やばいぞ!!横浜FC@ ウィキ

選手紹介


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

  • 2.早川知伸・・・浦和時代にはフェイエノールトに移籍した小野伸二の後継者と呼ばれ、順天堂大学時代は10番をつけた司令塔だった。ところが怪我に泣き、数年で解雇され、横浜FCに移籍。最初は右SBを務める事が多かったが、05年からはCBでプレーする様になった。
浦和時代の様な、司令塔の様な動きはもうできないけど、スペースを埋めるカバーリングの上手さ、副キャプテンを務めた事もある冷静なキャプテンシーが持ち味。

  • 4.和田 拓三・・・今期清水より横浜FC加入。サイドバックが手薄な横浜FCにおいて非常に守備で安定感を見せる事のできる選手。
まだ横浜FCでは2戦しかおこなっていないが、左右どちらのSBも
こなす器用な部分は、高木監督の頭の中では計算できる選手であるとも言える。


  • 10.内田 智也・・・元U-19日本代表候補。高卒で横浜FCに入団し、今では横浜FCでは最も在籍年数の長い選手になった。
運動量とパスと飛び出しに長ける横浜FC期待の10番。
元来はボランチの選手であるが、2列目もこなし、昨年からは
高木監督の意向もありサイドまでこなす様になった。
ミドルシュートも結構威力がある。
モットーは「努力の矢、成功の的を外さず」

  • 11.カズ・・・キングカズ、三浦知良。もはや説明の必要がない日本のストライカー

  • 12.滝澤 邦彦・・・名古屋に所属していた際には、当時のベルデニック監督から
「レアル・マドリードでもプレーできる」とまで言わしめた左サイドのスペシャリスト。
その後、神戸・市原に所属するが活躍できずに05年末に戦力外通告を受ける。
横浜FCには06年6月に練習生から本契約に至る。
昨年夏に行われた三ツ沢での鳥栖では、ファーストタッチから左サイドを駆け上がり
一人でフィニッシュまで持ち込み、復活を成し遂げた選手。

  • 13.鄭 容臺・・・名古屋生まれの韓国人。一時ポハンでプレーした後名古屋に加入するも出場機会がなく、セレッソや川崎等にレンタル移籍を繰り返したが、05年で解雇。
06年足達前監督がCBに据える為に呼び寄せた選手。持ち味は強い闘志と、その気持ちがこもった激しいプレッシャー。当たりに強くボール奪取に優れる。
山口が中盤の底で丁寧にかつ巧妙にスペースを消す動きならば、
彼はマンマークで相手を自由にさせない役割をこなす選手である

  • 19.難波 宏明・・・高卒ルーキーでヴィッセル神戸に入団するも直ぐに解雇されてしまう。
その後栃木SCなどを経て、流通経済大に入学。昨年は関東リーグのMVPを獲得したFW。
その06年は、横浜FCの強化指定選手として9月の仙台戦で横浜FCデビューを飾ると共に、ゴールを決めて強烈な風貌と印象をサポーターに残した。

  • 20.玉乃 淳・・・東京Vジュニアユース時代から頭角を現し、若くしてアトレチコマドリードユースに所属する。しかし、アトレチコのBチームでは外国人選手に出場制限がある為、
東京Vユースに復帰する事になった。その後J1でも02年から出場するが大きなインパクトを残せないまま、チームの降格と同じくして徳島にレンタル移籍。
徳島では中心選手になったが、レンタル元の東京Vは戦力外通告をし、今年横浜FC加入。
鋭いドリブル、長短織り交ぜたパス、そして強い自我はJ1で戦えるだけの素質を持っていると言えるだろう。

  • 21.菅野 孝憲・・・ヴェルディユース出身のGK。当時、ヴェルディに上がる話もあったが身長が低い事を理由に、トップチームに昇格できなかったのは有名な話。
横浜FCに加入するとそのシーズン半ばからスタメンが定位置になる。
鋭い反射神経と、図太い精神力が売り。彼が後ろで締まるからチーム全体に安定感がもたらされ、彼のセーブで勝ってきた試合は数え切れない。。
また、ちょっと変わったキャラではあるが、
彼のGKに対するコメントはその研究の熱心さも伺える。
今や横浜FCで日本代表に一番近い男。

  • 27.中島 崇典・・・高校卒業と同時に湘南に入団するも2年で解雇され、04年横浜FC加入。
左SBが主戦場。攻撃面では突破からの鋭いクロスと、ロングボールが魅力だが、守備では安定感を欠く試合もあり、06年小林・07年和田と常にこのポジションにはライバルが加入してくる。
お惚けキャラでサポーターからの人気も高い。


  • ブーやん・・・高木琢也 言わずと知れた日本代表FWのアジアの大砲。
国見高校からサンフレッチェ広島、ヴェルディ川崎に移籍、現役引退後は大学やJ2のコーチを経験、2006年突然に監督の声がかかる。
高校時代から高木ノートという作戦ノートでサッカーを学ぶ努力家であり今後日本代表監督に最も近い日本人と評判だ。
自身はマンUのサッカーが好みである、海外のサッカーを見学に行っている。