※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ひさしぶり☆自宅で楽しいお菓子作り 2009年6月6日 (土)


辛い試験勉強の息抜きに、何をしよう?と考えて、お菓子作りをする私。
やっぱり私はお菓子を作ることが好きなのだ。

本の購入にAmazonを利用するようになって、海外のアマゾンを覗いて、料理本やお菓子の本を買うことも増えました。

学校に通うようになり、日々、フランス菓子を作っているので、気分転換には他の国のお菓子が良いわと、グリオットチェリーを使って、アメリカのパイや、ドイツやウィーンのお菓子を作ってみました。
本のレシピからはかなりアレンジしていますが、蒸し暑い季節にはグリオットチェリーの濃厚な甘酸っぱさが合うようです。

広島から届いた無農薬レモンでレモンピールを作って、カップケーキとクッキーも焼いてみました。

写真はチェリーパイ。

久しぶりに贈り物にしようと、梱包をして、宅配便のドライバーさんに来ていただくと、「お菓子のいい匂いひさしぶりですね~ここに来るといつも甘い香りがするのに、最近なかったから」と言われ、ドライバーさんの奥さまが私の作るお菓子を気に入ってくださっているので、いつも焼き立てのお菓子を差し上げていたのですが、ここ2ヶ月以上ごぶさたしていたので、すっかりお寂しい思いをさせてしまっていたみたい。

焼き立てのチェリーとレモンのお菓子を差し上げると、とっても嬉しそうな笑顔で「うちの奥さん、本当にこのお菓子気に入ってるんですよ〜この前なんて、あのお菓子は売っていないの?って聞いてきたし、これ持って帰ったら今日は奥さん大喜びです」と言ってくださり、私も嬉しくなってしまった。

私が作る焼き菓子は、学校で習うフランス菓子のような華麗で繊細なお菓子ではなくて、家庭的なおやつなので、飽きずに食べてもらえるのかもしれません。

青いカーネーション・ムーンダストも見ていて飽きません。
とても美しく癒されます。

花言葉の永遠の幸福、を思い浮かべながら見ると、幸せな気持ちになれます。

おいしいもの