※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

美術商
レベッカ:ヴィラ・アウディトーレに飾る絵を選んでいったら?他にも何かいいものを売ってるかもしれないし

   ルネッサンス期の芸術家が経営していた工房は一般に小さく、売っているのは教会や自宅に置く宗教的な飾り物だった。
   芸術家は、現代と違って世捨て人扱いされたりはせず、
   大工や鍛冶屋と同じ、単なる職人と考えられていた。
   作品は共同で制作されることがほとんどだった
   
   工房の長である親方は、手数料を受け取って弟子たちの仕事を監督した。
   ビジネスとして利益を出さなければならなかったから、
   何かの宗教画が流行れば、その複製画をどんどん描かせたりもした