 : PRINT ※
書式 : (1)PRINT 式
       PRINT ”文字”
       PRINT 文字変数
      (2)PRINT 式,式
       PRINT ”文字”,”文字”
       PRINT 文字変数,文字変数
      (3)PRINT 式;式・・・
       PRINT ”文字”;”文字”・・・
       PRINT 文字変数;文字変数・・・
      ----------------------------
      PRINT=LPRINT ※★
        PRINT命令をLPRINT命令に指定
      PRINT=PRINT ※★
        PRINT→LPRINTを解除
説明 : 出力命令
      出力された内容を表示します

RUN
命令 : RUN ★
書式 : (1)RUN
      (2)RUN 式
      (3)RUN ”文字”
       RUN 文字変数
説明 : プログラム実行開始命令
      RUNモードで有効

命令 : STOP ※
書式 : STOP
説明 : プログラムの実行を停止する命令

命令 : STR$ ※★
書式 : STR$ 式
      (A$=STR$ A)
説明 : 数値を文字列に変換

命令 : USING ※★
書式 : (1)USING ”#・・・#,#・・・#^”
      (2)USING ”&&&・・・&&&&”
      (3)PRINT USING ”フォーマット”;・・・
      (4)USING
      (5)USING USING;・・・
説明 : フォーマット指定命令
      数値データ、文字データの出力フォーマット指定
      (4)(5)はフォーマット指定解除

VAL
命令 : VAL ※★
書式 : VAL ”文字”
      VAL 文字変数
説明 : 文字列を数値に変換

命令 : WAIT ※★
書式 : (1)WAIT 式
       (式の値は0~65535)
      (2)WAIT
説明 : 表示時間指定
      PRINT命令によるプログラム停止時間を指定
      (2)は指定を解除(停止時間無限)

命令 : LLIST ★
書式 : (1)LLIST
      (2)LLIST 式1,式2
説明 : リスト命令
      プリンタによりプログラムのリストアウトを行う命令

命令 : LPRINT ※
書式 :
      (1)LPRINT 式
        LPRINT ”文字”
        LPRINT 文字変数
      (2)LPRINT 式,式
        LPRINT ”文字”,”文字”
        LPRINT 文字変数,文字変数
      (3)LPRINT 式;式
        LPRINT ”文字”;”文字”
        LPRINT 文字変数;文字変数
説明 :出力命令
     指定された内容を印字します

命令 : CLOAD ★
書式 : (1)CLOAD
     (2)CLOAD ”ファイル名”
説明 : 転送命令
     プログラムをテープから計算機に転送する命令

命令 : CLOAD? ★
書式 : (1)CLOAD?
      (2)CLOAD? ”ファイル名”
説明 : 照合命令
      計算機内のプログラムとテープに記録されている内容との照合を行う命令

命令 : CSAVE ※★
書式 : (1)CSAVE
      (2)CSAVE ”ファイル名”
      (3)CSAVE ”ファイル名”,”パスワード”
      (4)CSAVE,”パスワード”
説明 : 記録命令
      プログラムをテープに記録する命令
      (3)(4)は、プログラムを秘密化する

  • 2019/05/02 作成
  • 2019/05/04 更新
  • 2019/05/06 更新


-
&trackback