※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


Claim CF011.1:
Dawkins (1996) demonstrated a program that starts with a random string of letters and, via random copying errors, evolves it into the phrase "Methinks it is like a weasel" in just a few generations, demonstrating the power of natural selection unaided by intelligence. But intelligence is involved in predetermining the target sentence.
ランダムな文字列から始めて、ランダムなコピーエラーを経て、ほんのわずかのステップで"Methinks it is like a weasel"に進化し、インテリジェンスの助けのない自然選択の威力を示すプログラムをDawkins(1996)は提示した。しかし、ターゲット文字列を予め定めることでインテリジェンスが入っている。


Response:
  1. Dawkinsが本で提示したシミュレーションは、進化ではなく選択を示すものである。これは累積的な選択とシングルステップの選択の違いを示すためのものである。Dawkinsのシミュレーションを進化全体に適用するのは、彼の本に対する誤解させるものだ。
  2. 進化の主要な特徴をすべて示した進化シミュレーションがある[Lenski et al. 2003]。これは フィットネス関数 を含んでいるが、フィットネスのシミュレートは進化シミュレーションの一部となっている。

References:
  1. Dawkins, Richard, 1986. The Blind Watchmaker. New York: Norton.
  2. Lenski, R. E., C. Ofria, R. T. Pennock and C. Adami, 2003. The evolutionary origin of complex features. Nature 423: 139-144. See also: National Science Foundation, 2003. Artificial Life Experiments Show How Complex Functions Can Evolve.