※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ティータイムの準備 2008年12月20日 (土)

2008/12/20 16:28
Canon EOS Kiss Digital X

お寿司屋さんでお食事した後、我が家に移動してすぐにお茶の時間にできるように準備をしておきました。

本当に親しい人しか呼ばないので、ダイニングテーブルセットは使わず、リビングの真ん中には、イタリア製の伸張式のリフティング(昇降)テーブルを置いて、ソファで囲んでいます。

硬い椅子より、ソファのほうがリラックスして過ごせるようです。大人が足を伸ばして寝ることができる長さなので、妹などは、お食事後にすぐに横になってしまいます。

赤と青と緑のグラスは、お気に入りのVilleroy&Boch(ビレロイ&ボッホ)のもの。
コーヒーと紅茶のカップ&ソーサー、ケーキ皿は、Wedgwood(ウェッジウッド)のワイルドストロベリー。

ティシューのカバーもワイルドストロベリーの生地で作りました。

白いタオルは、shu uemura(シュウ ウエムラ)のハンドタオル。
ホットタオルにしておしぼりとしてお出しします。真っ白でふかふか加減がお気に入り。

フォークとスプーン、大きめのコーヒーポットとティーポットも準備しておきました。

前日から仕込んである氷出し緑茶とフレッシュジュース、ペリエを冷蔵庫に冷やしておきます。

これで帰宅してからすぐにティータイムが可能です。

東京の狭いマンション住まいですが、4人兄弟全員、結婚している次女は旦那様と子供2人も連れて、長男は奥さんと奥さんの妹さんも一緒に。
狭い空間でも、こういう賑やかな時間は楽しいものですね。

私が結婚しても、親しい人たちを気軽に招いて集まれる温かいオウチにしたいですね。


普通の日記