※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


Claim CI111.1:
Specified complexity is a reliable criterion for detecting design. The complexity-specification criterion successfully avoids false positives -- in other words, whenever it attributes design, it does so correctly.
指定された複雑さ はデザインを検出する信頼できる規準である。複雑な指定規準はフォルスポジティブをうまく回避する。言い換えるなら、デザインだと判定されたら、それは正しい判定である。

Source:
Dembski, William A., 2002. No Free Lunch, Lanham, MD: Rowman & Littlefield, pp. 24-25.

Response:
  1. 複雑な指定規準は、法則性と偶然が組み合わさって働く場合や未知の原因を想定していないので、フォルスポジティブを回避できない。
  2. 尤もらしい進化起源が発見されているものについての、 還元不可能な複雑さ はフォルスポジティブの例である。
    もうひとつのフォルスポジティブの例は火星である。Percival Lowellは、火星の多くの運河が幾つかの点で合流しているのを見た。このようなことが偶然に起きる確率は1.6 × 10<sup>260</sup>に1回であると彼は計算し、火星は生物が居住可能だと示した[Lowell 1907]。
  3. Dembski自身が同じ本で信頼性を主張したところで、エラーの可能性を認めている。

    Now it can happen that we may not know enough to determine all the relevant chance hypotheses. Alternatively, we might think we know the relevant chance hypotheses, but later discover that we missed a crucial one. In the one case a design inference could not even get going; in the other, it would be mistaken. But these are the risks of empirical inquiry, which of its nature is fallible. Worse by far is to impose as an a priori requirement that all gaps in our knowledge must ultimately be filled by non-intelligent causes.

    関連する偶然仮説について判断できるに十分知っていないということはあるだろう。あるいは、我々は関連する偶然仮説を知っていたが、致命的なものを一つみおとしていることが後で見つかるかもしれない。ひとつめではデザイン推論は進められない。もうひとつではデザイン推論は誤る。しかし、これらは経験的問題のリスクで、誤りやすいものだ。しかしそれより悪いのは、我々の知識のすべての隙間はノンインテリジェントな原因によって最終的には埋められるはずだというアプリオリな条件を適用することだ。
    (Dembski 2002, 123)

    Dembskiが複雑さ指定規準が、すべての隙間は超自然の原因によって埋められるはずだというアプリオリな条件を内包していることを見落としていることだ。
    Dembskiは「On the other hand, if things end up in the net that are not designed, the criterion will be useless(一方、規準で検出したものがデザインされていなければ、規準は役に立たなくなる)」とも言っている[Dembski 1999, 142]。

References:
  1. Dembski, William A., 1999. Intelligent Design: The bridge between science and theology. Downers Grove, Ill.: InterVarsity Press.
  2. Dembski, William A., 2002. (see above)
  3. Lowell, Percival (as "A Mathematician"), October 26, 1907. The evidence of life on Mars: A simple mathematical proof that the canals are not due to natural causes. Scientific American, reprinted at Becker, Barbara J., 2003. History 135C: Exploring the Cosmos,

Further Reading:
  1. Ratzsch, Del, 2001. Nature, Design and Science. Albany: State University of New York Press. (The appendix addresses false positives and other problems with Dembski's explanatory filter.)