※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

Aちゃん(のお父様)からのお中元 2008年7月10日 (木)


今日、関西に住むAちゃんから立派な桃のお中元が届きました。
なんと、千疋屋の桃。

私はよく千疋屋のフルーツパーラーに行くので、この桃のお値段を知っているだけに恐縮してしまいます。

マンゴー好きの私は、つい「完熟宮崎マンゴーパフェ」とか「完熟沖縄マンゴーパフェ」に惹かれて、ピーチパフェは桃好きの妹に注文させてしまいます。

驚くほど美味しいのだけれど、お値段もびっくりで、宮崎マンゴーパフェは3千円でちょっとお釣りがくる位。
ピーチパフェはその半額くらいだったかしら。
どちらも夏限定のパフェだから、今日はマンゴーパフェ食べるけれど、今度来たときはピーチパフェを頼もう!と思っていても、また次も、その次もマンゴーパフェを頼んでしまうのです。
そんなことを重ねているうちに、ピーチパフェの季節が終わり、来年だね、と言いながら、同じことを繰り返し何年も過ぎていくのです。

バニラアイスと生クリームと桃のシャーベットのシンプルなパフェだったことは覚えているのだけれど、
今夜千疋屋風ピーチパフェを作ってみるつもり。

このクラスの果物は、変にいじっちゃうのはもったいない。
コンポートやジャムにするなんてもってのほか。
このままフレッシュな桃の美味しさを味わうのが一番。だから、手をかけても、ゼリーやパフェが限界だと思う。

本当に美味しいフルーツは何時間も冷蔵庫に入れて冷やしてはいけません。
風味が落ちてしまいます。
食べる2~30分前に冷蔵庫に入れるくらいで十分なのです。

あぁ夜のデザートのパフェが楽しみだなぁ。

おいしい出来事