※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

このページは?

自称天体写真家・宮城隆史または下地隆史こと北畑道雄氏による「星ナビ」表紙他の天体画像の盗作問題についてまとめたページです。

What's New?


事件の経緯

2009年9月5日

9月5日発売の「星ナビ」10月号表紙に、宮城氏を含む3名が杭州と喜界島で撮影したという7月22日皆既日食の素晴らしい写真が掲載される
あまりにも素晴らしすぎるクオリティだが、離れた2箇所で撮影した画像を合成したのなら、コロナや背景の星の位置がずれてしまうのが普通では?との疑問が浮上

9月6日

ある 2ch 住人が「例えばこの画像と宮城氏の画像を比べると背景の星の位置が違うはず」と、チェコの研究者・天体写真家 Druckmuller 氏がマーシャル諸島で撮った画像を提示。しかし重ねてみると 完全に一致 することが判明! → 盗作検証画像ページへ
「これは Druckmuller 氏の画像の盗作では?」との疑いが浮上
Tse2009e_500mm_mid.png
2ch 住人の調査により、宮城氏が撮影したとしている2006年3月29日アフリカ・中央アジア皆既日食の画像 (1, 2) も同じ Druckmuller 氏の画像の盗作であることが判明(ただし天地を逆にして盗用している)。 → 盗作検証画像ページへ
Tse2006tc_h500_ine06.png
この画像は「星ナビ」2008年6月号の表紙をはじめ、数多くの web サイトで「宮城氏撮影」として使用されている
星ナビ2008年6月号
近畿日本ツーリスト
ゆかしメディア
奄美の情熱情報誌ホライゾン

これらの検証画像がスレに投下されると同時に、盗作を否定するコピペや 2ch 住人をからかうクマAAが大量にスレに貼られるようになる

この件について、「星ナビ」発行元の(株)アストロアーツに数多くの問い合わせがされる

ホームズ彗星など、他の多くの「宮城氏撮影」の天体画像についても海外のサイトから画像を盗作していることが次々に判明、2ch で暴露される → 盗作検証画像ページへ


※ これ以降の経緯については以下をご覧ください。
  • 事件の経緯 - 発覚・検証篇
    • 「星ナビ」2009年10月号表紙に盗作
    • 盗作元 (Druckmuller 氏) が判明
    • 近畿日本ツーリスト他にも盗作掲載が判明
    • 「星ナビ」2008年6月号表紙も盗作
    • ビクセン情報誌「So-Ten-Ken」にも盗作疑惑
    • 沖縄のプロバイダからまとめサイト荒らし
    • 「星ナビ」に宮城氏の謝罪文
    • 朝日新聞・沖縄タイムスに記事掲載
    • アストロアーツギャラリーにも盗作
    • 「天文ガイド」2008年10月号表紙も盗作
    • 「天文年鑑」2009年版表紙も盗作
    • 「星ナビ」に検証記事
    • 過去の「星ナビ」やアストロアーツ書籍にも盗作
    • 「宮城氏撮影」のマックノート彗星もほぼすべて盗作、「星ナビ」「天文ガイド」「天文年鑑」「天界」に掲載
    • ホームズ彗星も盗作
    • 「100点前後の盗作が存在」と自白
    • 水星日面通過も盗作+合成
    • ビクセン「So-Ten-Ken」の盗作が正式に確認

  • 事件の経緯 - 本人呼び出し篇
    • アストロアーツ、宮城氏を呼び出して事情聴取
    • 郵便局・近ツー共同企画の「日食フレーム切手」にも盗作
    • インプレス「デジタルカメラマガジン」2009年7月号にも盗作
    • 学研「CAPA」2009年9月号にも盗作
    • 「星ナビ」検証記事第2弾
    • 「天文ガイド」、初めて「お詫び」を掲載
    • 南日本新聞に記事掲載。2009年元日付の同紙にも盗作
    • 「星ナビ」検証記事第3弾
    • 南海日日新聞に記事掲載。宮城氏本人の謝罪文を受け取った
    • 奄美大島情報誌「ホライゾン」編集者ブログにコメント、本人の謝罪文掲載
    • JPS 田沼武能会長が宮城氏問題についてコメントを発表

  • 事件の経緯 - 訴訟篇  随時更新中
    • 「星ナビ」のアストロアーツが3月上旬に宮城氏を相手取り損害賠償訴訟を起こすことを発表。また、「宮城隆史」「下地隆史」が偽名であること、彼の実年齢が42歳であることを公表。
    • アストロアーツが訴訟を起こすも、宮城氏は訴状を受け取らず逃亡。公示送達となり、6月18日に東京地裁で第一回口頭弁論が開かれる。
    • 宮城氏が公判を欠席したまま、7月9日に判決。宮城氏に対し損害賠償178万円の支払いが命じられた。
    • 判決後も宮城氏は行方不明。しかし 2ch 宮城スレでは宮城氏本人と思われる人物による荒らしが毎日続いている。
    • アストロアーツ web ページに事件のまとめが掲載される。 ← いまここ



宮城隆史(みやぎたかふみ)氏とは?

  • 沖縄県在住の自称天体写真家
  • 本名は 「北畑道雄」 (きたはたみちお)。「宮城隆史」という氏名は 偽名 。また、両親の事情によって 旧姓「下地隆史」 から「宮城」に改姓したと自称していたが、 これも嘘
  • 日本写真協会 (PSJ) 正会員(という表記を提供写真のクレジットに入れさせたがる)
  • 「天文ガイド」誌上で早くから天体写真の投稿を始め「天才天文少年」ともてはやされるが、年を経ても自称年齢が増えないために経歴のつじつまが合わない点を指摘されている(2009年現在の実年齢は 42歳 であることが判明。)
  • 天体と地上の風景を不自然に合成したような作風の写真が多いことで以前から有名だったが、本人は「1ショットで撮った」と主張して合成を否定することが多い → 合成写真の例ページへ
  • 2009年 JPS 展において「黒い太陽」と題する3枚組の日食写真を出展して銅賞を獲得するが、彼の年齢詐称を指摘する声があり、入賞取り消しとなる。(宮城氏本人と思われる人物は 2ch 上で、取り消しについて「JPS 側が私の個人情報を漏らしたために出展作品を辞退させてもらった」という不可解な説明をしている。)

注:このまとめページでは、今後も便宜上の通称として「宮城隆史」の呼称を用います。








ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。