※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

銀座シャネル「BEIGE TOKYO」2008年10月14日 (火)

Canon EOS Kiss Digital X
2008/10/14 12:14:19

今日は妹(三女)と日中時間が合ったので、
シャネルとアランデュカスグループによるフランス料理レストラン「BEIGE TOKYO」でランチを頂きました。

写真はアイスハーブティ。

ベージュアランデュカス東京は、銀座中央通り、シャネル銀座ビルディング最上階に位置します。マロニエ通り沿いの入り口から10階レストランまでは専用エレベーターで案内されます。

常に驚きを与え続けられるレストランです。
シャネルのエスプリが見事に演出され、店内は素材、色彩にいたるすべてにおいて、シンプルかつエレガントであり、細部までこだわりを感じます。

その空間でアランデュカスの料理哲学を継承するジェロームラクレソニエールシェフが日本の素晴らしい食材を使ってモダニズムに満ちた料理を提供してくれます。

レストランとは「単なる美食の空間ではなく、文化を発信する場所」とアランデュカスが言うように、テーブルアートにも様々なこだわりが感じられ、お食事だけではなく、テーブルアートやオブジェの鑑賞も楽しめました。

丁寧なお料理の背景にはたくさんの想いや信念、文化がこめられています。
細部にわたるまで手抜きのない料理やデザートは、芸術作品です。 
オリジナリティ溢れる盛り付けの芸術性、味や素材の組み合わせ、季節感、空間、サービス、すべてにおいて気に入っております。
ワインの品揃えも良いというお話なので、今度は是非ディナーに訪れたいお店です。

シャネルビルの裏手には駐車場があります。数多あるレストラン駐車場の中でも、最も魅惑溢れるもののひとつ。とりわけ夜は幻想的。この駐車場、要予約ですが、車でのデートの時には、是非利用したい素敵な駐車場。世界初のオリジナルの地下駐車場システムが導入されているそうです。シャネルの5番がお出迎えしてくれます。
ここの駐車場は、ウットリして見てしまうほど、車が素敵に見える空間です。スポーツカーなら最高でしょうねぇ。
さすが東京、さすが銀座、さすがシャネル!な駐車場。


おいしい出来事