※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「食品加工工場」(リワマヒ国)

L:食品加工工場={
t:名称=食品加工工場(施設)
t:要点=食糧加工工場
t:周辺環境=輸送される食糧,働く人々
t:評価=なし
t:特殊={
*食品加工工場の施設カテゴリ = 藩国施設として扱う。
*毎ターン食料+15万tされる。

→次のアイドレス:造船所(施設)・食糧供与(イベント)・重農政策(技術)

※食糧生産地HQ認定の継承(2世代目)により、生産量+5万tされる
※食糧倉庫HQ認定の継承(1世代目)により、生産量+5万tされる
※以上のHQ補正により、毎ターン食糧+25万tされる。

http://blog.tendice.jp/200702/article_59.html

syokuhinkakou.jpg


設定:
リワマヒ国では食糧増産命令により果樹園等の食糧生産地への多くの労働力提供を行い、収穫量の向上を行ってきた。
増産された食品の多くは生鮮食品であり、収穫された食糧の中には傷や形状などにより国外輸出向け製品の出荷品質基準へ至らないレベルの品物も増え、これらは国内消費へと回される事となった。

これまでのリワマヒでは、収穫の少ない冬期に備え住民の手により自主的に余剰生産分を長期保存用の加工が行われ、冬期の消費を賄ってきていた。増産令による収穫量の向上は、これら本来の国内消費を大きく上回り、政庁は余剰分を国営倉庫へ備蓄を行う方向で検討を開始したが、食糧の多くが生鮮食品のために長期保存が難しく、廃棄を行うより仕方なしと判断せざるをえない状況になりつつあった。
国内視察時に廃棄処理が出る可能性があることを憂いた兼一王は国外より大規模な食料加工技術を導入し、長期保存が可能で輸出も可能な加工食品事業を開始。
「より無駄なく全部美味しいリワマヒのごはん」を目指し、急ピッチで食品加工場の建設と調理師等の技術者の育成が行われる事となった。このスローガンは各工場に農産物生産地で働く人たちの写真を使用したポスターとして貼られている。

今回、食品加工工場はコタツ遺跡とその周辺の沼沢を望む地質の安定した工業地帯に建設された。これらの工場では、生鮮食品を長期保存可能にするため、主に乾燥食品や加工食品への加工が行われている。ドライフルーツやジャム等への果物の加工、肉の燻製や魚介類の干物、牛や山羊乳のチーズなどの乳加工食品、缶詰などの調理済み食品の加工が行われている。

主なラインは以下の3品目にて占められる。
○密閉容器入り加工食品類
主に瓶入りジャム、マーマレード等の他、
白桃、ランチョンミート、鯖の水煮、缶入りおでん、移民者からの知識で牛肉のはてない国風煮、缶入りボルシチ等の多様な缶詰製品が生産される。
なおリワマヒ国のランチョンミートは牛肉を主体に鶏肉、家兎肉を配合し独特の風味を持つ。 豚肉は用いられていない。

○乾燥食品/燻製食品類
主にドライフルーツ、ジャーキー、干物などが生産される。
燻造棟および乾燥棚は共に工場内最大の施設のひとつ。

○乳製品類
牛や羊、山羊の乳を元に脱脂粉乳、チーズ類、精製バター、
ヨーグルト、蒸留酒(乳酒由来。ごく少量生産される)などが生産される。


工場内は常に衛生状態を保つために抗菌性素材で作られ、常に清掃及び消毒が行われており、その他にも食糧倉庫に設置され実績のあるネズミ取りの罠が安全性と高速作動性能を向上させ地面据え付け型として設置される等、衛生環境の向上を目指した設備が各種用意されている。
工場内は半自動化されており、職員は正午を境に各工程における品質管理、工場内衛生管理、および新商品の研究開発を交代で行っている。
加工ラインは自動化され、乾燥処理を行われたフルーツがベルトコンベアに乗せられ職員の手による最終品質確認、機械にて真空包装を経て出荷が行われている。
これらの機械は室内環境の汚染や、食品に臭いが移るのを防ぐため建物の外部に設置された装置から送り込まれる圧縮空気と電力で作動している。
通常のリワマヒ国民は半裸に近い格好を好むが、加工作業員は、場内においてはエプロンや三角巾等を着用し、衛生環境に常に気を配っている。
画像は兼一王が視察に訪れ作業の手伝いをした時の姿だが、この時は予備の作業服が不足していたため、エプロンのみを使用している。

また、この加工場の建設と共にリワマヒ国生産の食品としてのブランドイメージを明確にするべく、出荷用梱包材等に兼一王の家紋でありリワマヒの国旗でもある雁木輪に蔓柏をあしらった新規パッケージデザインが採用された。
国内市場においても「一目でリワマヒ産の製品だと判るようになった」と概ね好評である。

(動画:以下URLで見れます)
http://ninjagames.at.webry.info/200703/article_1.html




(技族合作:和子@わかば、うに、シコウ)

(文族合作:東 恭一郎@わかば、室賀兼一、薊)