概要
データベース
攻略
  • 攻略基礎
  • 難易度カオス攻略
  • トロフィー
  • 闘技場
  • オリュンポスの試練
その他


リンク


合計: -
今日: -
昨日: -
- 人の人が見ています。

更新履歴

取得中です。

ここを編集

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

過去作に登場した神々はこちら

登場神物


人間

クレイトス(Kratos)

「私の復讐が… 今、終わる」

本作の主人公であり、ゼウスの息子。半神半人。
かつては幾戦もの兵士を従える伝説のスパルタ戦士であった。
過去に犯した過ち、妻子をその手にかけた苦しみに取り憑かれながらも
オリュンポスの頂上まで登りつめ、冥府の底まで落ち、自分を裏切った神々への
復讐を果たすため、もがき戦い続ける。
そして遂に、究極の相手との決戦を迎える。


カリオペ(Calliope)

「お父さん!お願い!ひとりにしないで…」

クレイトスの娘。
アレスの奸計により母共々、父クレイトスに殺される事となる。
冥界の楽園エリュシオンで暮らしており、無事父であるクレイトスと再会を果たす。
だが娘のために全ての力を捨てたクレイトスにとって、力を取り戻し世界の崩壊を止めると
カリオペと二度と会う事は適わず、また娘を取り戻すと世界は崩壊し、それは
エリュシオンの崩壊に繋がり娘の魂の消滅を意味するという究極の選択肢を迫られる。
ようやく再会できた娘を捨てて修羅に戻る父クレイトスと再び離れ離れになってしまう。

(ネタバレ注意)
+ ...

船長(Captain)

「ま、またお前か!!?」

エーゲ海を航海中にヒドラに襲われ腹の中に飲み込まれるが、危ういところをクレイトスに助けられる。
と思いきやヒドラの体内に蹴落とされる悲劇の人物。
死後、冥界に落ちるところを危うく岩に掴まりもがいていたが、たまたま落ちてきた
クレイトスにまたもや蹴落とされる。
死亡後バーバリアンキングに霊体として召喚されるも、またもやクレイトスに冥界送りにされる。
物語のキーを握る重要人物(?)。

(ネタバレ注意)
+ ...

パンドラ(Pandora)

「お願い!行かせて!」

パンドラの箱を開ける鍵。ヘファエストスが己の血と肉から作り出した。よって彼を「お父様」と呼んでいる。
己の何たるかを知っており、クレイトスの失われた人間性を目覚めさせる鍵にもなる。

(ネタバレ注意)
+ ...


ダイダロス(Daedalus)

「息子を、息子を取り戻すのだ…!」

オリュンポス山と冥界の狭間、ラビリンスに捕らわれている老人、英雄イカロスの父親で偉大なるオリュンポスの建築家。
ゼウスに奪われた息子イカロス(GoW IIに登場)を取り戻すためにゼウスの命でラビリンスという装置を作っていた。
息子を溺愛しており、引き裂かれた親子の再会のために神々の建造物の建設に人生を賭けていたが人間の王(※ギリシャ神話に登場するミノス王、ミノタウロスを封じるためのラビリンス)と神々に利用され続けた精神は半ば狂気に囚われている。

(ネタバレ注意)
+ ...


ピリタオス(Peiritheus)

「ハデスはわしに永遠の責め苦を負わせ木の牢に閉じ込めた… だがお前が来てくれた」

ラピテスの王イクシオンの息子。英雄イアソン率いるアルゴ船団の一人で英雄テセウスの親友。
ゼウスの策略により冥界の女王ペルセポネを妻とせんとするが、夫ハデスに捕らえられる事となった。
忘却の椅子に縛り付けられており、クレイトスに助けを求める。

(ネタバレ注意)
+ ...


タイタン族

クロノス(Cronos)

「クレイトス 悪いが楽に死ねると思うなよ」

かつてオリュンポスの頂点に君臨していたタイタン族最後の生き残りでゼウスやポセイドン、ハデスらの父。
己の父ウラノスを追放して得たその地位は、皮肉にも己の息子達によって奪い取られる事となった。
パンドラを庇うヘファエストスの発案によりパンドラの神殿を背中に括り付けられ、舞い散る砂塵が自らの肉をすべてそぎ落とすまで、死の砂漠を彷徨い続けている。
GoWにおいてパンドラの箱を奪われたことにより、今作ではタルタロスの底へと突き落とされていた。

(ネタバレ注意)
+ ...


ガイア(Gaia)

「貴方にとって、私は何なのです!?」

大地を司る女神でありクロノスの母。
己が育てたゼウスが起こした大戦“ティタノマキア”によってタイタン神族が追放される。
その過ちを悔いており、クレイトスに手を差し伸べる事となるが・・・。
(ネタバレ注意)
+ ...

ペルスス(Persus)

破壊を司るタイタン族で神々への怒りをあらわにオリュンポス山へ侵攻しているタイタン族。
ヘリオスと対峙し、戦闘をしている。

(ネタバレ注意)
+ ...


オケアノス(Oceanus)

水と雷を司るタイタン族でウラヌスとガイアの子。タイタン族の長兄。
ガイア達とオリュンポスを滅ぼすべく侵攻している。

(ネタバレ注意)
+ ...

エピメテウス(Epimetheus)

タイタン・プロメテウスの兄弟で、プロメテウスが“熟慮・先見”の象徴なのに対して
弟のエピメテウスは“愚鈍・後悔”の象徴として知られる。
他のタイタン族同様、オリュンポス山を侵攻中。

(ネタバレ注意)
+ ...


オリュンポスの神々

ゼウス(Zeus)

「混乱に終止符を打つ!」

全天候を支配する神々の王でタイタン族の王“クロノス”の息子。
クロノスは自分の子供が将来自分を脅かす存在になることを恐れ
生まれてくる子供を一人一人、腹に飲み込んでいった。
それに耐えられない母はゼウスを石と入れ替えて助ける。
ゼウスはタイタン族の“ガイア”に育てられる。

父に対して深い復讐心を持ち、飲み込まれた兄弟たちを助けることを誓う。
兄弟の“ハデス”と“ポセイドン”とともに、当時世界を支配していたタイタン族に戦争を仕掛ける。
“大戦”と呼ばれたこの抗争は、ゼウスとオリュンポスの神々の勝利で終わり
クロノスは冥界の底タルタロスを徘徊するよう命じられた。
オリュンポスの栄光と支配の時代の始まりであった。

伝説では好色な一面があり、数々の女性との浮気を繰り返しては異母兄弟を増産するというどうしようもない性格を持つ。
また「最初の妻との子供は、最初に智慧と勇気を持つ娘が生まれ、その後に生まれた 傲慢な息子 によって王座を奪われる」という予言を受けた為、妻メティスを飲み込んでしまう。その際、メティスはゼウスと同化したともされる。
ゼウスもまた父親と同じような命運を辿るかと思われたが、彼の体内で胎児は育ち続け、甲冑を身にまとった成人として額から出誕する。これが彼の娘、アテナであり、同時にメティスの息子の誕生はあり得なくなった為、彼の王権は揺るぎないものとなったとされる。

(ネタバレ注意)
+ ...


ハデス(Hades)

「わしの苦しみを貴様にも味あわせてやろう」

冥界と魂を支配する神でゼウスの兄。
この世の憎しみと憎悪を間近で見て、それが重く圧し掛かっている。
唯一、彼の中で純粋なもの、彼の最愛なる妻である冥界の女神“ペルセポネ”はクレイトスの手によって殺される。
故にクレイトスへ深い憎しみを抱いている。

(ネタバレ注意)
+ ...


ポセイドン(Poseidon)

「この私と戦う気か?オリュンポスの神と!?」

海を支配する神でゼウスの兄。馬を創造した神としても知られる。
海洋からリヴァイアサンを創造し、クレイトスとガイアに立ち向かう。

(ネタバレ注意)
+ ...


ポセイドンの娘(Poseidon's Princess)

「クレイトス様! 置いていかないで!」

ポセイドンの寝間に軟禁されている娘。
そこを訪れたクレイトスに助けを求める。

(ネタバレ注意)
+ ...


ヘラ(Hera)

「ゼウスの放蕩息子に拍手と声援を! 最後の幕が上がるわ」

母性と貞節を司る女神、ゼウスの姉であり正妻。またアレスとヘファエイトスの母である。
好色を繰り返すゼウスに対して嫉妬を燃やし、その息子達を抹殺しようとする残虐さのある性格としても知られる。GoW IIIではヘラクレスに13番目の試練として異母兄弟クレイトスの殺害を命じた。

(ネタバレ注意)
+ ...


アレス(Ares)

「私に従っていれば良かったのだクレイトス 更に強くなれたものを!」

戦争と破壊を司る神でゼウスの子。
タイトルにもあるゴッドオブウォーとは彼の地位の事。
凶暴な性格であるアレスは他の神々からも疎まれる存在であった。
そして、ついに妹である女神アテナの都市アテネに攻撃を開始した。
クレイトスに力を授け自らの傀儡にせんと画策し、冥界の武器ブレイズ・オブ・カオスを与えるが逆に滅ぼされる事となる。

(ネタバレ注意)
+ ...


アテナ(Athena)

「目的を忘れないで クレイトス」

知恵、芸術、工芸、戦略を司る女神でゼウスの娘。
オリュンポスの神々同士の戦いは禁じられているため、アレスと対抗することが出来ないでいた。
そこで、クレイトスに魂の救済を引き換えにアレスを倒すよう要求する。
アレス討伐後、苦悩と悪夢を消し去らなかったアテナに失望し、自殺しようとするクレイトスを
「貴方はまだ死ぬべきではありません。神々は、かような大業を成し遂げた人物が
 自ら死ぬ事を許しません」とアレスに代わる軍神としての地位をクレイトスに与える。

2ではオリュンポスの神々とクレイトスが対立するようになり、クレイトスの剣からゼウスを庇って息絶える。

(ネタバレ注意)
+ ...


ペルセポネ(Persephone)

「言葉を選ぶがいい、スパルタの亡霊よ お前は冥界の女神と話しているのだぞ」

冥界の女王にしてゼウスの娘、ハデスの妻。
自らを見捨てた父ゼウスと、ハデスとの望まぬ結婚を強いられた事を嘆き太陽神ヘリオスを冥界へと落とす。
更に冥界の深淵よりアトラスを解放し世界の滅亡と自らの消滅を決心する。
クレイトスの娘カリオペを盾に取り「娘の存続か世界の消滅か」究極の選択肢を迫るが、最後には討たれる事となった。

(ネタバレ注意)
+ ...


ヘリオス(Helios)

「見よ!ヘリオスの栄光を!」

太陽を支配する神でゼウスの子。
冥界の女王ペルセポネに陥れられ一度は地上から姿を消すが、クレイトスの活躍により復権を果たす。
今作ではオリュンポスに攻め入るクレイトスと対峙する事となる。

(ネタバレ注意)
+ ...


ヘルメス(Hermes)

「運が良かったなスパルタ人 だがその運も今日尽きるぞ!」

羽根の付いた頭飾りとブーツを持ち、俊足を誇る。
神々の伝令役として知られ、旅人・商業・泥棒の守護神でゼウスの子。
過去に息子ケリュクスをクレイトスの手によって殺害されており、それを恨んでいる。

(ネタバレ注意)
+ ...


アフロディーテ(Aphrodite)

「まさか私に怖気づいたのですか?クレイトス…」

愛と美を司る女神。侍女と共にベッドでくつろいでいる。
鍛冶神ヘファエストスの妻であるが、過去アレスとの浮気のせいで天空庭園の閨に幽閉されている。
“男の中の男”が来るのを侍女と共に寂しく待ち続けているが・・・。

(ネタバレ注意)
+ ...


ヘファエストス(Hephaestus)

「オリュンポスの真の子供は皆知ってる 皆聖火の力を崇めてる あの輝きに引き込まれないように」

炎と鍛冶を司る神でヘラの息子。
オリュンポスのために数々の神器を造りだしたが、今は冥界に幽閉されている。
過去クレイトスがパンドラの箱を開けてしまったせいでゼウスの怒りを買い、娘パンドラも奪われることとなった。故に心の底でクレイトスを憎んでいる。

(ネタバレ注意)
+ ...


裁きの三神(The Three Judges)

「オリュンポスにおわします神々とゼウスの命により、我らが裁きの神となった これがお前の最後の裁きとなる」

アエアコス王・ラダマンティス王・ミノス王の英霊。冥界にある巨大な石像として登場。
オリュンポス神殿のミューズとともに調和の鉄鎖を手にしており、冥界にやって来た魂を裁いている。


英雄

ヘラクレス(Hercules)

「今度ばかりは… 今度こそ私がお前を潰す! 十三番目の功業と呼ぶがいい!」

数々の栄光に彩られた伝説の英雄。クレイトスにも劣らない怪力の持ち主。
その名前は「ヘラの栄光」という意味であるが、実際にはヘラの憎しみによって運命を狂わされている。
狂気によって子供をその手にかけ、妻も自殺して失い、功罪として冒険を繰り広げるというストーリーは
クレイトスのキャラクターの元にもなっているものである。
刃を通さない毛皮を持つネメアーの獅子を倒した際に、その毛皮を兜と鎧として身にまとっている。

(ネタバレ注意)
+ ...

|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|