※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

娼婦
レベッカ:この女性たちはお金によっては手を貸してくれるわ。番兵を誘惑させれば気づかれずに移動するのが楽になるはずよ

   娼婦はルネッサンス期の女性に最も多く見られた肩書きのひとつだ。
   といっても、他には家族と一緒に暮らすか、修道院に入るくらいしか選択の余地はなかったんだが。
   いずれにせよ、イタリア社会では娼婦が受け入れられていたし、
   政府の管轄下に置かれていた娼婦も多かった。
   だけど15世紀末には、多くの都市で売春を規制する法律が制定されるようになり、
   娼婦は特定の服装をすることを義務づけられ、まっとうな社会からは隔離されるようになったんだ