※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

フェデリコ・アウディトーレ
  • 誕生年:1456
  • 肩書き:貴族の子息

   エツィオの兄でアウディトーレ家の長子であるフェデリコは、19歳でメディチ家の事務員になった。
   といっても、銀行の記録を見ると、仕事はろくすっぽせずブラブラしていたらしい。
   
   彼について詳しく書いてあるところが1ヶ所だけある。1475年9月17日、金貨の袋がなくなった。
   「店じゅうが大騒ぎになっているさなか、フェデリコ・アウディトーレがフランチェスコ・サセッティに近づき、さも楽しげに袋のありかを明かした。
   なんと、屋根に置いてあったのだ。
   これがジョヴァンニ・アウディトーレの息子でなかったら、ロレンツォ様に訴えてさらし台につないでやるところなのだが!」
   
   20歳の誕生日を迎えて間もなく、フェデリコは銀行をお払い箱になった。まあ当然だな