※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

Kumicitのコンテンツ>英国情勢

英国で創造論を教えるフリースクールGrindon Hall Christian schoolが2012年9月に開校


Guardian などの報道(2012/07/17)によれば、2012年9月に、公的資金によるフリースクールとして、創造論を理科の授業で教えるGrindon Hall Christian schoolが開校する。


Michael Gove英国教育相の発言


フリースクールGrindon Hall Christian Schoolへの公的資金利用を承認したMichael Gove英国教育相は、 NewsThump によれば、次のように述べて、創造論を教えるフリースクールへの公的資金利用を擁護した。

With dinosaur denying and rib counting expected to form part of the curriculum, Mr Gove said that the schools would provide a unique opportunity for pupils to experience education from a completely different perspective.

恐竜を否定し、肋骨を数えることがカリキュラムの一部を形成することについて、Michael Gove教育相は、その学校は、まったく違った観点からの教育を経験することというユニークな機会を児童に提供していると述べた。

“Up until now schools have adopted an approach that enables children to gain an understanding through the use of facts, and one that allows pupils to ask questions to further that understanding,” he explained.

“But facts don’t always tell the whole story.”

“Sometimes it’s important to form a child’s understanding of the world on stories that are so far-fetched they make Lord of the Rings look like a fly-on-the-wall documentary.”

“It’s all about choice.”

「これまで学校は、事実を使って児童の理解を高め、さらなる理科のために児童たちに質問させるというアプローチをとってきた。しかし、事実だけがすべてを語るわけではない。リアリズムが売り物のテレビのドキュメンタリー番組のように見えるように作られたロード・オブ・ザ・リングのこじつけられたストーリーから、児童が世界の理解を形成することも重要である。すべては選択である」




Grindon Hall Christian Schoolの創造についての立場


英国Grindon Hall Christian Schoolは以下のステートメントを公表し、創造論を理科として教えると明言している。

Creation [ copy on BHA ]

We will affirm the fact that “God created the world and everything in it”. We will affirm that he did so “ex nihilo” – out of nothing.

We believe that God, as sovereign Lord of the universe, is capable of creating the world in a few 24-hour days, or over a period of millions of years.

We do not share the rigid creationist’s insistence on a literalistic interpretation of the first chapters of Genesis. We believe it is honouring to, and consistent with a belief in, the inerrant Word of God to accept that the opening chapters of Genesis, as do many other places in Scripture, contain much that appears to be poetic. Thus, to insist on a literalistic interpretation of the passage(s) in question – which most Christians certainly do not feel obliged to do in regard to other instances of poetry and apocalyptic writings in the Bible - might in fact be very mistaken.

We are therefore very happy to believe that God could have created the world in six days. But we do not feel that it is helpful to affirm it as an unarguable fact.

We do not believe that the very plain evidence supporting a lengthy process of evolution needs to be challenged by Christians.

However, we vigorously challenge the unscientific certainty often claimed by scientists surrounding the so-called “Big Bang” and origins generally.

We believe that no scientific theory provides – or ever will provide – a satisfactory explanation of origins, i.e. why the world appeared, and how nothing became something in the first place.

We will teach evolution as an established scientific principle, as far as it goes.

We will teach creation as a scientific theory and we will always affirm very clearly our position as Christians, i.e. that Christians believe that God’s creation of the world is not just a theory but a fact with eternal consequences for our planet and for every person who has ever lived on it.

We will affirm that to believe in God’s creation of the world is an entirely respectable position scientifically and rationally.

我々は「神が世界と、その中のすべてを創造した」という事実を断言する。我々は神が無からすべてを創造したと断言する。

宇宙の創造主たる神が、数百万年以上ではなく、1日を24時間とする数日間で世界を創造する能力を持っていると、我々は信じている。

創世記第1章の字義通りの解釈についての厳格な創造論者の意図を共有しない。我々は、聖書の他の多くの場所と同様に創世記の最初の章が、ほぼ誌的のように見えるような部分を含んでいることお受け入れることは名誉であり、無謬の神言葉を信じることと一致すると、我々は信じている。したがって、大半のキリスト教徒が聖書の他の詩歌や黙示的記述について、そのようなことをする必要はないと感じていることだが、問題となっている節を字義通りの解釈しようとすることは、実際のところ、まったくの誤りかもしれない。

我々はしたがって、神が世界を6日間で創造できたと喜んで信じる。しかし、それを議論の余地なき事実と断言することは役立つことではないと感じる。

長々しい進化過程を支持するプレーンな証拠に対してキリスト教徒がチャレンジする必要があるとは考えない

しかし、いわゆる「ビッグバン」や起源について一般に科学者が主張する非科学的確実性には、我々は厳格にチャレンジする。

何故、世界が生じたのか、そして、どのようにして無から有が生じたのか、という起源についての満足できる説明を、科学理論が提示しておらず、今後も提示できないと我々は信じる。

我々は進化論の、確立された科学原理として、その範囲で教える。

我々は創造を科学理論として教え、我々のキリスト教徒としての立場を常に明確に断言する。すなわち、キリスト教徒は神による世界の創造を理論としてだけではなく、我々の惑星と、その上に生きた全ての人々についての永遠の帰結として事実だと信じる。

我々は、神による世界の創造を信じることは、まったく科学的かつ合理的に認められる立場だと断言する。