※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


Claim CI001.2:
Intelligent design (ID) is quite different from creationism, because
インテリジェントデザインは創造論とはまったく違う:
  1. "Intelligent design creationism" is a pejorative term, not a term used by members of the ID movement.
    インテリジェントデザイン創造論は軽蔑用語であって、インテリジェントデザイン運動では使われない。
  2. Creationists and fair-minded critics recognize a difference between ID and creationism.
    創造論者と公正な批判者はインテリジェントデザインと創造論の違いを認識している。
  3. ID is scientific.
    インテリジェントデザインは科学的だ。
  4. ID's religious implications are distinct from its science program.
    インテリジェントデザインの宗教的含意は科学プログラムとは別である。


Response:
  1. インテリジェントデザインが創造論ではないという理由はこけている:
    1. インテリジェントデザイン創造論はそれが記述的なので使われている。インテリジェントデザイン運動自身が使っていないという事実は何の意味も持たない。というのはインテリジェントデザイン運動はプロパガンダと印象操作に基づくものだからである[Branch 2002; CRSC 1998; Forrest 2002]
      このような理由を主張するのはずうずうしい偽善だ。インテリジェントデザイン支持者は容赦なく、進化論をダーウィニズムと呼び、進化科学者をダーウィニストと呼ぶ。進化科学者はこれらの用語をそのようには使っていない。
    2. インテリジェントデザイン創造論と"若い地球の創造論"と"古い地球の創造論"と"ギャップ創造論"とヴェーダ創造論などの間には違いがある。それでもすべて創造論である。
    3. インテリジェントデザインは少しも科学的ではない。
    4. インテリジェントデザインには科学プログラムがないので、最後の点は意味がない。
  2. インテリジェントデザインは創造論の一形態として、支持者から定義され、扱われている。(以下にあげる考えはインテリジェントデザイン運動内に広まっているが、個々のメンバーには同意しない者もいるかもしれない。)インテリジェントデザインの主たる特徴は、自然主義の否定であり、進化の否定であり、突如の出現と超自然のデザインへの信仰であり、化石記録の隙間の強調であり、科学的支持があると主張し、進化論は社会の脅威だと主張し、"論争を教えろ"を支持する。これらは1970年代の"若い地球の創造論"と本質的に違っていない[Forrest 2005]。
    • インターネットドメイン www.creation-science.com は2004年9月17日時点では、主たるインテリジェントデザイン機関であるAccess Research Networkによって登録されており、Access Research Networkへリダイレクトされている。
    • ある著名なインテリジェントデザイン本はその定義に創造論の考えを入れている:

      インテリジェントデザインは多様な形態の生命が、インテリジェントエージェンシーを通して、魚にはヒレとウロコ、鳥に羽毛とくちばしと翼など特有の形質を完全な形でもって、突如始まったといものである[Davis and Kenyon 1989, 99-100]

    • インテリジェントデザイン運動は、起源についての自然主義的説明を否定し、それを、運動の参加者全員がキリスト教の神だと同定する超自然のエージェントによる1回もしくは少数回の突如の創造で置き換えようとしている。
  3. インテリジェントデザインの戦略は創造論から進化した。主たるインテリジェントデザイン教科書であるOf Pandas and Peopleは、創造科学を教えることが違憲であると判決したEdwards v. Aguillard裁判があった1987年に草稿が書かれていた。初期の草稿では創造論の本であり、創造という言葉が使われ、それが一貫していた。Edwards v. Aguillard裁判の判決後の草稿では、著者たちは創造という言葉をインテリジェントデザインに置き換えた[Kitzmiller v. Dover, 2005]。

Links:
  1. Forrest, Barbara. 2005. From "Creation Science" to "Intelligent Design": Tracing ID's Creationist ancestry.
  2. Thomas, Dave. 2003. The C-Files: The smoking gun - "intelligent design" IS creationism!

References:
  1. CRSC. 1998. The wedge strategy. or Other URL
  2. Branch, Glenn. 2002. Evolving banners at the Discovery Institute. Reports of the National Center for Science Education 22(5): 12.
  3. Davis, Percival and Dean H. Kenyon. 1989. Of Pandas and People: The Central Question of Biological Origins (2nd ed.). Dallas, TX: Haughton.
  4. Forrest, Barbara. 2002. The wedge at work: How intelligent design creationism is wedging its way into the cultural and academic mainstream. In Pennock, Robert T. (ed.), Intelligent Design Creationism and Its Critics, Cambridge, MA: MIT Press, pp. 5-53.
  5. Forrest, Barbara. 2005. From "Creation Science" to "Intelligent Design": Tracing ID's Creationist ancestry.
  6. Kitzmiller v. Dover Area School District, 2005. Trial transcript: Day 6 (October 5), AM Session, Part 2,