※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

Kumicitのコンテンツ>創造論ネタ?>Apearance of Age

Apearance of Age


若い地球の創造論のかつての本拠地Institute for Creation Researchに二代目所長John D. Morrisによれば、Apearance of Ageとは...

Simply stated, the idea of "creation with appearance of age" means that when God created, those things which He created might superficially have looked as if they had a history. When Adam was created, he no doubt looked like a mature adult, fully able to walk, talk, care for the garden, etc.

簡単に言うと、appearance of ageを伴う創造とは、神が被造物を、見かけの上で、歴史を経ているかのように創造したという考えである。アダムが創造された時、間違いなく、彼は成人として創造され、歩き、話し、庭に世話をできた。



若い地球の創造論者たちの"Appearance of Age"


宇宙の創造は、究極的にはJD Morrisの言うように「見かけの上で、歴史を経ているかのように」創造するしかない。むしろ、それこそが超越的な神による創造と呼ぶべきものである。

見かけの上で、歴史を経ているかのようにみる」="Appearance of Age"は、通常科学の発見・知見と折り合いをつけるために、最も有効な手段である。たとえ、科学的には地球の年齢は45億歳であり、宇宙の年齢が135億歳だとしても、そのように見えるように創造されたと言えば、何ら問題はなくなる。

しかし、一方で、見かけの上で、歴史を経ているかのように」創造された世界は、「偽造世界」というべきものである。空を見上げて見える星の大半は、その星から発していない光をみているにすぎない。大地に刻まれた地形は、見せかけでしかない。そのような気持ち悪さから、できるだけ、"Appearance of Age"を使わないようにしている創造論者たちもいる。

でも、無理なので、気持ち悪さが小さいところには使っていく場合もある。

また、偽造は嫌いだが、非常に作為的な初期条件を設定する場合もある。

それでも、絶対に避けたいのは、やはり光線の創造。これを認めると、夜空はスクリーンプレイにすぎなくなる。