※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


Claim CB200.5:
The metabolic pathway for AMP synthesis is too complex to have evolved. It requires several intermediate steps, and it is highly improbable that all of the steps could have evolved simultaneously.
AMP合成のための代謝経路は、進化するにはあまりに複雑である。それにはいくつかの中間のステップを必要とするので、そのステップの全てが同時に進化できたということはありそうにない。

Source:
Behe, Michael J., 1996. Darwin's Black Box, New York: The Free Press, pp. 140-160.

Response:
  1. 現在の生物ではAMPの合成は数ステップで行われるが、幾つかのステップは必要ではない。事実、アデノシンは生物の外部の、水溶液中(Ferris et al. 1984)でも、空気中(Kuzicheva and Gontareva 2002)でも、形成可能で、実際に形成されている。初期の生物は生物以前のAMPを利用するだけだったが、後に漸進的に発展し、メカニズムを調整して AMP自体を合成できるようになった。
  2. 還元不可能な複雑さ自体は進化の障害ではない。

References:
  1. Ferris, J. P., H. Yanagawa, P. A. Dudgeon, W. J. Hagan Jr., and T. E. Mallare, 1984. The investigation of the HCN derivative diiminosuccinonitrile as a prebiotic condensing agent. The formation of phosphate esters. Origins of Life and Evolution of the Biosphere 15: 29-43.
  2. Kuzicheva, E. A. and N. B. Gontareva, 2002. Prebiotic synthesis of nucleotides at the Earth orbit in presence of Lunar soil. Advances in Space Research 30(6): 1525-1531.