※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

かなえキッチン ごはん日記 の 概略・抜粋部分(作業中)



オープンサンドウィッチパーティ 2008年3月21日 (金)
千葉県松戸の「ZOPF・ツォップ」のパンと台東区竜泉の「TAKE-ZO」のハム、ソーセージ、ケーゼと「フェルミエ」のチーズ。
最高にお気に入りな組み合わせ♪ツォップのおかげでライ麦パンが大好きになりました。

ごはん日記の第一回の記述
この後、5月末までの内容は、ほぼ「おいしいもの日記」で、具体的に「結婚」「王子様」という
将来への展望・男性との交流などを盛り込んだ記述は、6月初めからスタートする。


手作りのお菓子が持つ意味 2008年6月3日 (火) 
私は、大切な人へのプレゼントは、手作りのお菓子を用意します。
その気持ちが伝わり、心を受け取ってくださる方にプレゼントしたいと思っています。一期一会を大切に。
幸せの四つ葉のクローバー 2008年6月5日 (木) 
昨日は、私のこれからの人生に大きな影響を与えるであろう、とても良い出会いがあり、私らしく、
その気持ちを四つ葉のクローバーのクッキーで表現してみました。
ペスカトーレと自家製ピザ 2008年6月5日 (木) 
昨晩のディナーに、とても美味しいイタリアンをご馳走になったので、今日は妹と二人の晩御飯をパスタとピザにしてみました。
温かいミルクティー 2008年6月6日 (金) 
私は精神的なことで睡眠が乱れがちなので、そんな時は、温かいミルクティーを作ることが多いです。
このところ煮詰まることが多く、今日は、信頼している年上の女性のお宅へ相談に伺いました。
ギブアンドテイク 2008年6月6日 (金) 
ふと、人間の社会関係(の一部)は、「即時決済ではない交換」の繰り返しによって成り立っている、と、
大学の教養の時の社会学や文化人類学の授業で習ったことを思い出しました。
ギブアンドテイクというと、冷たい感じに聞こえるけれど、どんな関係でも、ギブアンドテイクが基本にあるように思います。
それはお金と物の交換であったり、気持ちと気持ちであったり。
交換するものは様々でしょうが、例えば美味しいお菓子を作ってプレゼントをすることで、
受け取った方から、ありがとう、美味しいと笑顔を向けてもらえること、これもギブアンドテイクですよね。
いつでもお雑煮 2008年6月7日 (土) 
明日、大切な人との再会があり、とても楽しみです。
お花いっぱい 2008年6月8日 (日) 
金曜土曜は姪と甥が遊びに来て、日曜日は素敵なディナーのひと時を過ごせて、幸せな週末でした。
チョコレートロールケーキ 2008年6月9日 (月) 
好きな人が自宅に遊びにきたら、どんなデザートを作ろうかしら、と思いを巡らせている時間は、とても幸せですね。
我が家の冷蔵庫の中 2008年6月10日 (火) 
大切な人には、いつも傍にいることができなくても、私ができる限りの愛情をかけ、健康管理をしてあげたいと思います。
やはりそれは食から始まると思っています。
魅惑的なバタークリームケーキ 2008年6月10日 (火) 
一ヶ月前まで、私は今日の日を、大好きなバタークリームのケーキを目の前に、こんな幸せな気持ちで迎えることができるとは、
想像もできませんでした。
自分の身の上に起った嫌な事、悲しい事は、結局、時間とさらなる良い出来事で埋めていくしか方法がないのですよね。
愛のパワーに感動し、感謝の気持ちでいっぱいです。
可愛らしい紅南高梅 2008年6月17日 (火) 
自宅に大切なお客様をお呼びした時にペアで使いたくて2個買ったもの。
たくさんの物はいらないけれど、本当にお気に入りの物だけを揃えて、飾りではなく、日常的に使っていきたいと思っている。
東方美人茶とレモンのお菓子 2008年6月18日 (水) 
自分に家族ができた時の食器選びは今から楽しみの一つです。
最近のわたくし 2008年6月18日 (水)  ← ソープ嬢さくら「これから丸の内へ」と同じ写真使用  
6月になってからマメにごはん日記を更新していますが、すべて携帯電話のカメラ機能で撮影したものです。
この程度の大きさの写真ならば、一眼レフカメラで撮ったものと違いがわからないかもしれません。
携帯電話のカメラで自分を撮るということも、面白いですね。
コーヒーを飲む朝 2008年6月19日 (木) 
私はお茶党で、コーヒーは滅多に飲みませんが、たまぁ~に、朝起きて、コーヒーが飲みたいと思う時があります。
頂き物のゴディバのチョコレートと一緒に、甘くて苦い朝。
マルゲリータ 2008年6月20日 (金) 
このところ、とても忙しい日々でしたから、明日はのんびり温泉へ。
思いやり 2008年6月22日 (日) 
自分のまわりにいる人を見渡すと、愛情にあふれた、
おおらかで心の柔軟な人に囲まれていることを幸せに感じ、感謝しています。
このごはん日記が、家族や知人とのコミュニケーションのきっかけとなっている
ことも嬉しく思います。

体調が悪い時、心身の強度が低い時には、マイナスのオーラを持っている人の
影響を受けやすくなってしまうので、しばらくコメント欄は閉じさせていただきます。
今までは削除してきましたが、たまに、心の寂しい方からのコメントがあるので、
好意で書き込みをして下さる方には申し訳ありませんが、しばらくコメント欄はお休みです。

特にネットは、顔も見えない見知らぬ相手に対して、人は残酷にも汚くもなることが、
簡単にできるけれど、そんなことを平気でする人間と交流を持つことはしたくない
と思っています。

もう何年も前に人間関係に悩んでいた時、私の憧れの存在、理想の女性、目標の人と
思っている年上の女性からアドバイスされた言葉は、いつもいつも思い出して反芻しています。
皆と仲良くしなければいけないと考えて思い悩んでいた時に、

「私もそう思っていた時がありますが、それは不自然であり不可能なことだと思うようになりました。
「共通する心」があれば何も考えなくても自然と距離は縮まるものなのですよね。
人と人の付き合いの寿命ってあるんですよ。
どんなに長くても、反対に短くても、仕方がないのです。
出会ったものは別れるのですからね。
心のなかでは人のお付き合いに順番や境をつけても構わないのですよ。」

という言葉に私は救われました。

人生とは人との関わり合いで成り立っているのですから、常に思いやりの心で
向き合わなくてはいけませんね。

他人から見れば、幸福そうで、華やかで、羨ましいとさえ思えることも、
本人にとっては、人知れぬ苦労があることは察しられます。

ブログを書くというだけでも、心に溜まっているストレスを吐き出すことが
できて気が軽くなることもあります。

幸福の木のお花♪ 2008年6月23日 (月) 
携帯電話に綺麗なお花の写真が添付されたメールが届きました。
数年前体調を崩した時、一年以上毎日のようにお世話になっていた中国気功整体院の整体師さんからです。
バースデーケーキ♪ 2008年6月26日 (木) (イニシャルTのケーキ画像)
日曜日お会いした人のお誕生日が気になって尋ねたら、日曜日がお誕生日だったとおっしゃるので、驚いてしまいました。
なぜかお誕生日が気になって尋ねただけなのに、偶然お会いした日がお誕生日だったみたい。
Tさんと過ごす時間は穏やかで温かい気持ちになれます。
初夏の冷製パスタ 2008年6月28日 (土) 
今日のランチは、イタリアン片岡護シェフのアルポルトで。
アワビのガスパチョ仕立ての冷製スープパスタ。
あんまりにも綺麗なのでつい携帯で写真を撮ってしまいました。
短い時間でも、一緒に過ごす人によって、その時間はとても豊かなものになります。
自宅でワンプレートランチ 2008年6月30日 (月) 
今夜は舞浜のスパホテルにお泊りなので、簡単に一人の昼食。

ゴルフクラブヘッドカバー 2008年7月1日 (火) 
ゴルフ好きの知人にプレゼントするために編んでいたヘッドカバーが完成。
昨日の舞浜のスパホテルは良かったです。源泉かけ流し天然温泉で23種類も
のお風呂があって、長い時間楽しめます。
古奈屋のカレーうどん 2008年7月2日 (水) 
今日のお昼は、裁縫教室の帰りに先生と生徒さんたちと一緒に、巣鴨の古奈屋でカレーうどんを食べました。
クレソンのポタージュ~スープに込める思い 2008年7月3日 (木) 
私は月に一度、鎌倉へスープ教室に通っています。
スープ作りという形を通して、心をこめる、込め方を学んでいます。
お塩へのこだわり 2008年7月4日(金) 
お塩の利用法として、料理以外に私は毎日バスルームで使うのです。
藤原紀香さんも日課にしているそうですが、お風呂に入ったときは、粗塩を体にこすりつけます。
生きていたら、いろいろなものが「憑く」といいます。
それを毎日きれいに流すのです。
テーブルセッティング 2008年7月5日 (土) 
今日のランチをおもてなしするお客様が来る準備です
大切な人へのおもてなし 2008年7月5日 (土) 
今日のお昼のメニューは、
☆ビーフシチュー(じゃがいも・ニンジン・玉ねぎ・マッシュルーム)
☆冷製かぼちゃポタージュ
☆帆立て貝のムニエルと玉ねぎのコンフィ(ベビーリーフサラダ添え)
☆明太子とマスカルポーネのディップ(セロリと黄色・オレンジ・赤のパプリカ、キューリスティック)
☆トマトとモッツァレラチーズ、ゆでとうもろこしのマリネ
☆パパイヤと夕張メロンの生ハム巻き
温泉卵のコンソメジュレ
☆冷製パスタ・ラタテュイユをかけて
☆ずわい蟹とアボカドサラダ
☆ポテトサラダ(キューリ・ゆで卵・玉ねぎ・にんじん・ハム)
☆チコリのサラダ(くるみ入りコルゴンゾーラソース)
☆ライ麦と全粒粉のパン(オリーブオイルと塩とパルミジャーノレジャーノを添えて)
すべて手作り。夏らしいメニューをと考えて、心をこめて作りました。
幸福度 2008年7月7日 (月) 
良いもの、お気に入りのものは、毎日の生活で使ってこそ良さが生きると思っています。
しまい込んでいてはダメです。
愛着のあるものに囲まれた居心地のいい空間。
そこで、愛する家族と食卓を仲良く囲めたら幸せですね。
幸せは外に求めるものではなく、毎日の暮らしの中にあるということを、20代の時はわかりませんでした。
30代になり、様々な経験を重ね、人が幸せになるのも、不幸になるのも、結局は人とどのように関わっていくか、ということだと気づきました。

ロイヤルコペンハーゲンの本店があるコペンハーゲンは、是非行ってみたい街です。
結婚したら、北欧の家具を揃えたいです。

白金は、仲良しの女の子と年に何度かスペシャルデートをする街です。
(中略)
年に数回の贅沢ですが、女の子と過ごす時間も幸せです。
白金に通うきっかけとなったのは、わが愛犬の子供を家族として迎え入れてくださった方が偶然二人ともご自宅が白金でした。
当時私は目黒に住んでいたので、ご近所さんということで通いやすかったのです。
お邪魔するたびに、白金の美味しいお店に連れて行ってくださって、その後一人でも行くようになって、お友達を連れて通うようになりました。
頻繁には行けませんから、お休みの日に、自分へのご褒美として、女友達と白金レディースコースを作って、お気に入りのお店をはしごするようになりました。
白金のプラチナ通りを思い出すだけで幸福感が膨らみ、お仕事頑張ろう!という気持ちになります。
独身時代限定のお楽しみです。
日常の和食晩御飯 2008年7月8日 (火) 
私も、いくらお料理が好きだって、毎日長時間キッチンに立てるわけではありませんし、疲れていたり体調が悪い時など、今日はなるべく簡単に済ませたいと思う時は、デパ地下のお惣菜に頼ることもあります。
でも、買ってきたお惣菜を並べると、妹は全く食べてくれないのです。
見ただけで、自宅で作ったものではないとわかると、箸をつけてくれないことも多いです。
結局食べきれずに余って破棄してしまうことになるので、市販のお惣菜は極力買いません。
ですから、品数が少なくても、手抜き料理になっても、自炊を心がけています。
THE GREAT ARTISTS 2008年7月11日 (金) 
今日はお習字の先生と、
六本木の国立新美術館で開催されている「毎日書道展」を見に行きました。
私の好きな山咲千里さんが、愛が足りないときは、画家が、愛情を込めて見つめた絵を見よう、と言っていた。
パニーノジェストの素敵なデザート♪ 2008年7月12日 (土) 
お店で食べた美味しい物を自宅で再現することが趣味で、
得意だと思ってきた私が、ここまでトンチンカンな出来栄えでは、
悔しさ通り越して悲しいほどです。
四つ葉のしおり 2008年7月13日 (日) 
思いやりの気持ちの交換は、人を優しくさせますね。
爽健美茶の優しさ2008年7月14日 (月) 
爽健美茶に込められた、人としての優しさ、思いやり、愛情を感じて飲む美味しさ。
前回はブラック無糖のコーヒーでしたからね。
コーヒーの飲めない私は、缶を開けることもできなかったけれど。
覚えていてくれたということ、爽健美茶を用意してくれていたこと、その気持ちが嬉しい。
内観の時間 2008年7月17日 (木) 
ここ数日は、考え込むことが多くて、自分に疲れて しまいます。
悩んで迷って落ち込みがちな自分を励ましながら、なんとか頑張っている感じ。
こんな時に限って、一日が過ぎるのが長いこと。
悩みとは関係のない話ですが、
素敵な旦那様がいらっしゃる女性を見ると、結婚したいなと思います。
姪と甥を見ると、子供がほしいなと思います。
今までそういうことを深く考えることはなかったのですが、
30歳過ぎまで素敵な王子様に出会えることを信じ 待ち続けていたので、
心から信頼し愛し合える人と結婚したいです。
私の作ったお料理を美味しいと思ってくださる人と、
穏やかな家庭を築きたいですね。
今日はなぜかそんなことを考えていた一日でした
夕張メロン(*^-^*) 2008年7月17日 (木) 
私は30歳を過ぎても、結婚に踏み切れるだけの余裕や出会いがありませんでた。
交際している男性がいても、結婚に踏み切れないもどかしさから、結婚しない人生でも、それなりの生き方ができるのではという、希望を諦めの入り混じった矛盾を抱えながら過してきました。
今は、様々な価値観を共通のものにしていけるパートナーが現れたら、いつでも結婚したいと思うようになりました。
10代、20代の若さの勢いで怖いもの知らずだった時よりも、人に対しても物に対しても本物を見抜く力をつけ、
より信頼できる確かなものを求めて、健全でまっとうな暮らし方をしたいと思うようになってきました。
最近そういうことを考えることになったきっかけは、異性のことではありません。
8年間東京暮らしを共にしてきた妹に、そろそろ自立の
チャンスが訪れて、妹の人生、私の人生、それぞれの幸せについて深く考える日々が続いています。
一人になった時に、本当に自分が大切なもの、必要なものがわかるのではないでしょうか。
自分が良くなるには結局自分の力でしかないのですから、
どんな時でも努力し続けなくてはいけませんね。
これから相手の為に生きていきたい、と思えた時が、結婚する時なのだと思っています。
満月の牛乳プリン 2008年7月17日 (木) 
ここ数日、気持ちの浮き沈みが激しくて、自分に疲れていましたが、明日は満月になりそうです。
平日の一人の朝食 2008年7月18日 (金) 
昨日から妹が幼稚園のお泊まり保育で留守にしているので、
今朝は一人の朝食。
私の王子様と一緒に朝食をとれる日はいつ来るのでしょうか。
王子様とか夢見てるからだめなのよ~って言われそう。
千疋屋の宮崎マンゴーパフェ&桃パフェ 2008年7月18日 (金) 
(画像にパフェが二つ、誰かがフレームイン)
宮崎マンゴーパフェ2007 2008年7月18日 (金) 
去年の同じ日(7月18日)にもこちらの恵比寿京橋千疋屋のフルーツパーラーで
宮崎マンゴーパフェを食べておりました。
そして、今年同様携帯で記念写真撮っておりました。 (中略)
見苦しいお写真になってしまいましたが、
プライバシーに配慮し、マンゴー色の薔薇で飾りました。
私がマンゴーパフェの撮影に夢中になっているので、
自分が写り込んではいけないと体をねじっている姿がおかしくて、
一緒に撮ってあげた写真。

きっと来年も、同じ人と、同じ日に千疋屋でマンゴーパフェを食べるはず。
お互いの人生を心から応援している、10年来の、同志のような存在です。
焼き肉屋「京城」 2008年7月18日 (金) 
千疋屋で待ち合わせパフェを食べた後は、焼き肉屋と決まっています。いつも恵比寿の「焼肉京城」。
京城は、北千住と水道橋と恵比寿に三店あります。
恵比寿は、スタッフの質があまりよろしくないのですが、場所的な問題からいつも恵比寿店を利用しています。
関西風手打ちうどん「藤井」2008年7月19日 (土) 
明日は名古屋に行くので、美味しいきしめん食べてこようっと。
ミニトマト20個分のトマトジュース 2008年7月20日 (日) 
新幹線に乗る時は、東京駅ではなく品川駅から乗ります。品川駅にはお気に入りのお店がたくさん入っているのです。
その中のひとつが、ディーンアンドデルーカ。 今日は名古屋の帰りに品川駅で降りて、お気に入りの品をあれこれ購入
してから帰宅。 帰宅後すぐにトマトジュースを飲みました。あぁ美味しい。
いつもと違うペースで生活をする時は、トマトジュースは体をリセットしてくれる働きをしてくれるように思います。
近所のお寿司屋さんにて(1) 2008年7月20日 (日) 
ここのお寿司が大好きで、よく兄弟、姪、甥と一緒に行きます。ご夫婦で経営されている近所の小さなお寿司屋さんですが、お寿司の味の確かさに惹かれ通うようになり、プライベートなお話もして親しくなって以来、東京の両親のように思っている優しく素敵な方たちなのです。
妹と二人で行く時はカウンターで、大人数で行く時はお座敷で。
困った時はなんでも相談しなさいよって優しい言葉をかけてくださる、父と同じ年齢の大将の存在は、ここで暮していることの大きな安心感となっています。
ケフィアヨーグルト 2008年7月22日 (火) 
今までは、美味しい物、好きな物を好きな時に食べる生活で、その時の楽しさを求めて生きてきた気がします。
自由気ままに自分のしたいことをしたい時に。
大切な人ができて、その人との将来を考えるようになり、今までは、一人の人生も悪くない、子供がいなくたって構わない、と思っていたこともあったけれど、
やはり結婚し、可能ならば出産し、旦那様と子供と作る新しい家族、家庭を持つことが、人として女性として生きる道なのではないかと考えるようになりました。
おのずと、心身に良い物を選ぶようになり、丁寧な暮らしを心がけるようになりました。
そう気付いた今、私は30歳を超えていますが、遅いなんてことはないと思っています。
会えない時間のほうが長くても、その時間が心の鍛練になっている気がしています。
千疋屋総本店フルーツパーラー 2008年7月24日 (木) 
池袋西武のコミュニティ・カレッジ(カルチャースクール)の刺繍教室の仲間と待ち合わせに、池袋西武百貨店内の千疋屋フルーツパーラーで。
15分待っても来ないので、一人で注文しちゃって、食べながら15分経過し、30分遅刻で汗だくで走ってきた模様の友人。
夏のウェルカムドリンク 2008年7月26日 (土) 
真夏の来客には、梅蜂蜜シロップの氷水割りに、青梅の甘露煮を冷やしたものをお出しします。
姪とお出かけ♪ 2008年7月28日 (月) 
次回更新は水曜日の予定です。

ブッシュフラワーのミスト・気の浄化 2008年8月1日 (金) 
つい忙しさからのストレスで、人に優しくなれない時もつい愚痴を言ってしまいそうになる時も、
このスプレーをシュッとするだけで、心が解放されます。
ヤクルトぽっくり遊び♪ 2008年8月1日 (金) 
自分の子供ができたら、こういう遊びも教えてあげたいですね。
瞑想とお香 2008年8月2日 (土) 
年齢ばかり大人ですが、中身はまだまだ未熟者で、
精神的なレベルアップを志しています。
(中略)
瞑想の習慣は叶恭子さんを見習って。彼女の美意識の高さ、精神力の強さは、一般女性を超越したものがあります。
(中略)
心が向かわないものにエネルギーを注がない。
自分の気持ちに正直に生きていく。
マンゴーワッフルとオレンジアイスティー  2008年8月2日 (土) 
仕事と資格取得のための通学、カルチャースクールでの習い事など、近年稀な多忙の日々で、
友人との時間もゆっくりとれずに、ほんの少しの空き時間に待ち合わせをして、近況報告するくらい。
そんな短い時間しか過ごせないのに、私に会うために、暑い中来てくれるなんて、嬉しいな。ありがとう。
手作りお菓子の包装  2008年8月3日 (日) 
一日に何種類ものお菓子を、たくさんの量作れるようになった時に、
単純にお菓子作りが好きな素人から、少しレベルアップした自分を感じます。
避暑地へ夏休み  2008年8月3日 (日)
ごはん日記は三日間お休みです。
猪苗代湖でバス釣り♪ 2008年8月5日 (火) 
裏磐梯桧原湖でバス釣りを始めて五年目ですが、今回初めて猪苗代湖で釣りをしました。
磐梯山 2008年8月7日 (木) 
裏磐梯の美しい景色を撮りたくて、一眼レフカメラを購入したのが五年ほど前でしょうか。それ以来カメラにも、裏磐梯にもすっかりはまってしまいました。
ごはん日記見ている人は、どれだけストレス抱えている人なのだと呆れているかもしれませんねぇ。
たぶん、実際どれほどのストレスなのか、どれほど忙しい生活を送っているのか、という問題ではなくて、性格的なものなのでしょうね。
悩み深い性格というか、問題を抱え込んでしまう性質というか。
自分でそれがわかっているので、心身の不調に繋がらないように、予防策を日々講じているわけです。
北海道銘菓・柳月の三方六  2008年8月8日 (金) 
今週末はお仕事なので、北海道の味覚でエネルギーを蓄えてがんばるぞ。
料理は愛情表現そのもの 2008年8月9日 (土) 
昨晩から遊びに来ていた友人と、料理は愛情表現そのものだという話題で盛り上がりました。
家族でも友人でも、お互いを思いやるということは、ただ思っていれば良いというものではありません。愛は、やはり表現がなければね。思っていれば良い、感じていれば良い、好きだ愛していると言っていれば愛が育つわけではありません。
我が家に頻繁に遊びに来る人、私がご招待する人は、私が作るものに対して反応の良い人が多いです。
逆に言うと、反応の悪い人には作る機会がなくなります。

私が心を込めて作ったものに
対して、リアクションがなければ、その心が通じない人なのだと、心を込める必要性を感じなくなりますから。わざわざ気持ちを込めて作ったものでなくとも、市販品で構わない人なのだという認識になります。
作って差し上げることで喜んでくださる人、感想を伝えてくれる人には、作っている私自身が支えられるのです。料理にはそういう大きなパワーがあります。
元気をくれるラッキーアイテム 2008年8月11日 (月) 
HERMESオレンジは、良い気を運んできてくれるカラーです。
オレンジ色のお財布ベアンは、去年のお誕生日のプレゼントで頂いたもの。
そのお返しに、今年の贈り主のお誕生日には、HERMESの
「幸せの四葉のクローヴァーキーホルダー」をプレゼント。
とても可愛らしいので、私もお揃いで使っています。
幸せの価値観 2008年8月11日 (月) 
美術や芸術繋がりの友が少ないので、美術館や博物館へはいつも一人で行くことが多いのですが、趣味、好みが違っても、仲良しの関係が続くということこそ、ホンモノなのかもしれない、と感じます。
「君が音楽や料理、美術館で得るものを、私は巧みなドライバーショットに見出す。」
と、アーノルドパーマーのようなことを言う友。
そう言う人にとっては、ルーブル美術館で過ごす1日よりぺブルビーチでの1日のほうが価値があるのでしょう。
趣味が違っても、好みが違っても、私の作るお料理やお菓子を美味しいと感じてくれる、そういう人とは長く仲良しが続きます。
これからもお料理やお菓子作りを通じて、幸せを伝えたいと思っています。
写真はHERMESのゴルフバッグ。上品なオレンジは大人の元気カラー。
すっかり運動不足なので、涼しくなったらゴルフも再開したいな。
爽やかな水出しミントティー♪ 2008年8月12日 (火) 
私はストレスを溜め込みやすい性格のようで、リラックスすることに努力をしなくては、どんどん落ち込んでいってしまいます。
心のあちこちにささくれができると、ちょっとしたことでイライラしがちです。
休みの日にお出かけしても街には人が溢れて、今の時期は何より暑くて不快。 やはり家でのんびりするのが一番です。
特に夏の暑い季節は、お客様も自宅に招いて家でのんびり過ごすことが多くなります。
夏はスイカ♪ 2008年8月13日 (水) 
夏休み、もう一度くらい撮影旅行に行きたいなぁ。行けるかしら。
今年はお盆休みもとれず、毎日慌ただしくしていますが、頑張った結果は自分にかえってくるのだから。
こんな忙しい夏も、良い思い出。
豆乳バナナ青汁 2008年8月13日 (水) 
親しい間柄ですと、お客様が家に来てから、私がいそいそとキッチンに立ち、一品ずつ作り、そのお料理やお菓子に合う飲み物を一緒に出して、食べて飲んで、また作って、食べて飲んで、また作って・・・を延々と繰り返すような、まったりした時間が好きです。
お昼寝したり、お風呂に入ったり、TV見たり、音楽聴いたり、DVD鑑賞したり、その合間合間に、手料理や手作りのお菓子があると、狭い我が家でも、それは豊かな空間となり、α派がいっぱい出そうなリラックスできる穏やかな空気が漂うのです。
今日は午後から時間があったので、近所の日帰り温泉に行きたい、でも外は暑い、誰か車でお迎えに来てほしい…と思い声をかけた友人が、温泉帰りに手料理を交換条件にだしてきたので、我が家でだぁらだらと、予定外にのんびりの半日となりました。
おかげで、つくれぽが増えました。
料理やお菓子を作るたびにカメラを構える私を笑いながら、美味しい美味しいと食べてくれる存在は嬉しいものです。
こういう時を過ごすと、やはり私は、美味しいモノで人に幸せを届けることが自分の幸せなのだなぁ、と改めて感じます。
愛するフクナガフルーツパーラーのパフェ☆ 2008年8月14日 (木) 
四谷に行くのは、お茶のお稽古が主なのかフクナガさんのパフェを食べるのが
目的なのかわからなくなっているほど私の愛するフクナガさんのフルーツパフェ。
フクナガフルーツパーラー・続き 2008年8月14日 (木) 
前回訪れた時、夏休みのお知らせが貼られてあったのをきちんとチェックして、15日~17日の三日間がお休みなのね、お茶会は14日だから大丈夫!と何度もメモを確認をしてから行ったのです。
あぁ、それなのに、それなのに。夏休みに14日が書き加えられている~・゜゜・(>_<)・゜゜・。うわぁぁあぁ~ん

私だってね、怒るんだよっドアを蹴っ飛ばしたくなるんだよっ。しないけれど。

私はよく、温厚な人ですね、優しい人ですね、怒ったことないでしょう?大きな声出したことある?悩み事なさそうね~、何もかも恵まれていて良いわね~今まで苦労知らずでしょう、なんて言われることが多くて、
そんなことないのに……(×_×;)と他人からの評価に傷付き、悩み落ち込むことが多かったのですが、悩みのない優しい苦労知らずに育ってきた女性に見えているのなら、少なくともまわりの人を不快にさせたり、不幸オーラを振りまいているわけではないのでしょう、と良い解釈をして、自分の心身の平安を保つようにしています。

確かに性格的には温厚なほうだと思いますし、争い事は苦手です。
でもね、こんな私だって営業していると思って行ったお店が閉まっていたら怒っちゃうのよ。

暑いから、余計イライラしちゃうでしょう。
昨日だってね、信じられない早朝に、普段声も出さないおとなしい愛犬たちがなぜかワンワン鳴いて、ドッグフードの箱の前に二頭並んで座りこんで催促されたでしょう、
なぜかいつもはちゃんと犬用トイレサークルの中のトイレシートの上にしてくれるのに、ちょっとはみ出しちゃって朝からお掃除大変だったでしょう、
もう二頭とも高齢犬なのに、女の子(おばあさん犬)が男の子(おじいさん犬)に乗って興奮してるでしょう、
暑さでボケちゃったのかしらと心配になっちゃったでしょう、
夏休みだからってだらだら寝てばかりの妹を、朝から何度も起こさなくてはいけないでしょう、
それでも全然起きなくてドアをドンドンって叩いたら、朝からウザいって逆ギレされるでしょう、
予定より遅く目覚めたからって、起こし方が悪いと私のせいにするでしょう、
全然起きてこなかったくせに、冷めてるとかあれが食べたかったとか朝ご飯のメニューに文句言うでしょう、
そしてレストランにいるお客様のように私にリクエストして作らせるでしょう、
お墓参りに行った妹が、私はまだ仕事中なのに帰りに待ち合わせしてお買い物しましょうって勝手なこと言うでしょう、
帰宅したら廊下にドッグフードが散乱していて、愛犬のいたずらだってわかって、老犬がなぜ突然夏に食欲増しちゃって、やっぱりボケちゃったのかしらとハラハラしながら片付けるでしょう、
なぜか畳のお部屋に愛犬が粗相をしていて、いよいよおかしいと心配になるでしょう、
弟の家に遊びに行っていた妹が、夜9時過ぎにお腹がすいたと連絡してきて、これから取りに行くからお弁当を作ってと勝手なこと言うでしょう、
ヘトヘトに疲れちゃってお風呂でボディーソープとシャンプーを間違って使っちゃったでしょう、
お風呂上がりに冷緑茶飲もうと思ってコップに入れたら茶葉を漉していないこと忘れて茶葉も一緒に飲んじゃったでしょう、
疲れてベッドに横になったら寝室のエアコン消すの忘れてお腹が冷えて痛くなっちゃったでしょう……

もう、毎日毎日イラッとすることはたぁ~くさんあるんですよ、わたくしにも。でも、そのイライラを表に出しては、人としての容量が問われるところではないでしょうか。
エキセントリックにならず、自分を平静に保つ努力をしているからこそ、穏やかに見える、というだけなのです。

年齢を重ね、人もモノも、良いものだけに囲まれて、すっきり暮らしたいと願うようになりました。だから心の中もすっきりとさせておきたいと思っています。なかなか難しいことですが。
エディアールのクレープ 2008年8月15日 (金) 
池袋東武百貨店内のHEDIARD(エディアール)カフェにて。
待ち合わせは必ずここ、という友人と。
土曜日の朝ご飯 2008年8月16日 (土)
昨日の豚汁に油揚げとお豆腐を入れたお味噌汁、ひじき煮、かぼちゃ煮、いか明太子、ごま豆腐、野菜色々のぬか漬け、キューリ味噌添え、ゆでとうもろこし、温泉卵、Sさんの手土産・魚久の粕漬け(銀だらと鮭)、桜海老と三つ葉の厚焼き卵。
お盆休みのない夏だけれど、今日も一日頑張ろうっと。
朝のデザート 2008年8月16日 (土) 
Sさんの手土産・黄桃と宮古島マンゴー。要するに自分が食べたい物を持ってきている様子。
Sさんとは食の趣味が一番合うので、一番良く食事をしているかも。
デラウェアは私が食べたくて。最近毎日のように作っている桃のコンポートは、冷蔵庫にでキンキンに冷やしておくと、来客にも大好評。
お盆なので菊を買いましたが、洋菊ですと食卓に置いても不自然にならないみたい。
昨晩は小さなお仏壇の前に置いてSさんとお経をあげました。
小川軒のレーズンウィッチ 2008年8月16日 (土) 
これは昨日の来客Sさんの手土産の一つ。
Sさんは、必ず「美味しい何か」を色々と持ってきてくれるのです。
ひとつでないところが二重丸。

私が知らない美味しいものと、二人が知ってるいつもの美味しい物の両方あるところが良いのです。
こんなの初めて~!という感動、感激と、これやっぱりいつ食べても美味しいわね~という共感。
美味しいもの繋がりで仲良くなったSさんには、いつも支えられています。
どんな時でも、どんなことでも話せる、きっと助けてくれる、私も助けてあげたい、そう思える相手。人間愛ですね。

知り合った時、Sさんはなんと心ない人なのだろう、という印象でしたが、食事を共にするようになり、その心のささくれは、お母様を亡くし、深い悲しみから自暴自棄になり、ひねくれていただけなのだとわかりました。本当は心優しい人で、その弱さを見せたくないという強がりから、本心とは違う言動をとってしまっていたのです。
親しくなり、家族ぐるみのお付き合いとなりました。お母様を亡くしお父様との二人暮らしで、お父様が他界されるまでは、Sさんと会う回数より、Sさんのお父様と二人で会う回数のほうが多かったほどです。当時既に70代後半で体が弱く外出も難しい状態でしたが、大変な人格者で、お会いしてお話しするたびに、たくさんのことを学ばせていただいたことは私の財産です。

一人っ子で兄弟もおらず、両親を亡くし、複雑な家庭環境から頼れる親戚もおらず天涯孤独なSさんは、たまに私の手料理を食べることを楽しみにしてくれています。
私もSさんに手料理をご馳走することで、心が救われるような気持ちになるのです。

今では甥も姪も、Sさんのことが大好き。
子供に好かれる人はホンモノでしょう。子供は見抜きますからね、その人の本質を。

数年前に私が突然に理由もわからず何もできなくなってしまった時に、Sさんは、とても親身に手を差し伸べてくれました。

裏磐梯、バス釣り、自然、車、写真、ゴルフ。すべてSさんがその素晴らしさ、楽しさを教えてくれました。

車で裏磐梯にバス釣りに誘ってくれるようになり、バスボートに乗り桧原湖から見える磐梯山、ゴルフをしながらボナリ高原の素敵な景色を見て、
私にカメラの面白さを教えてくれました。
教えてくれると言ってもSさんはカメラを持っていないのです。
あなたには写真の趣味が合うんじゃない?と提案してくれただけ。
Sさんのたくらみ通り私はカメラにはまりました。

Sさんのように、人として私のことを真剣に考えてくれる人の存在は貴重で、これからも大切にしていきたいと思っています。
単純に肯定してくれるだけではない、本音で言い合える間柄だからこそ自分の成長に繋がっている気がします。私の人生において、私を一番泣かせた相手はSさんですし。
君のそういうところは正したほうが良いと思う、と真正面から注意してくれる人がいるということは、ありがたいことです。

仲良しの人とはいつだって、美味しいモノが潤滑油になっていますね、私の場合。
麦茶でレモンティー♪黒糖パウンドケーキと 2008年8月17日 (日) 
自分の家庭を持ったら、大きな古伊万里も骨董市などで少しずつ揃えていきたいなぁと夢があります。
こういう素朴な焼き菓子と合う美味しいお茶を淹れて、楽しく穏やかなティータイムを過ごせる人がいたら幸せですね。
♪タオルに刺繍♪ 2008年8月17日 (日) 
資格取得のための通学や習い事が趣味のように同時並行で色々しておりますが、そこでお世話になったW先生へのお礼に、タオルに刺繍をしてみました。
ドライケーキのウエスト♪音楽&DVD鑑賞 2008年8月17日 (日) 
甲斐バンドの頃は知らないけれど、5年ほど前にコンサートに行って以来の大ファン。
今年の春も「TEN STORIES2ツアー」に行きました。
(中略)
こんなカッコ良い50代がいるでしょうか。
顔立ち、スタイル、話し方、歌声、なびく髪、ファッションすべて好き。
LUSHのボディーバター 2008年8月17日 (日) 
女子の肌はすべらかでなくてはね。
饂飩四國の土佐定食 2008年8月17日 (日) 
今日初めて知ったのだけれどW先生のこと、同世代かと思っていたら40代後半ですって。年齢聞いてひっくり返りそうになりました。
こんがり日焼けして、艶やかな肌と大きな張りのある声からはとても50歳近い男性とは想像できませんでしたよ。
W先生と出会えたこと、先生に習っていることは、私のこれからの人生の大きな宝物になること間違いなし。
性別、年齢や職業に関わらず、人として尊敬できると好意や愛情に変わっていきます。
論理的な説明、高度で確実な技術を的確に指導するところ、仕事に全力投球なところ、家族を大切にしているところ、学ぶことをいつまでも忘れないところ、自分の立場をわきまえているところ、距離感の取り方の絶妙なところ、W先生のそんなところに魅力を感じて、一番好きな先生になりました。
私はたくさんお話してくれる人が好きです。
早く会いたいなぁと思う人は、たくさんお話してくれる人ですね。うるさい人は苦手ですが。
習い事のお稽古でも、先生に会いたいと思って通っているものも、結構あることに気付きます。
裁縫の先生も、茶道の先生も、もうおばあちゃまの年齢ですが、大好きな先生。
異性への恋愛感情とは違いますが、好きという気持ちは大きなパワーになります。
やはり愛することは、何にも勝る原動力となるのです。
京都・小川珈琲で休憩を 2008年8月18日 (月) 
夕方からお仕事があったので、最後に小川珈琲の喫茶コーナーで休憩して妹とはお別れ。
紫外線ダメージのケア・内側と外側から 2008年8月19日 (火) 
女性の肌は、すべすべしてなめらかで白くありたいと思ってケアをしています。
美白効果に優れた食べ物を意識して摂取することも忘れずに。
(中略)
毎年海や山でこんがり日焼けをして、
さらに日焼けサロンで綺麗な小麦色の肌を保っている8歳年下の妹よりも、
私の肌のほうがずっと綺麗です。
やはり日焼けって肌に良くないのでは?
元気の源「アピオス」 2008年8月20日 (水) 
とにかく栄養的に極めて優れた食品で、古来から強精食とされてきたことの理由づけをすることができます。
1個10グラムほどの小さいアピオスを1日2~3個食べるだけで十分。
たくさん食べ過ぎると、夜中になっても寝付けないほどです。
元気になりたい男性はたくさん食べると良いかもね♪ やっぱり男性は強くないと。
おばあちゃまからの温泉土産 2008年8月20日 (水) 
夏休みに孫や子供たちと北海道の温泉巡りをしていたおばあちゃまから、お土産のお菓子が届きました。
摩周湖や道東方面の温泉をまわったみたい。
祖母はもう80歳。遠く東京にいる孫の私のことを気にかけてお土産を買ってくれるなんて、その気持ちが嬉しい。
私ものんびり北海道旅行したいなぁ。
浅野屋のチーズスティック 2008年8月20日 (水) 
なぜ浅野屋さんのチーズスティックか。
それは、そこで、私が大ファン歴20年以上の安全地帯の玉置浩二さんとお会いしたからです。なんと2度も!!
玉置さんは来月50歳。
私が小学校の中学年の頃、アメリカから帰国したばかりの叔母(父の妹)が安全地帯のCDを買ってくれたのがきっかけでした。
当時まだCDコンポを持っている友達はあまりいなかったと記憶していますが、私はその安全地帯のCDを毎日毎日聴いていました。
それからずぅ~っとファンです。東京に来てからは欠かさずコンサートに行っています。
その玉置さんを、東京ミッドタウンの浅野屋さんでお見かけした時は気絶しそうになりました。息ができないほど胸が熱く苦しくなりました。
その時は、玉置さんに見とれるだけで、感激で涙が出るほどの嬉しさでした。
(中略)
玉置さんは3度離婚し、今はシングル。あんな素敵な人が独身だなんてぇ~。
玉置さんが東京ミッドタウンによく出没する理由は、歩いてすぐのところに所属音楽会社(ソニーミュージック)があるからです。
そして私はソニーミュージックの向いにある美容室でヘアカットしています。
月に一度、また玉置さんに会えるかも~とドキドキしながら美容室帰りに浅野屋へ歩く道は恋する乙女の心で・・・
一度好きになった俳優さんやミュージシャンはずっと応援し続けています。ほとんどの方が、年齢を重ねて円熟味を増し素敵な大人になっています。40代の玉置さんは穏やかになり、白髪まじりの風になびく長めのヘアーはそれはセクシーで、歌もより艶やかに表現力豊かに、もうすぐ50歳とは思えない若々しい笑顔、そして年齢相応の渋さも加わり、これからも私を魅了し続けてくれそうです。