※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

・登場人物(リンク名
)

サンドゲイル
 マイ
 シルヴィア

クレスト社
ミラージュ社
 リヒト
 カイ
レイヴンズネスト
ナーヴスコンコード
グローバルコーテックス
レイヴンズアーク

その他組織 
所属不明・フリーランス






ここはページ作成や編集の練習など、WIKIを効果的に使いこなすための練習ページです。
誰でも気軽に編集してみよう。

■ サンドゲイル

 名称:サンドゲイル(Sandgale)
 種別:組織
 所属:フリーランス
+ 構成員

 -詳細-
 マイ達が所属する遊撃隊兼何でも屋。
 レイヴンズアークのトップランカーだったシェルブ・ハートネットが一線を退き、自らのレイヴンとしての技術を後世に少しでも残そうと、10年程前に若手の人材育成のため立ち上げた組織。
 それと同時に戦争によって生まれた戦災孤児の引き取り手という側面も持つ。
 それは戦争を生業とする者としてのせめてもの贖罪のつもりであり、サンドゲイルの母艦であるリヴァルディの乗員は戦争孤児が殆どを占める。
 そのことについてシェルブは現実との板ばさみに悩まされている。

■ サンドゲイル

 名称:サンドゲイル(Sandgale)
 種別:組織
 所属:フリーランス

 -詳細-
 マイ達が所属する遊撃隊兼何でも屋。
 レイヴンズアークのトップランカーだったシェルブ・ハートネットが一線を退き、自らのレイヴンとしての技術を後世に少しでも残そうと、10年程前に若手の人材育成のため立ち上げた組織。
 それと同時に戦争によって生まれた戦災孤児の引き取り手という側面も持つ。
 それは戦争を生業とする者としてのせめてもの贖罪のつもりであり、サンドゲイルの母艦であるリヴァルディの乗員は戦争孤児が殆どを占める。
 そのことについてシェルブは現実との板ばさみに悩まされている。
+ 構成員


 -外伝案-

ARMORED CORE Handed Down Heroism -Side storys-

作:CHU

Dépression du chevalier (登場人物:カヴァリエルガノルフ

  血気に逸る若き女騎士は、憩い場にて老いた大鴉と出会う。
  彼は、一時の歓楽を玩味する代わり、彼女に自らの詮術と訓蒙を分け与えた。
   1-1 1-2

白翼の対価  (登場人物:スワロー フラーネ

  貪婪な世界の闇は男の全てを喰らい、全てを奪い去った。
  地位も、名誉も、骨肉も、――果ては人間としての尊厳さえも。
  全てを奪われた男は、ある時、燦然たる光輝と出会う。
  ――そしてその光は、新たに、男にとっての全てとなった。
   1-1 1-2 1-3

屍翼の奏者  (登場人物:スワロー フラーネ

  猿山の将の招致に応じ、“不死者の王”――その火印を背負った男は、絢爛の都に降立った。
  夜陰と深淵こそが彼の者にとっては剴切――。
  然れど、その旁わらには何時でも陽光の如き女性の姿が在った。
   1-1 1-2

作:ヤマト

He's coming back  (登場人物:ダイスケ・ロットブル ティア・ソール

  怒りの消えた日々よりの訪問。二人の鴉は戦場で再会する……。

鬼神の妖精  (登場人物:ハスラーワン 九玉 スワロー

  絶対的粛清者〝ナインボール〟
  赤い鬼神に宿るという妖精とは何か?

作:クワトロ大尉(偽)

Interlude.1  (登場人物:ハインリッヒ・シュナウファー

  決して知られる事のない筈の真実。それを前にして、アークの野心家は笑みを浮かべる。

Interlude.2  (登場人物:セシリア・フィリックス カーク・オーチャード

  野心と陰謀が渦巻くレイヴンの「聖域」。高貴なるアークの女帝の矜持とは?

Coaxial  (登場人物:フォルディア

  戦火に包まれた「エデンⅣ」。死闘の最中、歴戦のレイヴン「フォルディア」は何を見る。

Intermission -Imitation summer- } (登場人物:ソリテュード アリス メイファ

  作り物の常夏の地で、二人のレイヴンと一人の少女は、つかの間のやすらぎを得る。

作:宮廷楽人・タカ坊

The rest is silence -Vorspiel-  (登場人物:アハト
  月は躯の如き静謐を纏う瓦礫の上を、厳かに昇っていく。
  夜を駆ける魔物は呻きと嘆きを従いて、夜の街を彷徨い歩く。
  慎ましやかなる静寂の内で繰り広げられる悲劇の序曲。
  残響のみが、月明かりの足元に響いている。
The rest is silence -Erster Akt-  (登場人物:アハト ブラックバロン
  幽鬼の如く黙す。虚ろな視界の先に空隙を見据える。
  漆黒の死装束を身に纏い、躯の寝床へと足を進めている。
  心は死に絶えた。世はいとも虚実に満ちている。よもやどんな望みすら得られない。
  幾重の涙を流しながら、数多の苦悩を紡ぎながら、それでも悲しみの流れを追い続けよう。
   1-1 1-2

作:柊南天

Armored Core - Execution -  (登場人物:ヴァロージャ アマラ / 連載・全年齢)
  致命的危険因子……俗に戦場不適合者、或いはイレギュラーと呼称される圧倒的脅威は、この世界に忽然と、時折発生する。
  そして彼らの大半は、善悪は其々に甚大な惨禍を一挙に及ぼし、現れた時と同じように忽然と戦場の表舞台から消え去っていく。
  これは戦場不適合者と、それを追う者達の物語……。
   1-1 1-2 1-3
Armored Core - Vicissitude -  (登場人物:ナボ ソルラ / 完結・全年齢)
  俺は全く幸運だ、素晴らしい話だ。君のような男と、優れた傭兵とこうして出会えたのだから。
  誇れないのなら、せめても俺は楽しみたい、この日常を。君には通じない話かもしれないがな。
  過去を捨てた殺し屋は謳う。暗く冷たい戦陣の中で。
   1-1 1-2
Armored Core - Bar "Lobo" -  (登場人物:マスター / 完結・全年齢)
  いらっしゃい、ここは場末のBar"Lobo"。誰でも、ゆっくりしていくといい。
Armored Core - Overdrive -  (登場人物:ノクス / 完結・R-18)
  涙の涸れたカラスは、愛する伴侶と共に戦場を渡り往く。




 -メニュー案-

Toppage

本編
外伝



Today: -
Total: -


 -変更点-
 「・」を「■」に変更し、見栄えを変更。
 「■」の後ろに半角スペースを使用することで、文字が滲むのを防ぐ。
 「メニュー」の項目は常に左側に出ているため、これを削除。
 練習ページ、テンプレートなど執筆者が使用する項目を隔離。読者が利用する項目を独立。
 本編に関するもの、執筆に関するもの、カウンターに仕切りのための水平線を追加。
 本編と外伝の「物語」。人物、機体、設定などの「設定」。「その他」と見分けるために一行の空白を確保。
 見栄えの統一感により、「設定」を「各種設定」に名称を変更。「作中設定」でもいいかも(四文字に統一したい

 -トップメニュー案-

■ 小説本編

■ 小説外伝

■ 作品内に登場する人物

  →『登場人物

■ 各種ACの設定

  →『登場機体

■ 作品内設定・バックボーン

  →『設定

 -変更点-
 「■」の引き出しをつけることで、一見しての見易さを向上。
 「作品内に登場する人物」などの項目名を強調。
 その後に続くリンク先を一段下にすることで、文字の開始地点を統一。視線の動く幅を低減。
 リンク先を示す「→」の前に全角二文字分の空白を空けることで、空間のバランスを確保。



 -各種設定案-

■ アスセナ

 名称:アスセナ(Azucena)
 種別:地域
 所属:ミラージュ社

 -詳細-
 ミラージュ社旧経済管轄区最南端に位置する旧世代遺跡。
 六年前にミラージュ社によってその存在のみが確認されていたが、兵器災害発生と共に経済管轄区ごと廃棄された。ミラージュ社による旧ナルバエス地方の復興活動に伴って旧世代遺跡「アスセナ」もその対象となっていた。
 第一話にて、ミラージュ社が同遺跡から発生する古代兵器群殲滅の為にAC戦力を中心とした掃討部隊を投入。
 結果として「アスセナ」の制圧に成功するも、ミラージュ社が欲していた旧世代の関連資材サンドゲイルに所属するレイヴンによって持ち去られた後であった。
 ミラージュ社は現在も、旧世代遺跡「アスセナ」の内部調査を継続中。

■ アンオフィシャル・オペレーション

 名称:アンオフィシャル・オペレーション(Anofficaloperation)
 種別:事象
 所属:レイヴンズアーク

 -詳細-
 現在より11年前――AD098頃、大手傭兵仲介企業レイヴンズアークによって遂行された非公式作戦のことである。正式名称はアースブルー作戦。
 是には同社帰属の有力レイヴンが多数関与し、結末として作戦に関与した過半のレイヴンが命を落とすという凄惨な結果を迎えた。
 多数の主権企業から構築される国際機関企業連合から脱退し、独自路線を歩もうとしたある新興企業体を瓦解させる為に、支配企業群がレイヴンズアークを始めとする複数の傭兵仲介企業に依頼したのが発端であり、作戦決行から僅か数日にして新興企業体はそのライフラインを断絶、まもなくして組織的瓦解に追い込まれた。
 この作戦を境に、レイヴンズアーク内の勢力図も激変し、その中のひとつにエクストリーム・アリーナにおけるトップクラス・ランカーの進退があった。



 -変更点-
 「題名」と「設定内容の説明」の間に仕切りがスペースしかないので、これを強調処理。
 題名に引き出しの「■」を置き、半角スペースを確保し、大文字処理を実行。
 名称にアルファベットを追加。特に意味は無いけど、あったら嬉しい?

 簡易的な情報を一見でわかるよう、「名称」、「種別」、「所属」の項目を追加。
 この簡易項目の単語は実際は何でも良い。正式名称を記す「名称」、その単語が何を意味しているのかという「種別」、どこの陣営が所持しているのかという「所属」など、あらかじめ定義されている情報を記したい。
 取り合えず、試験的にこの三種を導入。

 固有の単語にリンクを追加。ある程度つけることで、文字の明暗が分かれて認識しやすくなると思われる。
 ただし、つけすぎるとしつこいと感じるのも事実。これを実行するのなら、さじ加減を考える必要がありそう。
 組織の設定に構成員リストを追加。レギオン化した「構成員」の文字が大きくする方法がわからず、暫定的にこの大きさに。文字の大きさの統一はしたい。


 -外伝案-

ARMORED CORE Handed Down Heroism -Side storys-

Dépression du chevalier (登場人物:カヴァリエルガノルフ / 作:CHU)

  血気に逸る若き女騎士は、憩い場にて老いた大鴉と出会う。
  彼は、一時の歓楽を玩味する代わり、彼女に自らの詮術と訓蒙を分け与えた。
   1-1 1-2

白翼の対価  (登場人物:スワロー フラーネ / 作:CHU)

  貪婪な世界の闇は男の全てを喰らい、全てを奪い去った。
  地位も、名誉も、骨肉も、――果ては人間としての尊厳さえも。
  全てを奪われた男は、ある時、燦然たる光輝と出会う。
  ――そしてその光は、新たに、男にとっての全てとなった。
   1-1 1-2 1-3

屍翼の奏者  (登場人物:スワロー フラーネ / 作:CHU)

  猿山の将の招致に応じ、“不死者の王”――その火印を背負った男は、絢爛の都に降立った。
  夜陰と深淵こそが彼の者にとっては剴切――。
  然れど、その旁わらには何時でも陽光の如き女性の姿が在った。
   1-1 1-2

He's coming back  (登場人物:ダイスケ・ロットブル ティア・ソール / 作:ヤマト)

  怒りの消えた日々よりの訪問。二人の鴉は戦場で再会する……。

鬼神の妖精  {(登場人物:ハスラーワン 九玉 スワロー / 作:ヤマト)

  絶対的粛清者〝ナインボール〟
  赤い鬼神に宿るという妖精とは何か?

Interlude.1  (登場人物:ハインリッヒ・シュナウファー / 作:クワトロ大尉(偽))

  決して知られる事のない筈の真実。それを前にして、アークの野心家は笑みを浮かべる。

Interlude.2  (登場人物:セシリア・フィリックス カーク・オーチャード / 作:クワトロ大尉(偽))

  野心と陰謀が渦巻くレイヴンの「聖域」。高貴なるアークの女帝の矜持とは?

Coaxial  (登場人物:フォルディア / 作:クワトロ大尉(偽))

  戦火に包まれた「エデンⅣ」。死闘の最中、歴戦のレイヴン「フォルディア」は何を見る。

Intermission -Imitation summer- } (登場人物:ソリテュード アリス メイファ / 作:クワトロ大尉(偽))

  作り物の常夏の地で、二人のレイヴンと一人の少女は、つかの間のやすらぎを得る。

The rest is silence -Vorspiel-  (登場人物:アハト / 作:宮廷楽人・タカ坊)

  月は躯の如き静謐を纏う瓦礫の上を、厳かに昇っていく。
  夜を駆ける魔物は呻きと嘆きを従いて、夜の街を彷徨い歩く。
  慎ましやかなる静寂の内で繰り広げられる悲劇の序曲。
  残響のみが、月明かりの足元に響いている。

The rest is silence -Erster Akt-  (登場人物:アハト ブラックバロン / 作:宮廷楽人・タカ坊)

  幽鬼の如く黙す。虚ろな視界の先に空隙を見据える。
  漆黒の死装束を身に纏い、躯の寝床へと足を進めている。
  心は死に絶えた。世はいとも虚実に満ちている。よもやどんな望みすら得られない。
  幾重の涙を流しながら、数多の苦悩を紡ぎながら、それでも悲しみの流れを追い続けよう。
   1-1 1-2

Armored Core - Execution -  (登場人物:ヴァロージャ アマラ / 連載・全年齢 / 作:柊南天)

  致命的危険因子……俗に戦場不適合者、或いはイレギュラーと呼称される圧倒的脅威は、この世界に忽然と、時折発生する。
  そして彼らの大半は、善悪は其々に甚大な惨禍を一挙に及ぼし、現れた時と同じように忽然と戦場の表舞台から消え去っていく。
  これは戦場不適合者と、それを追う者達の物語……。
   1-1 1-2 1-3

Armored Core - Vicissitude -  (登場人物:ナボ ソルラ / 完結・全年齢 / 作:柊南天)

  俺は全く幸運だ、素晴らしい話だ。君のような男と、優れた傭兵とこうして出会えたのだから。
  誇れないのなら、せめても俺は楽しみたい、この日常を。君には通じない話かもしれないがな。
  過去を捨てた殺し屋は謳う。暗く冷たい戦陣の中で。
   1-1 1-2

Armored Core - Bar "Lobo" -  (登場人物:マスター / 完結・全年齢 / 作:柊南天)

  いらっしゃい、ここは場末のBar"Lobo"。誰でも、ゆっくりしていくといい。

Armored Core - Overdrive -  (登場人物:ノクス / 完結・R-18 / 作:柊南天)

  涙の涸れたカラスは、愛する伴侶と共に戦場を渡り往く。

 -変更点-
 文字の小ささと、文字の太文字化によって一行あたりの空間密度が高すぎるため、これを修正。
 題名の「*」を一つに変更し、焦点の合いづらさをを緩和。
 題名後ろに全角のスペースを確保し、空間を取り、題名と登場人物などの簡易紹介を引き離す。
 「登場人物」からの文字の大きさのバランスをとるため、size10→size14に変更。
 「()(かっこ)」、「:(コロン)」を半角から全角にすることで、空間密度を低下。
 キャラ名とキャラ名の間を全角スペースに変更し、密度を低下。

 「1-1」などにしているのは、連載項目があるというのを考慮してのもの。
 また単独で「1」となっていると非常にクリックしづらいため、それを緩和させるための空間処理。実際、文字数が確保できるのならどのような単語でも良いかと思われる。
 以前までのは「題名」と「章」を組み合わせたものをリンクさせていたが(例:The rest is silence -Erster Akt- 1-1)、章がいくつも続くと、まったく同じ単語を何度も羅列することになる。
 これはしつこいと感じると思うので、暫定で削除。

 リンク例 1  1-1

 出来れば作者ごとに空白を差し込むのではなく、著者の名前を大きく記すことで仕切りを強化し、見易さを向上させたいところ。




宮廷楽人

The rest is silence -Vorspiel-  (登場人物:アハト / 作:宮廷楽人・タカ坊)

  月は躯の如き静謐を纏う瓦礫の上を、厳かに昇っていく。
  夜を駆ける魔物は呻きと嘆きを従いて、夜の街を彷徨い歩く。
  慎ましやかなる静寂の内で繰り広げられる悲劇の序曲。
  残響のみが、月明かりの足元に響いている。

The rest is silence -Erster Akt-  (登場人物:アハト ブラックバロン / 作:宮廷楽人・タカ坊)

  幽鬼の如く黙す。虚ろな視界の先に空隙を見据える。
  漆黒の死装束を身に纏い、躯の寝床へと足を進めている。
  心は死に絶えた。世はいとも虚実に満ちている。よもやどんな望みすら得られない。
  幾重の涙を流しながら、数多の苦悩を紡ぎながら、それでも悲しみの流れを追い続けよう。





■ The rest is silence -Vorspiel- (登場人物:アハト / 作:宮廷楽人・タカ坊)
 月は躯の如き静謐を纏う瓦礫の上を、厳かに昇っていく。
 夜を駆ける魔物は呻きと嘆きを従いて、夜の街を彷徨い歩く。


慎ましやかなる静寂の内で繰り広げられる悲劇の序曲。
残響のみが、月明かりの足元に響いている。









(リンク)
月は躯の如き静謐を纏う瓦礫の上を、厳かに昇っていく。
夜を駆ける魔物は呻きと嘆きを従いて、夜の街を彷徨い歩く。
{ 慎ましやかなる静寂の内で繰り広げられる悲劇の序曲。

残響のみが、月明かりの足元に響いている。


残響のみが、月明かりの足元に響いている。
残響のみが、月明かりの足元に響いている。






ここに本文(ここにルビ)

ARENA RANKER LIST(各傭兵仲介企業)

■ RAVENS ARK
+ 【EXTREME ARENA[HQ ARENA]】
+ 【ESTATE ARENA】
+ 【GB ARENA】
+ 【所属アリーナ不明】
■ GLOBAL CORTEX
+ 【EDENⅠ ARENA[HQ ARENA]】
+ 【EDENⅣ ARENA】
+ 【所属アリーナ不明】
■ CONCORD
+ 【HQ ARENA】
■ Comprehensive Operation Intermediary Network
+ 【COIN ARENA】


■ ARMORED CORE Handed Down Heroism 第十三話 (作:柊南天)

人類最後の楽園を戦火が覆う中、炎天の空を鴉達は羽ばたく。

+ ARMORED CORE Handed Down Heroism 第十四話

■ ARMORED CORE Handed Down Heroism 第十二話 (小話数:4/ 作:クワトロ大尉(偽))

第十二話です。第十二話です。第十二話です。第十二話です。

+ ARMORED CORE Handed Down Heroism 第十二話

+ ...
+ 頭:
+ コア:
+ 激猛習中
+ ハスオ


+ ARMORED CORE Handed Down Heroism 第十四話


+ 右肩兵装:無し
+ 左肩兵装:無し
+ 右腕兵装:YWH14PU-ROC4(LR)
+ 左腕兵装:WH09H-WRAITH(LR)
+ 右格納兵装:WH09H-WRAITH(LR)
+ 左格納兵装:YWH14PU-ROC4(LR)
|