※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

かなえキッチン : レシピ


高野豆腐の含め煮〜和食の基本おかず by p_sakura_2000
公開:08/07/31   更新:08/08/01   レシピID:621135

SH903i
2008/07/31 09:33:23
お煮しめの一品、高野豆腐の含め煮です。温かくても冷やしても美味しい煮物です。簡単、美味しいので季節を問わず作っています。

材料 ( 作りやすい分量 )
高野豆腐 6枚(120グラム)
だし汁(昆布とかつお節) 5~6カップ
砂糖 100グラム
薄口しょうゆ 大さじ4
酒 大さじ3
塩 2つまみ

1
今回使った高野豆腐は一枚20グラムでしたが、枚数ではなく重量で計算して使ってください。

2
高野豆腐をたっぷりのお湯につけて、もどします。③④の工程の時間でやわらかくなります。

3
だし汁を作ります。高野豆腐によいおだしを含ませるため、昆布とかつお節でしっかり濃い目の一番だしを作りましょう。

4
③のだし汁に調味料すべてを入れて火にかけます。

5
④が温まったら、②の高野豆腐を水で少し押しながら洗い、最後にやさしく水気を絞って、食べやすい大きさに切り、鍋に入れます。

6
20分煮たものです。煮汁につけたまま、冷めるまで数時間おいて味を含ませます。

7
このような保存容器に煮汁ごと入れて冷蔵庫保管すると日持ちします。

8
②の工程で高野豆腐をやわらかくなるまでもどさないと、仕上がりが硬くなってしまいますから要注意。

コツ・ポイント
塩ひとつまみとは、親指・人さし指・中指の3本の指先でつまんだ量。この塩ひとつまみでほぼ小さじ1/5~1/4程度になります。高野豆腐の大きさはお好みで切っても、そのままでも構いません。美味しい煮汁がたっぷりしみ込んだ高野豆腐は本当に美味しい!

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」
1件

このレシピの生い立ち
高野豆腐の煮物を毎日食べてダイエットに成功した!と友人から聞いて、冷蔵庫に常備するようになりました。この煮汁はしっかり味なので、ダイエット向きには、すべての調味料の分量を少しずつ少なくして作ってください。割合は変えないことがポイントです。