※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

Kumicitのコンテンツ>英国情勢

英国の学校で創造論教育を禁止する法律の制定を求める運動 (2011/09/24)


英国は米国に対して言語障壁がないために、米国の創造論やインテリジェントデザインが侵入しやすい。そのため、学校教育へ侵入する創造論者たちと、これを排除しようとする科学者たちの間で戦いが繰り返されてきた。この流れで、英国でDr. Richard DawkinsやDr. David Attenboroughや、科学系団体などによる「公的資金の入っている学校での創造論教育の禁止を求める運動」が始まった。

A group of scientists in the United Kingdom is calling for a "statutory and enforceable" ban on teaching creationism in Britain's publicly funded schools, as well as for evolution to be included "at both primary and secondary levels in the National Curriculum and in all schools." Among the signatories to the statement are David Attenborough, Richard Dawkins, Steve Jones, Harold Kroto, Paul Nurse (the president of the Royal Society of London), Michael Reiss, and Lewis Wolpert, as well as the Association for Science Education, the British Humanist Association, the British Science Association, the Campaign for Science and Engineering, and Ekklesia.


この運動のポジションステートメントは次の通り:


Creationism and ‘intelligent design’(創造論とインテリジェントデザイン)

Creationism and ‘intelligent design’ are not scientific theories, but they are portrayed as scientific theories by some religious fundamentalists who attempt to have their views promoted in publicly-funded schools. There should be enforceable statutory guidance that they may not be presented as scientific theories in any publicly-funded school of whatever type.

創造論とインテリジェントデザインは科学理論ではなく、公的資金で運営される学校で自分たちの見方を宣伝しようとする宗教原理主義者によって科学だと描写されたものである。公的資金で運営される、いかなる種類の学校においても、これらを科学理論として提示することを禁じる、強制力のある法的ガイドラインをつくるべきである。

Organisations like ‘Truth in Science’ are encouraging teachers to incorporate ‘intelligent design’ into their science teaching. ‘Truth in Science’ has sent free resources to all Secondary Heads of Science and to school librarians around the country that seek to undermine the theory of evolution and have ‘intelligent design’ ideas portrayed as credible scientific viewpoints. Speakers from Creation Ministries International are touring the UK, presenting themselves as scientists and their creationist views as science at a number of schools.

"Truth in Science"のような団体は教師たちに、理科の授業でインテリジェントデザインを含めることを奨励している。"Truth in Science"は全英の学校の理科主任と学校図書館に、「進化論を蝕み、インテリジェントデザインを信用ある科学的見方だと描写する」無料教材を送りつけた。Creation Ministries International [豪州の創造論団体。米国のAnswers in Genesisと元は同一団体で、金銭トラブルなどから分裂]の講師が全英ツアーを実施し、多くの学校で、自らを科学者だと称し、創造論の見方を科学くとして提示している。

The current government guidance that creationism and ‘intelligent design’ should not be taught in school science should be made statutory and enforceable. It also needs to be made comprehensive so that it is clear that any portrayal of creationism and ‘intelligent design’ as science (whether it takes place in science lessons or not) is unacceptable.

現在の政府のガイダンスである「創造論とインテリジェントデザインは学校の理科の授業では教えてはならない」と法制化し強制力を持たせるべきである。創造論とインテリジェントデザインを科学として描写することを、理科の授業であるかないかに関わらず、禁止することを明確にした包括的な規定が必要である。

Evolution (進化論)

An understanding of evolution is central to understanding all aspects of biology. The teaching of evolution should be included at both primary and secondary levels in the National Curriculum and in all schools.

Currently, the study of evolution does not feature explicitly in the National Curriculum until year 10 (ages 14-15), but the government is overseeing a review of the whole curriculum with the revised National Curriculum for science being introduced in September 2012 to be made compulsory from 2013. Free Schools and Academies are not obliged to teach the National Curriculum and so are under no obligation to teach about evolution at all.

進化論の理解は、生物学のあらゆる面の理解の中心となる。進化論教育は、小中学校レベルの全英カリキュラムに含まれ、および全学校で実施されるべきである。

現在は、全英カリキュラムでは10学年(14-15歳)までは進化論学習は明示的には取り上げられていない。しかし、政府は2012年に導入され、2013年から強制力を持つ改訂版の全英理科カリキュラム全体のレビューを監督している。現状では、フリースクールでは全英カリキュラムの教育は義務付けられておらず、進化論を教えることを義務付けられていない。

英国で"創造論も教えるべき"が54%に なっており、 創造論を教えるべきという英国教師たちが35% もいる状況になっている。手遅れ気味ではあるが、今からでも対処する必要がある。