聖堂の住人

このページを編集する    
※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

聖堂の住人 その1



住人No.1

アーシャ=サングネヴィア - Анастасиа сангуиневиа (Anastasia sanguinevia)

「お嬢様の大好きなダージリンを淹れましたよ。冷めない内にどうぞ」


  • 居住理由→ユーリャお嬢様をお守りするため。

  • 概要
 本名は「アナスタシア」。紺碧のメイド服を着た蒼い瞳の吸血鬼。
 普段はだらしないが、紅茶の事になると途端にメイドらしさを発揮する。
 赤いセルフレームの眼鏡はダテ。よくケンペーから吸血している。
 能力も合わせれば基本能力の高さも相まり、かなりの強さを誇る。

  • 能力
≪悪夢も冷める戦々恐々(ジョークライクナイトメア)≫
 血液を凍らせることが出来る能力。
 体内の血液を凍らせて、肉体まで氷漬けにすることも可能。
 血が飲めない時は鉄分不足による氷食症を患うため、
 凍らせた血液をシャリシャリいただくのだ。

  • フォルム
 自らに流れる吸血鬼の血を覚醒させることによって、
 もう一つの姿「ヴァンパイアフォルム」へと変化することが出来る。
 目の周りに戦化粧のような模様が現れ、髪の先端が赤く染まる。
 再生能力が高まり、力も増幅される。新たに生えた蝙蝠の翼で空を飛ぶことも可能。





住人No.2

ユーリャ=エデルヴァシア - Юлия Еделвасиа (Yulia Edelvasia)

「やっぱ影の中が一番おちつくわね……」


  • 居住理由→聖堂をターニャから買った、現聖堂の持ち主のため。

  • 概要
 本名は「ユーリア」。アーシャの主人。ダージリンの紅茶を好む。
 不死の難病「ガラス病」を患っており、老いる事も死ぬこともできない。
 黒髪ツインテールで瞳は紫色。純白のフリルドレスを着ている。
 自由自在に獣人化が可能なウェアウルフ。満月が出ている必要はない。

  • 能力
≪真影領域の支配者(シャドウメア)≫
 影を操る能力。
 影に入り込んで隠れたり、影を捻じ曲げて実像の形を変える事が出来る。
 普段はこれでアーシャの影の中に潜っている。
 ある意味、マタテツとしゃどさんの主従が逆転したタイプ。

  • フォルム
 自らに流れる狼の血を覚醒させることによって、
 もう一つの姿「ウェアウルフフォルム」へと変化することが出来る。
 頭は完全に狼のそれになり、白い毛に覆われた体中から影のオーラが滲み出 ている。
 力が増幅されると共に、影から影へと移動することや、空気を蹴って空を飛ぶことも可能。





住人No.2

ターニャ=ファンスリウム - Татьяна Фантхуриум (Tatiana=Fanthurium)

「おはようございます!!ってあれー!?月が出てます!!起きたばっかしなのにおかしいなあ??」


  • 居住理由→アーシャが振る舞うおいしい紅茶を毎日飲むため。。

  • 概要
 本名は「タチヤーナ」。聖堂の元持ち主の居候。
 真っ赤なシスター服を着た金髪赤眼の少女の姿をした不死鳥。
 東の聖堂の元持ち主。おいしい紅茶に釣られて聖堂をアーシャ達に売った。
 炎があり続ける限り不死身でいられる。聖堂内最強らしい。

  • 能力
≪大爆炎の熱血主義(パッションイグニッション)≫
 炎を操る能力。
 操る純粋な炎は、決してどの炎にも火力負けはしない。
 ターニャは普段この能力で拳に業火を纏わせ、基本的に肉弾戦で戦う。
 炎使えよ。

  • フォルム
 自らに流れる不死鳥の血を覚醒させることによって、
 もう一つの姿「フェニックスフォルム」へと変化することが出来る。
 背中から自分すら包み込むような、巨大な煌めく炎の翼が生える。
 炎から物質を再生することが可能。全てを燃やす炎の翼は、防御にも攻撃にも使える。
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|
  

メニュー



サイト内検索


+更新履歴

更新履歴

取得中です。