企業別 > 三菱重工|兵庫|稲わら⇒エタノール


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

基本情報

企業:三菱重工業
原料:わら
生成物:バイオエタノール
段階:実験
1l製造コスト:90円(予定)
年産量:800リットル(予定)

原料情報

原料調達元:東播地域を中心に四ヘクタールで約二十トン
製法:わら→粉砕→熱水→酵素→糖→酵母発酵→エタノール

プラント情報

国:日本
地域:明石市二見町南二見
プラント所在地:神戸造船所二見工場
面積:約1000平方メートル

枠組情報

枠組:農林水産省のモデル事業
協力企業:
わら・ひょうご環境創造協会(神戸市須磨区)
発酵・白鶴酒造(同市東灘区)
精製・関西化学機械製作(尼崎市)

プラント稼働:2009年夏
一部商用化:1998年(予定)

参考情報

農水省によると、国内で発生するわらは年間千四百万トン。
近畿経済産業局の試算では、県内の稲わらや麦わらからエタノール約三千キロリットルを生産できるという。

■以上
























/