※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

お気に入りの山王病院 2009年4月3日 (金)


山王病院は、地下鉄乃木坂駅と青山一丁目駅のほぼ中間に位置しています。

駐車場代は受付ホールには都会的な空間を彩る高さ27mのアトリウムを採り入れ、外来診察室や病室等は暖かみのある木目調を基調とし、絵画を要所に飾ることによって落ち着いた雰囲気を演出しています。

さらに、外壁には花崗岩を使用し周囲の環境との調和をはかるなど、およそ病院とは思えないぬくもりと風格を感じさせる佇まい。

写真の中央はグランドピアノ。

病院は、基本的に病気の人がいるので、よどんだ重たい空気になりがちですが、この山王病院は、クラシック音楽が病院の建物中に心地よいボリュウムでかかっており、病院特有の消毒薬のにおいもなく、憂鬱な気分になりません。

以前もごはん日記で、山王病院のレストランが見晴らしがよく開放的でお食事もハイレベルだという記事を書きましたが、こちらは入院の病室も素晴らしいのです。

友人が、不妊治療でこちらの病院に通ってめでたく妊娠、出産した時にお祝いに病室に行くと、オシャレなシティホテルのような快適さ。
洗面が有田焼ですよ!応接室や執務室まであるのよ!
各室インターネットの接続可能で、BS・CS・有線放送完備。

レストランにも個室があって、私の友人はそちらで出産お祝いパーティをしたのです。病気で入院されていた方は快気祝いなどにも使えそうです。

もう、私も絶対入院するなら山王病院!と決めています。
おかげさまで、今まで入院するような病気になったことはないのですが。

妊娠したら(出産する機会があれば…)山王病院に通わせてくれる王子様と結婚したい♪と夢みております。

こんな素敵な病院ならば、体調が悪く、不安でふさいだ気持ちが明るくなりそう。

呼吸器センターで検査したところ、一ヶ月近く続いている咳は、先月ひいた風邪が完治していないということで、気管支が過敏になり咳の症状だけが残っている、特別珍しい症状ではないとか。

アレルギー性の病気を起こす物質の働きを抑制して、気管支喘息を治療するお薬とか、気管支の内部を広げて、気管支喘息や気管支炎の発作を和らげ、息苦しさの症状を軽くするお薬とか、狭くなっている気管支の内部を広げて呼吸を楽にして、咳を起こさせる脳の中枢の興奮を抑えて、咳を静めるお薬などを処方されました。
効き目がでるのに2~3日かかるとか。あぁ辛い。

明日は目の検査です。

普通の日記

添付ファイル