※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

力士工にまつわるエピソード編


このページの編集にあたっては、信頼できるソース (週刊誌名など誰でも確認できる出典) を明示するよう、心がけてください。 また、個人の感想や意見を付け加えないようお願いいたします。


逮捕前

●東京都青梅市の男性が死亡した原因について、「『(男性は)もし結婚できないんだったらもう死にたい』と話していた。自殺したのでは」と話していた。
●男性は約1,700万円を力士に渡していた。
関連項目:年表10

●千葉県野田市の男性が死亡した火事の原因について、当時の事情聴取に対し、「Aさんはよくタバコを吸っていて、それが原因ではないか」と説明していた。
●男性は力士に130万円を振り込んでいたほかに、火災当日に力士が男性の銀行口座から180万円を引き出しているところがATMのカメラに写っていた。
関連項目:年表10

●千代田区の男性は遺体で発見される前日、ブログに将来への希望をこめた「婚活報告」を書き込んでいた。
男性のブログは、近頃急にアフィリエイトが増え、なんでお金がそんなに必要になったんだろうとブログ訪問者が訝しがってた。真相は結婚資金の500万円を力士に渡すためだった。
男性は遺体で発見される前日、都内の金融機関の窓口で数百万円を引き出していた。
関連項目:年表11

●千代田区の男性の遺体が埼玉県内の駐車場で発見された4日後、別の男性と観光地の福島県・裏磐梯に旅行していた。
関連項目:裏磐梯旅行 画像データによる検証

●東京都千代田区の会社員が死亡した件で、1ヵ月ほど埼玉県警から行動を監視されていた。その際、刑事がわざと声をかけたり、電車の隣に座ったりして反応をみたが、顔色一つ変えず、妹と食事に行ったり、平素通りの生活。

●9月上旬に県警から任意同行を求められた直後にブログ閉鎖・PCデータも消去。データは修復しても一部が文字化けして解析が難しい状態に。
●移送時、詰めかけた報道陣に目が光って昂揚しているようだった。

※逮捕直前まで同居していた千葉県の男性関連の話は下(☆)にまとめてあります。
☆へ



逮捕後

●千葉県野田市の男性は画家の父親の描いた絵画を所有していた。県警は力士が逮捕直前まで一緒にいた千葉県内の男性宅を家宅捜索したところ、野田市の男性の父親の絵画を発見した。

※供述
「年上の恋人が死んで援助してくれる人がいないと言うと男の人はだまされる」
「だまされる方が悪い」
「私は貯金をしない。お金があれば全部使ってしまった」
「数十万円のクレジットカードの支払期限が迫っていて、焦っていた」
「金に困り生活を維持するためだった」
「詐欺が毎日の仕事みたいになっていた」
「毎日仕事しているほど忙しかった」

東京都千代田区の会社員の死亡原因について
「車内から見つかった練炭は私が買ったもの」
「駐車場で別れ話になったので、ショックで自殺したのでは」

●複数の男性から騙し取った金額の合計は1億以上に及ぶ。しかし逮捕後、口座にほとんど残高はなく、借金が数十万円あった。
●反省の言葉、被害者への謝罪なし。
●食事は毎回ぺろりと平らげる。
●拘置施設での生活が長引くが、足取りはしっかりしており、太めの体形も変わらない。むしろ以前より太ったかもしれない。

●09/12/17時点で力士は男性らに対する結婚詐欺について全面否認。言質を取られないよう、事件に関する話題には一切触れない徹底ぶり。

※拘置施設での生活についてはこちらも参照



逮捕直前まで同居していた千葉県の男性とのエピソード

●任意同行を求められた後、逮捕直前まで同居していた千葉県の男性に「自殺した人(東京都千代田区の会社員?)のことで疑われて警察が周辺にいる。外を歩くのも怖い」「所有するテナントビルでお菓子教室をやらせてもらう予定で見に行ったが、実際にはテナントは空いておらずできない状態だった」別れた理由は「けんかではなく、うそばかりつくから『もう二度と会わないでください』と暗に言ってタクシーで帰った」と説明。

●同居していた男性に捜査員が「昏睡強盗ですよ」と警告。男性は警察の言葉を信じなかったが、警察が尿検査したいと言うので従った。結果、尿から睡眠薬は出ず警察から帰宅。
入れ替わりに力士が警察に呼ばれるもその後帰宅し、「私の詐欺容疑が一切晴れました」と嘘の報告をした。

●出会った当初から「1カ月で自宅マンションを出て行かなければならず、住むところがない」「家政婦を雇ったつもりで支援をしてほしい」と援助を求めていた。
●同居していた1週間の間に、男性へ借金(240万円)と引っ越し代(10万円)を求めた。男性は240万は振り込み、10万は手渡した。その後、「いずれ結婚するのだから、あなたのお金を預かっておくね」と申し出、男性は200万円を渡した。(計450万円)

●力士は男性へ「ピアノとヘルパーで家のローンも一緒に返しましょう。子供もほしい。」と将来の夢を語っていた。
●逮捕時には男性に「大丈夫だよ、大丈夫だから」と言い残して出ていった。
●逮捕後に「あなたは心の支えです。待っていて下さい。」「何かと支援してください。」という内容の手紙を送っている事が判明している。

●男性宅には1週間滞在、後に室内にあった7つの火災報知機が全部取り外されていた。


431 :可愛い奥様 投稿日:2009-11-02 18:57:07 ID:BglK9B9+P
フジテレビまとめ(補足よろ)
太っていて年も上だったけど、仕方ないと妥協した(この辺ウロ)
両親の仏壇に「僕の大切な人です」と手を合わせたときに
彼女もいっしょに手を合わせてくれて
「やっぱりいい子だな」と思った
持ち込んできたものは、ルクルーゼの鍋とダイニングテーブル
食器類、スーツケース、ウォーターサーバー、数足の靴、その他
寝るのとお風呂に入るのだけは一人じゃないといやだと言っていた
2時間おきに掃除(コロコロ)をする
料理する時は薄手の手袋をする
料理はとにかく全部美味しかった
のりP逮捕報道を見て
「なんで悪いことするんだろう。悪いことしちゃいけない」と言っていた
付き合う前に「ブログを見てください」と言われた
私も今までは無駄遣いばっかりしちゃったけど
これからは家計簿をつけて無駄遣いしないようにするから一緒に頑張りましょうと言われた
最初二人で警察に連れて行かれて事情を聞かれた時泣いてた



5年間ほぼ毎月送金を受けていた千葉県松戸市の男性へついた
ありえない嘘の数々

●母は小和田さんの親戚で、雅子さまからお手紙をもらったこともある。
●母は体調を崩して、家政婦さんと二人で暮らしてる。雅子さまはお見舞いにも来てくれた。
●父は昔、セスナ機の離陸に失敗して死んでしまった。一緒に乗っていた私も、そのとき怪我をした。
●国立音大は首席で卒業した。
●ヤマハの偉い人と一対一で話をして、特別にケンブリッジ留学を認めてもらった。
●母は自分の財布でお買い物をしたこともない人。
●祖父もケンブリッジを卒業している。
●父は東大の教授。妹も留学経験がある。
●私は何カ国語も喋ることができる。

※力士は1ヶ月に1度日本に帰ってくる設定とし、男性とは主にメールでやり取りをしていたため、男性はアメリカへの留学生活を当初信じていた。
※男性は5年間であわせて約7400万円を送金。最後の送金は死亡の一か月以上前だった。
関連項目:年表8



関西在住の医師夫人と美容整形手術

●医師夫人への偽りの自己紹介
「自分の実家は北海道の名家で、フェリス女子大を出た。」
「いまはピアノ講師とフードコーディネーターをしている。」
「実家から婿取りを強制されている。」
「医療従事者との出会いを求めて婚活中。」
●医師夫人が新しい家政婦を探していると、しきりに自分を雇うように要求。
「将来に備え、医師の夫が安らぐ環境を見ておきたい。」
「夫人とスクール(セレブ女性向け養成学校)に通いたい。」
「家政婦が無理ならスクールへの通学のためのホームステイをさせてほしい。」
「夫の知り合いの医師を紹介してほしい。」
●いざ紹介の段になると自身の血縁関係や学歴を証明する釣書の提出を最後までしぶるなど、不自然な態度を見せた。

●力士が美容整形を望んだため、当時大阪で有名だった整形外科を紹介した。
●手術後に市内のカフェで会うと、あごを細く見せる『顎プロテーゼ』の手術を受けたと話した。
●そのすぐ後に、スラリとなったあごの写真がブログに載る。
●医師夫人が友人たちと作っているセレブコミュニティーにも参加。他の複数のセレブ女性とも連絡を取り合った。

●脂肪吸引による「全身痩身」、脂肪を注入する「豊胸」を希望した。
●クリニック側は、力士があまりにも太っていたため生命に危険が及ぶと判断、丁重に断った。せめてあと10キロ、体重を落とすよう指導。力士は脂肪肝でもあった。
●痩身整形を断られた後、力士は体をきっちり絞ってから再度手術を受けると語っていたが、数カ月もたたないうちにもっと太っていた。
●クリニック関係者は油絵を趣味にしていたため、力士は整形手術後に自身の似顔絵作成を依頼。「本人を目の前にして描いたので2割増しで細めに描いた。」

注意:下記のレポートは独自研究であり、個人の感想が含まれる場合があります。
※「関西在住の医師夫人」については関連項目:自称関係者(ケヤキ)も参照



詐欺の手口

●相手の多くはインターネットの結婚サイト、或いは不倫サイトで知り合った。

約一年前から、毎日写真付きのHPでアップしています。2009年7月現在1800以上の記事を書いています。(かなえキッチン)日記とは別に自分で作ったお料理やお菓子、パン、ドリンクなどの写真も1200品以上掲載しています。 もし私に興味を持ってくださり、私も同じように好印象を持った方にはURLをお教えしますので、HPをご覧いただくと、私の日常や考えがお伝えできると思います 。

注意:下記のレポートは独自研究であり、個人の感想が含まれる場合があります。


数日前初めて、出会い系サイトというものに登録をしてみました。
(中略)
誰か個人的に雇ってくれないかしら。 h付きの家政婦さんとして。
(中略)
どなたか個人的にバイトで雇ってくださる優しい男性がいたらご連絡ください。 結構本気で独占契約してくれる方募集したいくらい。

●40~50代の男性へは学生を名乗り「真剣に結婚を考えられる相手を探しています。今、学校の授業料が納入できずにいます」「今月の◯◯日までに納入できなければ残念ながら除籍です。将来を考えている方に支援して欲しいということも、私が交際する相手に望むことです」と交際をちらつかせ、学費の支援を求めた。
また、高齢者へは介護ヘルパーと称することもあった。
●男性らが資金援助を躊躇すると「卒業したらあなたに尽くしますから」と懇願した。
●最初の借金に応じない人は「お金がない人はだめなの。」とすぐに交際を断った。

●金を振り込んできた男性には「いつまでも子供のようなデートだけではつまらないのではないかと思います。お会いできるのでしたら、綺麗なホテルに連れて行ってほしいなと思います」とメール。
●さらに「サイトの退会手続きを取りました。複数の方と連絡を取り合っていたり、これからも出会いを求めるようなことは気持ち的に良くないので…」とメールし、男性の信頼度を上げた。
●男性が高級ホテルを予約し2人で宿泊。しかし、睡眠導入剤(ハルシオン・レンドルミン・マイスリー・トリアゾラム等)を飲まされ男性の記憶が曖昧に。
●翌朝、力士は裸、「肉体関係があった」「貸した金はあげると言ったわよね」と態度が豹変。記憶のない男性に主張し認めさせた。
●自分名義の口座に金が払い込まれると、電話やメールで「もうあなたは嫌だ」などと突然別れを告げることもあった。
●不倫サイトでは相手を恐喝して金を巻き上げていた。

●この手口で複数の男性を騙し、1年間に2000万円を得た。



その他のDQNなエピソードあれこれ


日常生活

●髪を染めに行った美容室で「赤くしてくれ」という注文。染めている最中(シャンプーもまだしてない、染まるの待ってる時間)に「赤くなりすぎてる」と騒ぎだした。
そしてシャンプー後には「白髪が1本染まっていない!」と難癖をつけ、仕方が無いので料金4800円の所を3800円にしたら、力士は1万円を出したのでお釣りとして6200円を渡すと、「悔しい」と言って200円を担当美容師の体に向かって投げつけた。(白髪を手に隠し持っていた疑惑有)
●その美容室前に止めてあったバイクにベンツをぶつけてしまい、最初は低姿勢だったが仕舞には「こんな所に置いてある方が悪い!」と逆切れ。

●道端ですれ違った女性が持っているバッグを、「あれ欲しい!」と追いかけ交渉して買い取った。
●パテシエから直々にトリュフが届いた、お手紙もきたとブログにあったが、そのパテシエに問い合わせると「全く顔も知らない人。購入した品にクッキングシートの破片がついていた、とクレームがきて、そのお詫びに送った手紙と品物です」との答えだった。
女性からのお手紙の文字

●(ブログが事実なら)今年の9ヶ月分を数えるだけでも外食は158回、全国から取り寄せた高級食材150点以上。
●父親の葬儀に、買ったクッキーを手作りと言って配る。 →関連項目:手作り詐称疑惑
●「贅沢は言わない。人の5~6倍の収入があれば幸せだ」と物凄い持論を展開。 →関連項目:迷言集
●隣のビルの敷地に段ボールが何度も捨てられるというトラブルがあり、見たら力士エの住所の送り状が貼ってあったので、マンションの管理人が注意しにいった。
本人は自分がやったんじゃないとしらを切ってた。



ブリーダー時代

●食事中、車に残した力士の愛犬が熱中症になってしまった。力士の知人が水をかけて手当てしたが、本人は愛犬を見て「汚い」と言い放った。
●犬の大会で惜しくも優勝を逃すと、ハンドラーに色々と難癖をつけて料金を払わず。
●そのハンドラーさん関係のBBSを荒らす。
●そのためハンドラーが面倒をみるのを断ると「殺してやる」「妨害してやる」と何度も脅迫メールを送りつける。
●ハンドラーが警察に訴え、15万円の未払い民事訴訟を起こす。
●ドッグショーに出始めてから数年後、ついに預かってくれるハンドラーがいなくなり、オーナーハンドラーになったが勝てるはずがなく、飼い主とトラブルになっていた。
●10万円クラスの犬を「ショーに出せば50万円になる」と売っていた。



インターネット関係

●自分のHPで毎日自作自演、何とスタッフ5名は全員架空、批判の意見は即効削除。掲示板に書いているのは殆ど力士。 →関連項目:カインド掲示板
●仲良くしているはずの食通Wさん(目上の方)のブログに何か新しいことが書いてあると、張りあうように当てつけがましくエントリー(例・「○○は昔から愛用していました」「○○は、あまり好きではありません」)
●クックパッドつくれぽ自作自演疑惑  →関連項目:つくれぽ自演用ID
●マッチコムでも少なくとも2つのIDを所有していたことが判明(Kana1127・piano_sweets34) →関連項目:出会い系サイトのプロフ(マッチコム)
●ヤフオク別IDも多数あり?



学生時代

●小学校の文集にあった「あなたが1億円のお金があったらどうしますか」という項目に、「世界中のいろいろなものを食べ歩く」と書いていた。
●子供の時口癖が「あなたに尽くします」だった。
●中学校時代の文集には「嫌いなもの:不潔、貧乏、バカ」と書いていた。
●中学時代、私書箱を借り、多数の円光相手と文通。テレクラにもハマる。
●中学時代の財布に何万円も(円光により得た)、コンドームも入っていた。
●事実を知った中学校側は、何度も繰り返しやめるよう注意。しかし聞き入れることはなかった。
●高校時代、家族ぐるみで付き合っているお宅から通帳(五百万円)と印鑑を盗み出し、男におろしに行かせる。
●高校時代、円光で得たお金でクラスメートに毎日弁当を買う。男子には財布を買い与える。
●親にバレそうになると友達のせいにした。
●木嶋家が中標津に所有するアパートに、年上の男性と入っていくのを見たという同級生証言。中二か中三の頃。高校に上がっても噂は続いた(週刊文集11月12日号)
上へ