※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


Claim CI111.2:
An intelligent agent is one that chooses between different possibilities. Specified complexity (also called complex specified information) detects design because it detects what characterizes intelligent agency; it detects the actualization of one among many competing possibilities.

インテリジェントエージェントは異なる可能性から選択する存在である。指定された複雑さ(あるいは複雑な指定された情報)はデザインを検出する。なぜなら、インテリジェントエージェンシーを特徴づけるものを検出するからだ。それは競合する複数の可能性から一つを現実化する。

Source:
Dembski, William A., 2002. No Free Lunch, Lanham, MD: Rowman & Littlefield, pp. 28-30.

Response:
  1. 指定された複雑な情報はインテリジェントエージェンシーを示さない。それはコピーを示すだけだ。ある仕様にマッチするパターンがあれば、それは偶然であるか、同じ制約条件にしたがったものであるか、情報のコピーかである。指定された複雑さ規準は、最初の2つを明示的に排除する[Dembski 2002, 6-13]が、コピーは排除されない。
    次のようなシナリオを考えてみよう。誰かがインクを偶然にこばして、レポートの1ページにインクの複雑なしみをつけたとしよう。そして、コピーを何部かするまで、インクをこぼしたことに気がつかなかったとしよう。コピーされたインクのしみは、複雑で仕様(オリジナルのしみ)に一致しているので、複雑な指定された情報の条件に合致する。しかし、この複雑で指定された情報は、意図的選択ではなくコピーによるものである。
  2. ノンインテリジェントな過程でも、2つの異なる可能性から1つを選択する。たとえば、機械はロトの数字を選択する。

References:
  1. Dembski, William A., 2002. (see above).