※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

阿部「クッ……」

大佐「目が覚めたか」

阿部「うん…?これは何の真似だい?縄を解いてくれ。言っておくがアブノーマルなプレイは勘弁だ」

大佐「いや、君を誘拐したのはそんな理由ではない」

阿部「でも短い人生の中、アブノーマルを経験するのも悪くない」

大佐「まずは誘拐した理由を言おう」

阿部「だが、やっぱりアブノーマルは勘弁だな……」

大佐「ソリッド・スネークを知ってるか?」

阿部「シャドーモセス事件の?」

大佐「ほぉ、知っているのか」

阿部「世界の良い男の情報は全て頭に入っている」

大佐「うむ……そのスネークだが……」

阿部「ちなみにスネークは良い男ランキング2位だ」

大佐「……誘拐された」

阿部「何だとぉ?……よくも……」

大佐「?」

阿部「 よ く も 俺 の ス ネ ー ク を …… 」

大佐「誘拐したグループの名はデッドセル」

阿部「俺の任務はスネークを救出することか」

大佐「そうだ。君は去年、チベットで行なわれた“良い男選手権”でスネークと親密な仲になった」

阿部「彼はギャラリーだったけどね。本当に良い男だった……ウホッ」

大佐「アメリカじゃ有名だ……良い男を探すプロフェッショナルでありながら、なかなかの体術を持つ日本人……」

阿部「フフッ、光栄だよ」

大佐「誠に勝手ながら誘拐させてもらった。この任務も強制だ」

阿部「いいだろう……良い男の為なら一皮剥いてやるさ……」

オタコン「じゃあ、体内にナノマシンを入れるから」

阿部「ウホッ……メガネ男子もなかなか……」

オタコン「おっと、挨拶が遅れたね。僕はオタコン。スネークのパートナーさ」

阿部「ナノマシンって何だい?それは……気持ち良いのかい…?」

オタコン「これは簡単に言うと、『声を出さずに簡単に無線出来るようになるもの』かな」

阿部「喘ぎ声も周囲に聞こえないのか……ウホッ」

オタコン「ナノマシンを入れるよ」

ズッ

阿部「アッー……少し痛いけど……この痛み……悪くない……」

オタコン「はい。終わったよ」

阿部「もっと……くれないのかい…?」

オタコン「もう十分だ。大佐、彼に話の続きを」

大佐「うむ。続けよう」

阿部「これが……ナノマシン……(うっとり)」

大佐「今回潜入するのはデッドセルの本拠地の内部にある、アーセナルギアという場所だ」

阿部「そこに良い男……スネークはいるんだね?」

大佐「ああ。だが容易な任務ではない」

阿部「男は度胸!何でも試してみるのさ!」

オタコン「アッ!頼むがある」

阿部「なんだい?良い男の頼みだけは断れない」

オタコン「途中で……エマを助けてくれ」

阿部「エマ……?まさか弟か兄かい!!?」

オタコン「妹だ……」

阿部「 断 る 」

大佐「さて、行ってもらう」

阿部「いったいどんな良い男たちが待っているのだろうか……」

オタコン「頑張ってくれよ」

阿部「ああ



 シ ョ ウ タ イ ム だ 」

こうして阿部は、デッドセル本拠地に向かった。

大佐「行ったな……」

オタコン「ぶっちゃけキモかったですね……初めてですよ。ナノマシン注入で喜んだ人」

大佐「アメリカじゃそれが常識だった。それよりエマはいいのか?」

オタコン「……手は打ってあります。きっと……」

大佐「?」



一方その頃、阿部はA脚底部海底ドッグ(本編で雷電が最初に着いた場所)に到着した。

阿部「ふぅー!全裸で汚れた海を泳ぐのも興奮ものだな。何事にも挑戦してみるものだ」

敵「誰かいるのか?」

阿部「ウホッ……獲物が来た」

敵「しっ、侵入者d……モガッ!?(馬鹿な……!?こんな変態的な速さで俺の口を塞ぐなんて……)」

阿部「シーッ。二人だけの時間を楽しもうじゃないか」










敵「 ア ッ ー ! ! 」

阿部「なかなか締まりが良かった。楽しかったよ。ナイストゥーミーチュー」

阿部「しかし本当に良い尻だった……君……名前は?俺は阿部。アベリーヌで良い」

敵「……」

阿部「おやおや……泡噴いて気絶しちゃったよ……ちょっとハードすぎたかな?」

敵「……」

阿部「良いことひらめいた。装備品貰おう」

結局阿部が見つけたのは

SOCOM(拳銃)
レーション(非常食)
ドッグタグ(名札のようなもの)
の三つだった。

阿部「あとは服を頂こう。全裸はやっぱり流石に寒い」

CALL.....

阿部「うん?」

大佐「アベ!」

阿部「アべリーヌでも結構」

大佐「これから先は敵が多い。心してかかれ」

阿部「アベリーヌってダメかなあ」


奥に進むと、そこには昼寝中の見張りとエレベーターがあった。

阿部「ウホッ……良い男が寝てる……」


阿部の優先順位

男>>>>>任務>>>>>>>>>>【越えられない壁】>>>>>>>>>>>>>>>>>>>エマ


敵「あ?ちょっ!!やめっ!!あっ……くそ……好きにしろ……

 ア ッ ー ! ! 」

阿部「さあエレベーターに」


エレベーター内

CALL....

阿部「こちらアベリーヌ。エレベーターに潜入した」

大佐「よくやったアベ」

阿部「犯すぞ」

大佐「よくやったアベリーヌ」

阿部「良い男のためなら一皮剥くさ」

大佐「その調子で行ってくれ」

阿部「ちなみに俺は……包茎ではない」

大佐「くれぐれも油断しないように」

その軽やかな足運びで阿部は次々と敵を犯し、見事B脚変電室に到着した。

阿部「ふぅ……もう腹の中パンパンだぜ」

カチャッ

??「動くな」

阿部「おぉ?」

??「振り向いたり、銃に手を伸ばしたら撃つ」

阿部「おやおや……」

??「SEAL10の人間か。もしくはデッドセルか」

阿部「残念ながら、両方とも華麗にハズレだ」

??「何者だ」

阿部「ただの異常性欲者……さ」

??「目的は」

阿部「良い男を助けに来た。俺の尻の為に」

??「……スネークか?」

阿部「今度は華麗にアタリだ」

??「ナノマシン通信に切り返ろ」

阿部「切り返す瞬間が好きなんだ。少し刺激的で」

CALL....

??「どうやら本当らしいな……」

阿部「良い男と死体は嘘をつかない」

阿部「俺は阿部。大佐はアベリーヌと呼んでいる」

??「俺の名は……」

阿部「うん?」

??「……プリスキン。イロコィ・プリスキンだ」

阿部「宜しく」

プリスキン「宜しくアべリーヌ」

阿部「なかなか良い男だ君は……」

プリスキン「俺の目的もスネークだ」

阿部「君はなかなか良い身体をしている……」

プリスキン「だが、ここは別行動をとる」

阿部「君と絡み合いたい……」

プリスキン「お前は構わずスネークを探せ」

阿部「あっ……ローション忘れてきちゃった……しょうがないから海水を使おう」

プリスキン「俺は……デッドセルを始末する」

阿部「海水ってどこで汲めるかしら」

プリスキン「俺はヴァンプという奴を始末する」

阿部「一回戻ろうか……」

プリスキン「おい」

阿部「ゴメンよ興奮してるんだ」

プリスキン「……スネークはアーセナルギアにいる。お前を待っている」

阿部「ウホッ」

プリスキン「だが、フォーチュンという女に気をつけろ」

阿部「女には興味無い」

プリスキン「奴に銃は効かない」

阿部「そんなものは使わない……が、女はちょっと倒す方法が無いな」

プリスキン「ヴァンプを始末したあとにフォーチュンは倒す。もし遭遇したら……」

阿部「超嫌々に犯す」

プリスキン「逃げて俺に連絡しろ」

こうしてプリスキンと阿部さんは別行動をとった。
阿部さんはとりあえず、中央棟に向かう。
プリスキンは、A脚の方からヴァンプを探しに行った。


阿部・プリスキン「 シ ョ ウ タ イ ム だ 」


阿部 IN C脚食堂

阿部「腹減ったな。玄米ビスケットか何かあるかな……」

カチャッ

忍者「動くな」

阿部「おやおや……日本刀とは物騒な世の中になったものだ……やらないか?」

忍者「デッドセルか」

阿部「しかも同じ質問だ。流行ってるのかい?……違うよ。仮にも私がそのデッドセルなら、こんな軽装備おかしいだろう?」

忍者「……」

阿部「君は?」

忍者「名乗るほどの者じゃない。貴様はスネークを探してる者か」

阿部「正解!僕は良い男には目が無いのさ」

忍者「さらばだ」

阿部「もういいのかい?」

忍者「デッドセルでないなら……用は無い」

阿部「釣れないな…またね」

忍者「ああ」



阿部「……なんか女みたいな尻だったな。童貞君かな?」



こうして阿部は謎の忍者とプリスキンに出会い、中央棟に足を運ぶのだった。

阿部 IN 中央棟

阿部「まったく……俺のチンポも大した体力だ」

そこで、悪夢が起こった。

フォーチュン「あなたは……私を殺してくれる?」

阿部「うわ女だ」

フォーチュン「殺して!!!」

ズドォォォォン!!!

阿部「良い男は女の攻撃なんて効かないのさ」

フォーチュン「!!?なっ……」

阿部「やれやれプリスキンは何をやっているんだ……嫌々犯すか」










フォーチュン「殺して……」

阿部「やっぱ女はダメだ。ペッ」

CALL....

阿部「おいプリスキン!何をしているんだい君は!!!」

プリスキン「?」

阿部「ぼくは、おんなを、おかしてしまいました」

プリスキン「フォーチュンを倒したのか!!」

阿部「ああ。女の身体は柔らかすぎて気持ち悪いな」

プリスキン「そのままシェル2に向かってくれ」

阿部「シェル2?それはエッチなのかい?」

プリスキン「そこにアーセナルギアはある」

阿部「ああ!ああ!そういうことね!わかったよ!」

阿部は、シェル2に向かった。
ちなみにカードでしか開かない扉はぶっ壊している。

阿部は、L脚外周からシェル2に向かうことにした。

阿部「うん?上から小便をしている兵士がいるな……」

阿部は壁をよじ登った。

阿部「兵士さん。小便は俺の尻でしな」

敵「……いいのかい?」



敵「 ア ッ ー ! 」

阿部「さて行くか」

阿部さんはその股間のスティンガーを武器に、大胆にシェル2を進んだ。



阿部 IN シェル2中央棟空気清浄室

ヴァンプ「待ってたぜぇ……」

阿部「ウホッ……良い男……」

ヴァンプ「てめぇとは……同じ匂いがする……」

プリスキン「そこまでだヴァンプ」

ヴァンプ「!?」

阿部「プリスキン!ウホッ!いつの間に!!」

プリスキン「奥にいるエマを返せ」

ヴァンプ「貴様……誰だ」

プリスキン「俺の名はイロコィ・プリスキン。またの名を………






雷電 」


阿部「雷電…?それは電気を使ったプレイのことかい?」

ヴァンプ「オセロットから聞いているぞ……ジャック・ザ・リッパー」

雷電「ふん」

ヴァンプ「貴様の目当てはエマか」

雷電「スネークもだ」

ヴァンプ「面白い……」

阿部「ここは俺がやる」

雷電「アベリーヌ!?」

ヴァンプ「いいだろう……」

阿部「まずは聞こう……受けと攻め、どっちがいい?」

ヴァンプ「攻め」

阿部「それは都合が良い。俺は受ける方が好きなんだ」

ヴァンプ「……激しくなりそうだ」

雷電「俺はエマを探しに行くかな」

ヴァンプ「レーション貸せ」

阿部「まさか……」

ヴァンプ「そのまさかさ……!!!」

ズボッ

阿部「あぁぁぁぁ!!レーションが!!レーションが穴にッ!!」

ヴァンプ「どうだ?降参するか?」

阿部「まだまだぁ!俺のケツメイシはそんなもんじゃない!」

雷電「エマどこだろ」

阿部「あ、手榴弾」

ヴァンプ「それはダメだろ常識的に考えて……」

阿部「知らないのか?」

ヴァンプ「?」

阿部「男は度胸……!何でもやってみるのさ……!」

ズボッ

ヴァンプ「し、手榴弾がぁ!!」

阿部「まだまだァ!」

ドガァァァァン!!!

ヴァンプ「アナルがァァァァァ!!!アナル爆発やァァァァァ!!」

阿部「俺の勝ちだ……!!」

雷電「エマいたよー」

エマ「なにがあったの?」

雷電「え、何お前勝ったの?」

阿部「決まり手はアナル爆発」

エマ「何か触れてはいけない世界な気がする」

阿部「行こうプリスk……雷電」

エマ「私は?」

雷電「ああ」

エマ「私は?」

雷電「エレベーターはこっちか」

阿部「エレベーターって狭くて興奮するよな」

エマ「……!!虫イヤ!虫嫌い!!虫嫌ァァァァァ!!」


阿部「 甘 っ た れ る な ! 」


エマ「ごめんなさい我慢します」

阿部「女の分際で何だお前」

エマ「ホントすみません」



阿部・雷電(と何か女) IN アーセナルギア

阿部「ここがアーセナルギアか」

雷電「スネークを探そう」

?????「やあ」

阿部「男!!?………老人か(ショボン)」

?????「我が名はリボルバー・オセロット」

雷電「オセロット!」

エマ「私……どうしたらいいの?」

阿部「死ねばいいんじゃないかな」

エマ「ちょ………」

阿部「良いだろう。相手になってやる」

オセロット「感じさせてくれ!!!」


雷電「エマ、あっち行ってよ」

エマ「あたしトイレ行きたい」

雷電「トイレならあっちっぽいよ」


オセロット「どうだ!?効くだろう!?」

阿部「まさかアナルにリボルバーとは……!!」

オセロット「服従するか?どうだぁ?」

阿部「老人なのにテクニシャン……!アンタになら……!!」

オセロット「ふはははは!!!」


雷電「UNOしよ」

エマ「あたし持ってる」

雷電「ナイス」


阿部「こっちの番だ……!!」

オセロット「貴様に何が出来る…!!!」

阿部「こっちは……これだ!!コレをアナルに入れる!!」

オセロット「二キータ……リモコンミサイル!?」

阿部「中央棟で見つけたんだ……!!お前の綺麗なアナルを粉々にしてやるぜ!!」


雷電「飽きた。ダウトしよ」

エマ「ルールわかんない」

雷電「マジで?じゃあダメだ」

雷電「ところで安部さんのメタルギアソリッドでyahoo検索したら「阿部さんのメタルギアソリッドではありませんか?」って出た」

エマ「ダウト」

雷電「うわ見抜かれた」


オセロット「やめろォォォ!!!」

阿部「Fire」


カチッ
ドォォォォォォォォォォン!!!!


オセロット「ヒギィィィ!!!」

阿部「ふう」

オセロット「まだだ……!!」

阿部「なんと」


雷電「俺さ、PS3買ったさ」

エマ「いいな!」

雷電「でもテレビ無いの」

エマ「oh……」


阿部「今度は……クレイモアだ!!!」

オセロット「こいつ……狂ってる!!」


雷電「ローズの手料理かレーションならレーションだな」

エマ「苦労してるのね」


【3時間後】

阿部「勝った」

雷電「長かったな」

阿部「決まり手は集音マイクだったよ」

エマ「zzz……」

阿部「起きろクソが」

エマ「はい」

阿部「仕事中だってこと忘れないでほしいわ」

エマ「けじめつけます」

忍者「お前ら」

雷電「誰だ!?」

阿部「大丈夫。味方さ」

エマ「味方?」

阿部「次喋る時は俺に許可とれ」

エマ「……」

雷電「本当か」

阿部「ああ、C脚で会った」

忍者「そこのお前」

雷電「?」

忍者「これを」

雷電「これは……刀?」

雷電「コレは……軽くて良い刀だ」

忍者「ああ、さっきまで“俺”が使ってた」

雷電「アンタは?」

忍者「うん?俺か?」

阿部「……!」

忍者が仮面を取った。

忍者「やあ、久しぶり阿部」

阿部「あんたは……






オタコン!!?」

雷電「オタコンって……フィランソロピーの!?」

阿部「なんで!?アンタが!?」

オタコン「この奥にスネークとオルガ・ゴルルコビッチがいる。勿論助けにきた。強化外骨格を作るなんて、僕には容易さ」

エマ「信じられない……」

阿部「……」

エマ「あっ。………」

阿部「……」

エマ「……」

エマ「ひそひそ……(オルガ・ゴルルコビッチって?)」

雷電「タンカー事件でスネークと戦った女だ。仲間だ」

阿部「ひそひそ話は女の次に嫌いだな」

雷電「すまない」

エマ「………」

オタコン「奥に行こう。スネークとオルガを助けるんだ」



阿部さん達 IN アーセナルギア回腸

そこにまちぶせていたのは、力果てて倒れた大勢の敵の屍の山だった。

屍の山の上に、ある男が立っていた。
逆光でよく見えない。バンダナが、風になびいているのがようやく見えた。


ある男「遅かったな。オタコン」

オタコン「まさか君ほどの男が捕まるなんてね………」


ある男は屍の山から阿部達の方に飛び下りた。

オタコン「ソリダスを倒しに行こうか





スネーク!」


スネーク「 シ ョ ウ タ イ ム だ ! 」


阿部「ウホッ!!相変わらず良い男!!」

スネーク「変わらないなぁアベ」

阿部「気が向いたらいつでもアベリーヌって呼んでね」

オタコン「オルガは?」

スネーク「ソリダスのところだ。奴はこの奥のフェデラル・ホールにいる」

阿部「ウホッ……スネークは本当に良い男だ」

エマ「スネークは、ソリダスのメタルギア阻止が目的なのね?」

阿部「……」

スネーク「ああ」

雷電「じゃあ話は早い」

スネーク「行くぞ」

阿部「……」

エマ「ちょっとアンタしつこいよ」

雷電「スネーク、ちょっといいか」

スネーク「何だ」

雷電「何でアンタは表に出ない。有名にならない」

スネーク「……たくさんの人を殺した」

雷電「あんたの行動は語り継がれる。正当化される」

スネーク「人殺しが正当化される事などない。正当化される時代も無い。俺達は自分の功績を残そうとしてるんじゃない」

雷電「なら、あんたやオタコンは何のために戦っている?」

スネーク「俺は未来のために銃を握っている。いいか、つまらん殺戮に手を貸すのは、これで終わりにしろ」

雷電「俺は…どうすればいいんだ?」

スネーク「信じるものは自分で探せ。そして、次の世代に伝えるんだ」

話にピリオドを打つかのように、ドアが開いた。



阿部達 IN フェデラル・ホール

エマ「食らえ!キック!」

阿部「ハァッオ゛!!」

スネーク「ソリダスは…?」

雷電「いないな」

スネーク「探すぞ」

阿部「みぞおちは止めろみぞおちは」

エマ「せい!」

阿部「ハァッオ゛!!!」

ソリダス「ふはははは!!!」

阿部「ウホッ、スネーク似の良い男……」

スネーク「オルガはどこだ」

ソリダス「とっくに国に返したさ」

スネーク「何!?」

ソリダス「あれを見ろ」

ソリダスが指差した先には、縛られた大佐がいた。

スネーク「大佐!!?」

雷電「いつの間に!?」

ソリダス「オタコンと阿部がいなくなった直後さ」

阿部「アベリーヌな」

雷電「じゃあ、大佐からの無線は!?」

ソリダス「俺さ。変声機なんて簡単に作れるだろう」

スネーク「……罠か」

ソリダス「そうさ。お前らは計画に邪魔なんだ」

雷電「……こうしてまとめて始末するわけか」

阿部「来な、ソリダスとやら」

オタコン・スネーク「アベ!?」

雷電「アベリーヌ!?」

エマ「キモい人!?」

阿部「トイレに来い。ソリダス・スネーク……



 貴 様 の “ 自 由 の 息 子 ” 、 試 し て や る ! ! ! 」



阿部 IN トイレ

阿部「さあ、始めようか」

ソリダス「貴様に……まだ精力が残ってるのかな?」

阿部「くっ……!!」

ソリダス「少々敵を襲いすぎたな」

スネーク「阿部!!受け取れ!」

阿部「?何だいこの布は」


スネーク「 無 限 バ ン ダ ナ だ ! ! 」


ソリダス「小癪な真似を!!」

阿部「これぞまさに鬼に金棒!!」

ソリダス「なに!!テクニックで倒すまでよ!!!」

阿部「まずは冷却スプレーを貴様のアナルに発射させる!!」

ソリダス「冷却スプレーだとッ!!アナルにフリスクの理論か!!!いいだろう!!!来い!!!」

ぷしゅー

ソリダス「うあああああ!!!キタコレ!!!!」

阿部「どうだ!!!」

ソリダス「まだまだぁ!!」

ぷしゅー

ソリダス「うあああああ!!!キタコレ!!!!」


雷電「でさーまたバイト落ちたの」

オタコン「俺なんて怖くて電話も出来んよ」

エマ「わかる」


阿部「次はバイブ中の携帯を入れるッ!!」

ソリダス「貴様ァ!!ラストだからって何だかリアルなことを!!!」

ブブブブ…………

ソリダス「うあああああ……」

阿部「たまらんだろ!?」

ソリダス「たまらん!!」

阿部「 た ま ら ん だ ろ ! ? 」

ソリダス「 た ま ら ん !! 」


雷電「コンビニのバイトって意外と面倒なのな」

オタコン「俺働く気さえしないもん」

エマ「わかる」

スネーク「レーションうめぇ」


阿部「クソッ服がジャマだな」

ソリダス「お前はそんなものか!!!!!!!!」

スネーク「文句の多いやつだ。ほら」

阿部「こ、これはAV?」

スネーク 「ステルスだ」

ソリダス 「ふふふ。そんなもので何がわかるんだ!!」

スネーク 「あいつに付けろ」

阿部 「いったい何が・・・ハァッオ゛服だけが・・・フフフ・・・」

ソリダス「なかなかやるじゃないか……こっちからもいくぞ」

阿部「うああああ!!触手を使ってアナル探検隊だとッ!!?」

ソリダス「俺の姿だから出来る芸当だッ!!」


スネーク「ねー、仲間いれて」

雷電「いいよ」

オタコン「ここ座りなよ」

エマ「スネーク君はいりましたー、と」


阿部「くっ……」

ソリダス「馬鹿なっ!!まだ息があるだとッ!!?」

阿部「終わりにしてやる!!無限バンダナ装備!!」

ソリダス「止めろォォォォォォ!!!!」

ドバババババババババ!!!!

ソリダス「お腹……パンパンだぜ……(ガクッ)」



阿部「勝った……!!!!」

スネーク「よくやった!!貴様は最高に良い男だッ!!!」

雷電「最高だった」

オタコン「参ったよ阿部くんには!!」

エマ「みんな切り変え早ッ」


雷電「俺らは……伝えなければならない」

阿部「子供の作り方?」

エマ「なにを?ジャック」

雷電「俺らの過ち……憎しみ……悲しみ……だがそれは未来に残してはいけない」

スネーク「俺たちは、誰の使いでもない。俺たちの意思で、俺たちの闘いをしている。俺達は……誰のためにも戦っていない」


オタコン「うん…!」

阿部「そしていつか……憧れの未来……そう……


男同士でも堂々と愛せる未来に、俺たちはしていくんだ…!!」


阿部さんのメタルギアソリッド

―――完