新納  おおすげえ。

宇田  始まるかな?
    始まりましたね。

新納  すげえ!

宇田  すげえ。

新納  こんな扱いは初めてだね。

宇田  ということで、皆さん、こんにちは。
    えーとー、TGS会場からライブで送る、『セブンスドラゴン』最新情報。
    広報の宇田と、

新納  ディレクターの新納です!

宇田  が、お送りいたします。よろしくお願いいたしまーす。

新納  よろしくお願いします。

宇田  たった今、『セブンスドラゴン』TGSイベント、開催されました。
    で、こちらではですね、
    そこのライブの状況に、イベントの状況にですね、突っ込みを入れつつ、
    皆様からのお便りをお読みできればと思っております。
    で、お便りを読んでいる途中でもですね、
    イベントの様子にツッコミを入れたりすることがあって、
    中断したりとかする時もあるかもしれませんが、その場合はちょっとご了承下さい。
    また、もし漏れてしまった質問に関しては、必ず後日お答えするという形で。

新納  そうですね。はい。

宇田  はい。大丈夫でしょうか。

新納  はい。

宇田  はい。
    ステージに今、…何だ?(笑)『セブンスドラゴン』の紹介が行われているので、

新納  すげー緊張する。

宇田  (笑)ね。こんなの初めてなんでちょっと、超緊張します。
    じゃあ、ちょっと今、
    『セブンスドラゴン』の情報をTGSの会場で皆さんにご説明してる間に、ま、
    ユーザーの皆さんは『セブンスドラゴン』に関してご存知の方も多いかと思うので、
    じゃあ今のタイミングからちょっと、質問読んでいきましょうか。

新納  あ、そうですね。はい。ボチボチと。

宇田  ボチボチと。

新納・宇田  はい。読んでいきましょう。

宇田  はーい。じゃあまず、お名前「タタミマン」さんから。質問のメッセージ。
    「フロワロってどんな匂いがするんですか?」

新納  なんだそれ(笑)。えと、えーとー、何だろな。多分ね、結構近いんだけど、
    畳とね、ウーロン茶とね、ハチミツの味だと思う。

宇田  (笑)畳と、ウーロン茶と、

新納  ハチミツ。

宇田  ハチミツ。

新納  の匂い。

宇田  それはすごい匂いですね。

新納  すごい匂いですね。

宇田  かなりの匂いですね。

新納  そんなでもイメージ。真面目な話。

宇田  なんだ、
    じゃ、ちょっと、あの、何だろ、生、生、生っぽいほんとになんか生物っぽい、

新納  いや違うんだよ違うんだよ、
    近所のカラオケ屋でね、畳の味がするジンジャエールがあってですね、

宇田  (笑)

新納  それのイメージ。

宇田  なんだそれ(笑)。よくわかんね。

新納  畳くさいんですよそこの飲み物、何でもかんでも。はい。

宇田  わかりました(笑)。はい。あ、今ステージにイソッチさんが出てきましたね。

新納  すごい向こうはいいですねなんかね。

宇田  華やかでね。

新納  華やかですね。

宇田  ほんとに僕ら、かなりバックステージのね、こう片隅でね。

新納  男しかいねえよね(笑)。

宇田  そう、三人でね、行っているという。

新納  男祭りだ!

宇田  男祭りでございます。

新納  はい。

宇田  お、あと…誰だ? ステージに誰が出てくんだ? あ、小玉さん。

小玉(ステージ)  こんにちはー!

新納  こんにちはー!

宇田  小玉さんがね、こんにちはーって、出て来ましたね。はい。

新納  はい。

宇田  小玉さんが女史って、『セブンスドラゴン』の女史が、
    小玉女史が今、説明をしております。
    じゃあ、質問いきましょうか、次。
    あー、何すか何すか…映像。
    「(チャット)小玉さん声が男前」男前ですねー。かなり男前なんで。
    この前もね、酒飲んでたらね、「私の酒が飲めないのか」と。

新納  怒られましたね。

宇田  怒られましたね、ほんとに。

新納  いや、その後にね、「でもまあいいよ」みたいなね。

宇田  (笑)そうそう。なんかねこう、緩急つけたね、ドッキリ感がね、たまらないですね。

新納  たまらないですね。

宇田  はい。じゃあ、えーと…

??  「(チャット)このチャットは見ながらやってたんですか」

宇田  ああ、チャット見ながらやってまーす。はい。

新納  はい。見てますよ。

宇田  はい、次。じゃあゲーム内容の質問で。
    『セブンスドラゴン』の開発が順調で、あ、すいません。お名前タクー…ククーさん。
    「こんにちは。『セブンスドラゴン』の開発が順調で何よりです」

新納  順調…うんまあ順調だね。

宇田  順調なんだろ?

新納  はい大丈夫よ?(笑)

宇田  (笑)

新納  大丈夫よ?

宇田  「さて、質問なのですが、
     フィールドグラフィックで、特に力を入れた所などありますか?
     綺麗な場所がたくさん登場すればいいなーと思っております」

新納  ああー。フィールド、フィールドっていうかマップで言うならば、建物のですね、中?
    インドアって言われるやつ? が、結構ね、凝り凝りですね。

宇田  ほー、凝り凝り。

新納  うん。
    なんかその、マニアが、うちのその、アートリーダーがですね、
    インドアマニアなんで、小物とか描くのが超好きなんで、建物の中とか、
    建築物とかが、今回は多分売りになるんじゃないかなーっていう気がしてます。はい。

宇田  あー、なるほど。じゃあ建築物、建物の中に入って探索して欲しいと。

新納  あのね、この時代の鍋はこういうやつとかってことをね、やるんだよ。

宇田  へぇー。あの、中世の時代の鍋とかを。

新納  中世っていうかね、微妙な時代のね。

宇田  微妙な時代(笑)。

新納  時代の物を持ってきて、この時代の物は置けるはずだ、みたいなね。やったり。

宇田  へぇー。

新納  うん。
    なかなか、その辺は見て、各国、いろんな風土に合わせて、インドア作ってるんで、
    はい。是非、見てください。

宇田  あ、へー、全然、国によって変わるんだ。

新納  はい。

宇田  なるほど。それは楽しみですね。じゃちょっと、期待してます。

新納  はい。

宇田  はい。じゃ、次。ミナミさんからのお便りです。
    「こんにちは。
     最近、キャラの絵を眺めながらパーティ構成を考える日が続いています。
     そこで質問なのですが、
     『セブンスドラゴン』ではパーティ構成の自由度ってどんな感じに
     なってるんでしょうか?
     大抵のパーティならクリアできるようになっているのか、
     それとも特定の職業必須なボスがいたりするのか。
     個人的には前者の方が好きなんですけど、これだけキャラが魅力的だと、
     入れ替えプレイもありかなーとか思ってしまったり。
     というわけでその話を聞かせてください」

新納  あー。パーティ構成の話。

宇田  パーティ構成ですね。

新納  えーと…
    まあ基本的にはどういうキャラでもいけ…いやー、まあ…まあ、バランス良ければ、
    アタッカー一人…アタッカー二人か。二人と、
    あと回復系と補助系みたいな風になってれば、クリアはできるんじゃないすかね。

宇田  なるほどなるほど。

新納  一応ね、プリンセス四人旅とかしたいって人が多いんで、
    プリンセス四人はできるようにしようかなー、っていう風に考えてます。

宇田  (笑)なるほど。それ考えちゃうんだ。

新納  考えちゃう。

宇田  なるほど。

新納  でも多分一人がね、すごいね、撃たれ放題みたいな感じになる気がするけどね。

宇田  なるほど(笑)。

新納  はい。鞭がね、後衛からでもダメージいくんですよ。だから、なんかこう、
    一人が人身御供になってガード固めて、
    残り三人が、とかってやれば、いけんじゃないすかね。

宇田  なるほど。

新納  はい。

宇田  今ステージの方では、例のインプレッションムービーが流れてますけど、
    これね、大変だったよね。これね。

新納  大変でしたよね。
    これなんか、別にその、みんなゲームに関係にしてると思ってると思うんですけど、
    ゲーム関係ないですからね。

宇田  (笑)そうだね。

新納  基本的にゲームの素材を渡して、なんか一本作ってくださいよって、
    素材もなんも無いけど、なんかこう、なんて言うんですかね、
    動画一本作ってみようよ、みたいな話を小玉さんがしたんで、
    じゃあなんかやろうか、っていって作ったんで。

宇田  そうですね。

新納  どちらかというと単品の作品ですかね。

宇田  ほうほう。
    「(チャット)ムービー見たい」
    あ、ありがとうございます。あー、すげー、ありがとうございます。
    ムービー、今上がってますよね。公式に。

新納  公式ページの方に。あのねー、俺高画質版を上げたいんですよ。

宇田  あー。

新納  せっかくこう、綺麗な映像なのにねー、それがもったいないなと思って。

宇田  そうですねー。
    何Mぐらいまでだったら皆さん、ダウンロードしてもOKって言いますかね。250とか。

新納  100Mぐらいいいじゃん別に。

宇田  100Mとか250とかでも落としますか皆さん。
    あ、「(チャット)ムービー好き」ありがとうございます。
    「(チャット)なんぼでも構わんです」おー、「(チャット)100Mでも落とすよ」

新納  あとはセガさんだな(笑)。

宇田  あとはセガさんのじゃあ、サーバー破壊する勢いで。

新納  はい。

宇田  はい。
    今何名ぐらい閲覧してますか? ...結構見てますね、ありがとうございます。
    20名弱、ちょいぐらい。すばらしいですね、ありがとうございます。

新納  ありがとうございます。

宇田  じゃあ、えーとー…今なんだ? 今ステージでは、

新納  あ、出たよあの、「そんな... こんなRPGが欲しかった」発言。
    俺じゃないからねこれ考えたの!

宇田  (笑)そうね。

新納  気持ちは分かる。

宇田  気持ちは分かる。

新納  気持ちは伝わったんだけど、まあうん。恥ずかしいですよ。

宇田  恥ずかしいね。うん。

新納  はい。

宇田  印鑑まで押されちゃって(笑)。

新納  印鑑まで押されてね(笑)。俺の大事な印鑑を。

宇田  あなたもビジネスマンですからそんなこともあります。

新納  はい。

宇田  はい。次。えーとー、お名前匿名希望さん。
    「ゲームショウで試遊させていただきました。予想以上のボリュームで大満足でした」

新納  ありがとうございます。

宇田  「街の人との会話が面白くて楽しかったです。ゲームショウネタが多くて驚きました」

新納  あれね、新人の子が書いてる。

宇田  あ、新人の子が。

新納  なかなかいい文章書くんで、あの、あ、女の子なんだけど、是非、本編のイベントの方も
    楽しみにしてもらえればと思います。

宇田  君の目の前に座ってるあの子?

新納  いや、違う。

宇田  あ、違うんだ(笑)。

新納  はははは。

宇田  失礼しました。はい。えーと。
    「昔のRPGが懐かしく、無駄が無い作りを感じ、期待以上でした。
    特に気に入ったのが、マップなどの画面やステータス画面のデザインの良さです。
    色、柄を使って華やかなのに目に優しい。これは女性的なセンスだ、と」

新納  あー、なるほど。

宇田  「女性スタッフがデザインしたに違いないと思ったのですが、
     小玉プロデューサーのセンスでしょうか。
     ちなみに私も女です」と。

新納  あー、なるほど。

宇田  「良い意味で少女漫画風と言いますか、
     女性ユーザーが気にしそうな雰囲気を感じました。
     ドットのちびキャラ、戦闘画面のちびキャラもかわいらしく、
     小玉プロデューサーのコラムでの発言が伝わってくる作品でした。
     と、熱弁して全く的外れだったら、優秀な男性スタッフ、
     新納ディレクターのセンスが素晴らしいのだと思います。
     外れてたらスルーしてください」と。

新納  はい。

宇田  「開発状況は62パーセントとのことですが、引き続き開発頑張ってください」
    ということです。

新納  はい。

宇田  はい。どうですか?

新納  えと、もう、ぶっちゃけた話をするとですね、女性デザイナーです。

宇田  あ、女性デザイナー。

新納  で、あの、まあ、例の『前のRPG』から引き続きやっていただいている状況で、
    ま、それは改めて場を設けて説明したいと思いたいんですけども、えと、
    元々自分がですね、女性っぽいんですよデザインラインが。元々自分のね。

宇田  はいはい、そうですね。

新納  なんで、彼女と一緒にいつも、「こういうのいこうよ」っていうと、女性っぽくなる。
    で、小玉さんも、そういうの好きなんで、今回は一発で、「あ、これでいきましょう」
    みたいな感じになってます。
    だからちょっとね、男の人からすると、ちょっとくっきりさが足りないとかね、
    コントラストが甘いとかって言われることもあるんだけど、
    なんか自分は柔らかいゲームのデザインの方が好きだなーっていう風に、
    うん、思ってます。はい。

宇田  その方が見やすいですしね。

新納  うん。ちなみにあの、デザイン三名いるんですけど、全員女性です。

宇田  全員女性(笑)。大変だね(笑)。

新納  大変ですけどね。はい。言っていいのかなこれ!

宇田  (笑)

新納  これ言っていいのかな!

宇田  まあいいや、はいはい。はーい、はいはい。
    今どんな感じですか、皆さんのチャットの環境。
    えーとー、ハーレーさん。「(チャット)『世界樹』と同じだ」やべ、言っちゃった。
    はいはい。
    えーとー? えーとー、
    「(チャット)キャラデザで買ったユーザーは涙目なゲームバランスなんですか?」
    っていう。

新納  あー、涙目(笑)。

宇田  (笑)

新納  あー、分かんないけど、でも、RPGってほら、頑張れば普通にクリアできるし、
    今回のゲームショウバージョンもむずいって言われてますけど、
    多分三回やったら楽だと思うんですよ。
    だからそういう感じになるかなっていう。

宇田  なるほど。

新納  コツを覚えれば別に大丈夫。
    まあ、また例によって隠しボスとかはね、死ぬんじゃないかなと思うけど。
    それ以外は。

宇田  なるほど。

新納  はい。
    なんか突っ込まれてる(笑)。
    なんでプリンセスがいるのにプリンスがいないのかって話。

宇田  (笑)なんでいないの?

新納  いらないよ。

宇田  (笑)いらない。いらない、はいはいはい。いらないすね。はいはい、はい。
    じゃあ次。お名前ベンチャンさん。えーと、
    「完成を待ち望んでいる主婦ゲーマーです。
     質問ですが、うちは家族みんなでゲームをするのですが、
     セーブデータ数はいくつになるのでしょうか?
     一つだと、ゲームをする人数分ソフトが必要になり、
     家計を圧迫するので、複数セーブできるように祈ってまーす」

新納  (笑)すいません、一つです!

宇田  (笑)きたこれ!

新納  でもねー、容量が多いんですよ。今回フロワロの分布状況を全部セーブするんで、
    また例によってねー、トリッキーなセーブデータなんですよ。

宇田  なるほど。

新納  で、データが多いんで、ちょっと申し訳ないけども、一つになってます。
    あと、これ以上SRAMサイズを増やすとですね、実は、
    今使ってるのがEEPROMっていう、速い、しかも寿命が長いROMなんですけども、
    その上の物になってしまうとですね、すごく遅くなってしまうんですよセーブが。
    もう3倍ぐらい遅いです。
    なんで、ちょっとそれをやるんだったら、
    今の領域で頑張ろうよってことが今プログラマと僕の見解でやってます。

宇田  快適なゲームの、一つしかないセーブ。
    もうフラ…何、どういうこと?

新納  あ、「(チャット)フラッシュにしよう」って。
    フラッシュねー、うーん、フラッシュはでも遅くてねー、俺嫌いなんだよね。

宇田  あーでも快適じゃないからねフラッシュ。

新納  すいません、それはじゃあ、次のゲームがあったら検討します。

宇田  (笑)はい、はーい、了解でーす。はい次。えーとー…、
    何?(笑)「(チャット)ふっかつのじゅもんで」(笑)ふっかつのじゅもんで(笑)

新納  何文字だ!

宇田  何文字だ! 何千文字じゃっちゅう話だよほんと。無理無理。えーと。

新納  はい。

宇田  大丈夫? はい、じゃあ次。お名前、ギャプロンさん。
    「新納さん、開発陣の皆さん、東京ゲームショウ版ロム作成お疲れ様でした。
     ブログを見るだけでその苦労をひしひしと感じます。
     製品版を楽しみにしてますので、どうか、お体と、
     あと精神的にも参ったりしないようお気をつけくださいませ。
     さて早速ですが、質問がいくつもあるので、
     お答えできる範囲でお答えいただければ幸いです。
     装備枠について。
     公開された画像を見ると、武器一、防具三の構成になっているようですが、
     防具に鎧や靴のアイコンがありません。
     これは、鎧枠や靴枠などが最初から決まっているのでしょうか。
     それとも、靴を三箇所装備できたりするということでしょうか」

新納  これは『アンサガ』かどうかって話ですね?

宇田  そうそうそうそう。

新納  あの、『アンサガ』風にしたいんだけど実は違ってですね、鎧は一個。

宇田  鎧は一個。

新納  要するに違う、どんな物でも構わないんで、一種類の装備が一個っていう感じです。
    はい。

宇田  あ、TGS版で作成した、今ムービーが出てます。

新納  徹夜で作った。

宇田  徹夜で作ったやつ。
    これ結構見ごたえがあるもので、ちょっとTGSに、もしいらっしゃってる方で、
    このイラストを見れてるようだったら是非、
    またご覧いただければなーという感じです。
    結構、ね、世界観伝わっていいですよね。
    また、こちらの方も、随時ホームページの方に上げていきたいなーと思っております。

新納  はい。

宇田  はい。次。
    「下画面マップについて。
     ダンジョンマップに、メモか何かを書き込むことはできますか?
     あと、ダンジョンマップに階層はありますか? 
     あるとしたらマップの階層選択を上下一個ずつ移動するだけでなく、
     ドロップダウンみたいなものから、何階を表示するかを直接選びたいです。
     実はこれ、前のゲームに欲しかった機能の一つなんですが」

新納  あー、階層無いです。

宇田  階層は無い。

新納  ダンジョンって普通に世界に三十個とか四十個とかあるんで、階層はないですね。
    で、書き込むことはですね、今回はできないです。
    うん。今回は無いように作ってるので、
    はい、大丈夫かなーと思ってます。

宇田  なるほど。はい次。
    「アイテム購入画面について。
     選んだアイテムは今何個持ってるかとか、誰が装備してるかとか、
     強さの差はどれぐらいあるかとか、
     それをなんとか見やすくしてもらえないでしょうか」

新納  あの、これはですね、やってますよ。

宇田  おっ!

新納  今回はギルド全員メンバーを、下画面で一覧できるって画面を用意したんで、
    こっちの方でですね、ずらっと、誰がどれぐらいパラメータ上がるかとかが見えます。

宇田  あ、なるほど。素晴らっすぃ。はい。
    「待機メンバーについて。
     待機メンバーはそもそも登録できますか? 登録できるなら、
     待機メンバーの装備を直接いじれるようにしてもらえると嬉しいです」

新納  あー…ね。

宇田  「全職一人ずつとかをしてると、装備のやりくりをするのに、
     メンバー入れ替えをしないといけないのが大変なんです」と。

新納  なるほど! これできないですねー。

宇田  できないんだ。

新納  できないですねー。
    全部やるとちょっときりがなくてですね、今回はやってないですねー。すいません。

宇田  なるほど。じゃあ次回以降に期待ということで(笑)。

新納  はい。

宇田  はい、どんな感じ?
    (笑)「(チャット)体験版ぬるかったよ、もっとマゾく」
    とか言ってる人がいますよ。

新納  マジで? まあ、もっとマゾいとこもあるってことで(笑)。

宇田  (笑)
    「(チャット)待機メンバー(聞き取り不可能)」
    「(チャット)うそー、すぐ死んだ」えーと、「(チャット)毒地獄希望」とか。

新納  え?

宇田  毒地獄希望とかあるけど。

新納  あ、毒、毒?

宇田  毒。

新納  毒はね、今回はねー、ありますよ(笑)。

宇田  (笑)あるんだ。

新納  俺毒大好きなんだよね。

宇田  (笑)嫌だな。はい、えーと…今何を、何を、あ、世界観設定。

新納  そうですね。

宇田  してますね。はい。

新納  はい。

宇田  じゃあ、メインステージが、

新納  あのね、
    これちょっとね、思うんだけど、ちょっとね、あれ文章摘まむといいと思うよ。

宇田  そうね。長く延びすぎてると思った。はい。じゃあ次。お名前イズクさん。
    ゲームショウバージョンをプレイなさった方です。
    まずですね、
   「ウに点々が入力できなくて辛かった」と
   「製品版では入力できたらいいなーと思いました」

新納  あ、これできます。

宇田  あ、できる。

新納  バグです。

宇田  あ、バグ。じゃあ直しといて。

新納  はい、直します。

宇田  はい。えーとー、あと次。
    「ステータス画面でスキル開いたときに、その状態でキャラをLR変更できなかった」
    あれ? 変更できないんだっけ?

新納  えーとねー、
    ステータス画面のルートではできるんだけど、スキルに戻るとできないかもしんない。
    (注:ルート→階層構造の一番最初の場所のこと)

宇田  あーなるほど。

新納  それはまあ開発中なんで、

宇田  調整中。

新納  やりますはい。大丈夫です。

宇田  じゃあやるようにできるだけしてください。できなかったらごめんねってことで。

新納  はい。...できると思うけどね(笑)。

宇田  (笑)

新納  はい。

宇田  はい。
    えーとー、「シール全種類のために四回試遊」ありがとうございます(笑)。
    EX、エグゾースト?

新納  エグゾーストですね。

宇田  はい、
    「エグゾーストコマンドに三回目でやっと気づいたんですが、あれは、
     専用スキルが使用できる他に、他の行動を強化できたりするんでしょうか?」

新納  できます。

宇田  あ、できる。ほー。

新納  純粋に威力が倍になります。

宇田  おお素晴らっしい。はい。じゃあ、それはできるということで。

新納  はい。

宇田  今、ステージはどんな感じ?

新納  なんか分かんないけど、

宇田  あーなんか、

新納  世界観的なものを。

宇田  世界観的な。ドラゴンを説明したりしてますね。はい。えー、
    「三回目と四回目が終わって席を立ったら、背後に小玉さんらしい方が」(笑)

新納  (笑)

宇田  そうですね、ええ。
    小玉さんも多分会場にいたと思うんで、間違いなく小玉女史だと思うんですが、
    優しいときは優しいので、

新納  そうですね、優しい、一般人には優しいから大丈夫だと思いますよ。

宇田  そうそう(笑)。僕らには鞭振るうけどね。

新納  ね。大丈夫ですよ。是非是非、仲良く声をかけていただけるといいかなーと思います。

宇田  そうですね、はい。是非よろしくお願いいたしまーす。はい。
    「あと、開発デバッグ頑張ってください」頑張りまーす。

新納  はい、スタッフ共々頑張ります。

宇田  はい。次。
    チャットは…「(チャット)どこでもセーブなのか冒険書セーブなのか知りたいなー」

新納  あーと、特定位置セーブ。

宇田  特定位置セーブ。

新納  はい。

宇田  はーい、了解でーす。

新納  教会セーブとでも言おうか。

宇田  教会セーブ(笑)。はい。
    あ、古代先生だ。

新納  壇上に。さっき上がっていきました。

宇田  古代さん緊張してるなー(笑)。

新納  今日なんかアドリブらしい全部。

宇田  あ、全部。素晴らっしい。
    「(チャット)ラスボスは竜王ですね」(笑)

新納  (笑)ラスボスはそりゃ竜王ですよねえ。

宇田  そりゃそうですね。

新納  ね。当然ですよ。

宇田  当然ですよね。はい。えーと?
    「(×)チャットサーバーがいっぱいです」
    どんな感じ? 古代さんをちょっと眺めつつ。

古代(ステージ)  ...世界樹のね...

新納  (笑)そういうこと言っちゃ駄目でしょ(笑)
    古代さん言っちゃったね(笑)。

宇田  言っちゃったねー(笑)。

新納  まあいいや(笑)

宇田  禁断の一言をね(笑)。
    まあいいんですけどね。

新納  はい、いいんです別に。はい。

宇田  それはいいんです。はい。

新納  はーい。

宇田  はい。じゃあ次。
    セブンスドラ猫さんからの、これもゲームショウでプレイしていただいた方です。
    「感想をいくつか。
     新納さんと小玉プロデューサーの寸劇には笑わせていただいたんですが、
     あのキャラクターグラフィックは本編で使用されることはありますか?」

新納  あー、それね、なんか実はね、モタさんの分と古代さんの分もあるんですよ。

宇田  あ、そうなんだ!

新納  だから、せっかく作ったんで、
    どっかイベント置こうかねって話はしてるらしいけど、俺は知らない。

宇田  (笑)

新納  やるなら俺の知らない所でやってくれって話はしました。

宇田  知ったことではないと。

新納  デバッグだけちゃんとしろと。

宇田  (笑)なるほど。

新納  はい。

宇田  分かりました。はい。えーと、
    「キャラクターは七つの職業あるようですが、
     転職や上級職といった概念はあるのでしょうか?」

新納  あーそれは無いです。すいません無いです。

宇田  無い。なるほど。はーい。えーと、
    「フロワロは何回か踏むと砕け散るようで、
     体験版にあったフィールドマップのフロワロは全て消そうと踏んでしまいました」
    すごい、ありがとうございます。
    「そのようにして、全世界の花を一掃してしまうことはできるんですか?」

新納  これ、この情報今出していいのかね?

宇田  お? じゃあ、

新納  いや分かんないけど、フロワロの遊び方ってのは結構まだ出てない話なんで。

宇田  そっかそっか、じゃあ、

新納  まあフロワロは確かに、全世界の花は一掃できますよ。

宇田  おおー。

新納  できますし、まあ結構その、フロワロ残しておくと、
    あーいいのかなこれ、ファミ通さんとかになんか言われるかな(笑)。

宇田  あー、やめた方がいい。やめた方がいいですね。

新納  そうですね。
    フロワロはゲーム本編に大きく関わってくるので、雰囲気モノではないです。

宇田  なるほど。

新納  はい。

宇田  そうですね、分かりました。じゃあこれはちょっと、今の、ファミ通と(笑)。

新納  (笑)言っちゃった俺(笑)。

宇田  (笑)「(チャット)ファミ通の者ですが」(笑)

新納  (笑)すいませんあの、情報を出すのに段階があるということでよろしくお願いします。

宇田  「(チャット)正式な略称って何だろう? 七竜? セブドラ?」
    いや、セブンス。

新納  あー、自分はセブンスって呼んでたんで、宇田にセブンスって言ってくれって、
    宇田が言ったせいでなんかセブンスがすっかり違う感じになっちゃってね、
    悲しいですよ。

宇田  (笑)いやいやいや、セブンスはセブンスですよ。

新納  はい。社内ではセブンスと呼ばれてます。

宇田  「(チャット)今ならバレないって」いや、バレますよ(笑)。

新納  (笑)。

宇田  怖いんでね(笑)

新納  すいませんでした。

宇田  すいませんでした。ごめんなさいごめんなさい。はい。

古代(ステージ)  BGMのどこかに花っぽい何か、というのを感じられるように、
    花が散るとか...

新納  あー、すごいですねー。

宇田  すごいですねー。

新納  BGMのどこかに花っぽい何かが入っている。

宇田  花っぽい何かが入っている。

新納  流石ですね古代さんは。

宇田  流石ですね古代さん。

新納  はい。

宇田  可憐な感じが。
    けどなんかほんとに全体的に、なんだろ、散るもの、花ってのは散るものなんで、
    哀愁がありつつ美しい感じがあっていいですよね。今回のBGMほんと好きです。
    特に、一番初めの選ぶ画面の、まあ今公開されてるやつですけども、
    あれはほんと僕は大好きです。
    はい、えー、次。
    「ダンジョン内では下画面にマップが表示されていましたが、
     そのようにダンジョンは初めて入ったときから
     フロアの全体が全て見えてしまっているのでしょうか?」

新納  あー、見えないっす。

宇田  見えない。

新納  えーと、入ると真っ白な状態から始まって、
    で、階段とか宝箱とかはですね、接触すると輝いていくんですよ。
    で、地図はどっかにあるか、街で買うかして、ゲットしないと、出ない。
    って感じです。

宇田  あー、なるほど。分かりました。
    「(チャット)予約特典があればフロワロで」(笑)欲しい人いるんかな?

新納  わかんねー(笑)。

宇田  あ、「(チャット)予約特典にあのシールをつけてくれ」(笑)
    「(チャット)サントラ欲しいなー」ま、サントラはまあ出ると思いますよね。

新納  サントラはやるんじゃないですかねー。

宇田  はい。

新納  分かんないすけど。

宇田  分かんないすけど。

新納  はい。

宇田  まあやると思います。
    なんだろ、今古代さん何話してる?

新納  ボス曲について。

宇田  ボス曲について。じゃあ、軽くスルーで。はい、じゃあ、えーと次。

新納  スルーするんだ(笑)。はいはい。

宇田  ネコミミメイジボンさんからです。
    「見た目もRPGの大事な要素ですね。
     ステータス画面はLRで切り替えられるが、スキルは」
    あ、これさっきと同じだな。失礼しました。

新納  (笑)みんな、LRはそんなに気にするんだったら頑張りますよ。頑張るよ! はい。

宇田  (笑)
    「キャラメイクした直後の、登録しますかはいいいえの選択肢が分かりにくい」

新納  これね、これもうスタッフでも大評判なんで、直しますよきっと。

宇田  (笑)

新納  はい。これ実はね、もっと酷かったんですよ。

宇田  あ、ほんと。

新納  だったんで、これ今聞かれてたらアートDとチーフちょっとムカッてくると思うけど、
    直してもらいます。はい。

宇田  というわけです。
    今、ステージの方はあくまで古代さんの話。
    あ、今あれか。…あれ? 発表されてたんだっけ? あ、発表されてんだ。

新納  何が?

宇田  あれだ、ゲーム中のあれで、音源変えられる話今してるわ。

新納  あー。なんかそれ言ってますね、はい。

宇田  言ってますね。

新納  じゃあいいんじゃないでしょうか、発表しちゃって。はい。

宇田  発表、えーとですね、ファミコンサウンドと、何サウンドっつんだあれ?

新納  ファミコン音源なんだけど、
    今回は、DSのPSG音源とファミコンの音源ってちょっと違うんですよ。
    なんで、
    ファミコン音源をサンプリングしたファミコンの曲を鳴らしているという(笑)。

宇田  あ、なるほど。それで、それを切り替えができると。

新納  あの、自由に切り替えできる。

宇田  自由に切り替えできる。
    つまりですね、
    ファミコンサウンドでやりたい人はファミコンサウンドでやっていただき。
    それは何、オプション? 何か特定のフラグを立てるとか?

新納  オプション、
    あ、でもね、一応イベント、あるイベントをクリアしないとできないんだけど。

宇田  できないんだ。

新納  まあ真ん中へんぐらいなんで。

宇田  あ、ほんと。できるんだ。
    「(チャット)キタ━(゚∀゚)━!!」
    「(チャット)なんだと」
    「(チャット)ktkr」(笑)

新納  や、ほんとにね、あのね、DSにPSG内蔵してるんだから、
    そっち鳴らせよって思うんだけどね。
    もう古代さんがね、「いやーファミコンじゃないしあっち」とか言って(笑)。

宇田  (笑)

新納  そうだなーと思いました(笑)。

宇田  それがまた容量食っちゃって大変なんですよね。

新納  またね、それもね。

宇田  あのですね、
    あと、自分、いくつかですね、自分結構体を張った広報をするんですけれども、
    それに関するメールをいただいています。
    ま、今回も、なんか体を張ったことができればと思うんですけれども(笑)、
    どうなんだろうこれ。
    流石にちょっと三十越えたので厳しい感じもするんですけども(笑)。
    ま、できればやりたいなと。

新納  (笑)腹筋要望(チャット)すごいから(笑)

宇田  腹筋要望、腹筋要望、腹筋、腹筋、今回腕立てでも何でもいいんですけども。

新納  そうですね。

宇田  なんかあったらやります。

新納  はい。...あ!分かった!

宇田  何?

新納  (すげー嬉しそうに)結婚式会場でやるってどう?

宇田  (笑)やめてよ! やめてよそれ! 
    それもうやったらもう嫁から殺されるよ!(声が裏返りかけてる)

新納  (笑)あの、発売前に結婚するのでこの広報。

宇田  そうそう、この広…僕が、ちょっ、すげープラ(聞取り不可能)
    はい、そうです結婚するので、(笑)まあちょっと、(笑)結婚、結婚、(笑)
    「(チャット)おめでとう」
    ありがとうございます、ありがとうございます! ありがとうございます!
    宇田洋輔、結婚いたします! じゃあちょっと結婚式でもね、宣伝しときます。

新納  はい、よろしくお願いします。

宇田  結婚式呼ぶんで。

新納  僕も行きますんで。

宇田  はい。

新納  はい。

宇田  「(チャット)嫁と腹筋ですね、わかります」(笑)ねーよ。

新納  それはないな。

宇田  ないな。

新納  あの人にできないな俺それは。

宇田  (笑)

新納  はい。

宇田  はい。
    何だ? 今は何の話をしてる?

新納  なんか向こうもこちらに負けず、ぐだぐだっぽいんで。

宇田  ぐだぐだっぽいんで。
    はい。相当…まあイソッチはね、とにかく古代さんの大ファンなんでね。

新納  あ、そうなんですか。

宇田  あ、ちょっと待って、リアルタイムで、

新納  さっきね、楽屋でサインもらってましたね。

宇田  あ、そうそう。すごい大ファンでね。
    来てるかな? お、来てる来てる。二通ほど来てますねー。はい。はいはい。
    (笑)開発現場でもやっぱり、えーと、ツナ缶さん。
    「デモムービーでの小玉さんと新納さんのやりとりですが、
     開発現場でもやっぱり鞭でしばかれたりするのでしょうか?」

新納  いや、それは言えないですよね。

宇田  (笑)

新納  もう言ったら色んな問題が起きてしまうので。

宇田  そうですね。

新納  もう、まあ、ご想像にお任せします。

宇田  (笑)はい。えーとー、新納さんの作風って、あ、観測員さん。
    「新納さんの作風って、首尾一貫してますよね」
    みたいな、そんなメールをいただいていますが。

新納  あー、あの、インターフェースとかに関して。

宇田  インターフェースに関して。

新納  まあ、同じ人がやってるんでねっていう話(笑)。

宇田  (笑)

新納  まあでも、
    こういうゲームにはこういうインターフェースだろっていう定番みたいな物は、
    自分の中にあって、それを無理に変えないってスタンスはあるんですよ。
    なんかその、うちのアートの人とも言ってるんですけど、
    なんかその、変えるために変えるのはやめようよ、
    みたいな話は今回実はテーマとして結構深くあって、
    毎回さ、ほら、まあみんなそうだけど、なんかその、何て言うの?
    毎回一から作ろうぜ、みたいなところがすごいあって、
    それでその開発コストをすごく上げてしまうんだったら、
    一回良いものを作って、何度でも使えばいいんじゃないっていう。
    で、その都度その都度、
    その作品に合ったアレンジを加えていくっていうのが俺は正しいかな、
    ま、今回、実験ですよね、それもある意味のね。はい。

宇田  そうですね。
    何だ?

  つづく