夜の祈り

よるのいのり【登録タグ: ちゅか 白鐘ヒヨリ

作詞:ちゅか
作曲:ちゅか
編曲:ちゅか
唄:白鐘ヒヨリ

曲紹介

  • ちゅか氏のオリジナル曲7曲目。
  • 曲名と絵は絵師である その氏によるもの。
  • 眠れないことを唄っているが、聞いていると静かに眠りに落ちていけそうな優しい歌。

歌詞

昨日と今日のすきまを縫って
やってくる 白い針は
わたしを突き刺す

傾げた花はしじまにおちて
そっとふる 冷えた光は
わたしを照らさない

時計がまわる
こころごと刻む

痛むほどに透けた夜は

溢れるからねむれないの

見てるはずの淡い夢が
まぶたの裏 泡になって

ねむれない ねむれないの


藍と蒼のすきまを這って
ひっそりと細い指が
わたしを撫でていく


目を閉じてもねむれないの
丸まってもころがっても

ああ泣きたいや

見上げてみた 狭い空が
思ったより遠いなんて

さみしいの

ねむれないの

(動画内歌詞より転載、一部実際の歌唱に合わせて編集)

コメント

名前:
コメント:
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。