※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


HP 200LX

旧 HEWLETT PACKARD 社の Palmtop PC

1.日本語化

 HP 200LXは英語版のMS-DOSをROMで搭載したPalmtop PCです。その為、そのままでは日本語を表示することができません。

 最盛期には、日本語化キットが市販され、それを購入し、導入することによってLXを日本語で活用することができました。
 しかし、2005年現在、LXは過去の機種となり、日本語化の情報も失われたかに見えましたが、幸いにも日本語化キットがフリーで公開されています。関係者の方々に感謝致します。


 ただし、日本語化キット・フリー版(JKIT-Free)には、日本語FEPと日本語エディタが含まれていません。市販版では、A.I.SoftのWXII+とメガソフトのMIFES-mini付きのものがありましたが、どちらも現在販売されていないようです。

 エディタに関しては、下記のようなものがあります。


 特にVZに関しては、VZ GOODIESシリーズが入手可能のようですので、#4 HP 200LX SPECIAL PACKAGE を入手すれば、LXでVzを使用する方法のみならず、D-Mailによるインターネットメール環境の作成方法まで知ることができます。

 それに対して、FEPの方は入手が難しく、WXIIIといいATOKといい、店頭在庫でしか手に入らないと思います。

 日本語化キットについてはここを読むと良く分かります。

2.MS-IMEの導入

 某巨大掲示板で201さんがWindows95付属のMS-IMEの組み込みに成功したので、日本語FEPに関して光が見えたような気がします。試してみた限りでは、Windows95のmsimeに関しては使用できました。ただし、多少の不具合はあります。

  1. MS-IMEの用意

 まず、Windows95からMS-IMEをとり出します。これは、ライセンス的に問題ないものを使ってください。下記をPCカードにFEPディレクトリを作成してコピーします。

MSIME.DIC
MSIMER.DIC
KKCFUNC.SYS
MSIME.SYS
MSIMED.SYS
MSIMEK.SYS

  1. DOSへの組み込み

 設定時の config.sys と autoexec.bat は以下のような感じです。

  • config.sys
rem device=a:\clkup31m.sys
buffers=5
files=20
lastdrive=j
device=A:\jkit\lxjex.sys
device=A:\jkit\lxemm.exe
device=A:\jkit\lxfont.exe
device=A:\jkit\lxdspd.exe
device=A:\jkit\lxansi.exe
device=A:\jkit\lxkkc.sys
DEVICE=A:\FEP\MSIMEK.SYS /A1
DEVICE=A:\FEP\MSIME.SYS /D*A:\FEP\MSIMER.DIC /C1 /N /A1 /DA:\FEP\MSIME.DIC

  • autoexec.bat
@echo off
prompt $p$g
path c:\;d:\;d:\bin;d:\dos
path A:\;%path%
path A:\jkit;%path%;
c:
assign e:=a:
d:\bin\cic100 /gen 1
lxdspd -us
call d:\bin\llras
lxdspd -jp
lxvm
sm

 MS-IMEの起動キーは、[ALT]+[~]なので、キー操作は、[SHIFT][ALT]+[=]になります。

  1. シスマネへの組み込み
 DOSに組み込んだだけではシスマネ上で使用できません。シスマネ上で使用するにはIME100.EXMを使用します。
 組み込みは、APNAME.LSTへ下記の一行を追加します。IME100.EXMはa:\jkitディレクトリにあるものとしています。

  • APNAME.LST
a:\jkit\ime100.exm,8100,IME100

 シスマネ上での起動は [ALT]+[0] になります。

  • 2005/10/10 219


-
&trackback